構成員

部門長挨拶

photo_Prof.Nakashima

2007年以降、アイソトープ総合部門長を務めております。この10年間で、非密封RIの使用量が大きく減少しました。 一方で、2011年3月11日の東日本大震災の影響を受けて東京電力福島第一発電所事故が起き、環境中に人工放射性核種が放出されました。 アイソトープ総合部門の役割は、放射線業務従事者の被ばく管理、放射性物質の管理、放射線施設の管理を担うことに変わりはありませんし、 全学共同教育研究施設であることに変わりはありませんが、学内外の皆様への放射線に関する様々なレベルでの教育も重要な役割となりました。

広島大学では、「放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム -放射線災害による人と社会と環境の破綻からの 復興を担うグローバル人財養成- 」が2011年度、文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」に採択されました。 アイソトープ総合部門はこのプログラムのトレーニングセンターとなり、アイソトープ総合部門を使用して実習を行っています。 このようなプログラムを通して、あるいは理学部化学科や生物科学科の学生実験の支援などを通して、放射線に関する人材や放射線災害復興のための人材の育成にも貢献することが、 これまでにも増して重要になりました。

私たちアイソトープ総合部門に求められる役割や期待は、世の中の流れによって変わってくる部分があります。 学内の放射線施設の中で放射線管理の中心であり、全学共同教育研究施設としての役割を担いつつ、グローバル人財養成など広島大学の発展のために柔軟に貢献してまいりたいと思います。 今後とも皆様のご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2017年7月16日

中島 覚

構成員

職 務 氏 名 内 線 E-mail Address
専任 部門長
放射線取扱主任者
中島 覚 6291 snaka@※
併任 放射性同位元素教育研究主任 遠藤 暁 7612 endos@※
(工学研究科)
放射性同位元素管理主任
放射線取扱副主任者
山崎 岳 6527 takey@※
(総合科学研究科)
放射線取扱副主任者 島本 整 7897 tadashis@※
(生物圏科学研究科)
専任 放射線取扱主任者
放射性同位元素教育研究副主任
放射性同位元素教育研究実務担当
稲田 晋宣 7119 kinada@※
放射性同位元素管理副主任
放射性同位元素管理実務担当者
松嶋 亮人 7119 masha@※
放射線管理担当者 木庭 亮二 6290 rkoba@※
放射線管理担当者 寺元 浩昭 6290 htera@※
放射線管理担当者 宗岡 亜依 6290 muneoka@※
非常勤 契約技能職員 山崎 直美 6290 naomii8@※
契約技能職員 稲田 聡美 6290 inadasa@※

* E-mail Addressの ※ は「hiroshima-u.ac.jp」に置き換えてください。

放射性同位元素教育研究専門委員会委員

所 属 氏 名 備 考
大学院工学研究科 教授 遠藤 暁 放射性同位元素教育研究主任(委員長)
自然科学研究支援開発センター アイソトープ総合部門 助教 稲田 晋宣 放射性同位元素教育研究副主任
放射性同位元素教育研究実務担当者
自然科学研究支援開発センター アイソトープ総合部門 教授 中島 覚 部門長
大学院総合科学研究科 教授 山崎 岳
大学院理学研究科 准教授 高瀬 稔
大学院生物圏科学研究科 教授 実岡 寛文
大学院先端物質科学研究科 准教授 荒川 賢治

放射性同位元素管理専門委員会委員

所 属 氏 名 備 考
大学院総合科学研究科 教授 山崎 岳 放射性同位元素管理主任(委員長)
自然科学研究支援開発センター アイソトープ総合部門 助教 松嶋 亮人 放射性同位元素管理副主任
放射性同位元素管理実務担当者
自然科学研究支援開発センター アイソトープ総合部門 教授 中島 覚 部門長
環境安全センター 教授 西嶋 渉
大学院工学研究科 教授 遠藤 暁 放射性同位元素教育研究主任

研究員

氏 名 内 線
特任教授 靜間 清 7614
教授 井出 博 7457
教授 平谷 篤也 7499
教授 早川 愼二郎 7609
准教授 矢中 規之 7979
教授 田中 伸和 7875

客員研究員

所属 氏 名
広島国際大学 教授 堀口 隆良
県立広島大学 教授 大西 英雄

TOP