広島大学病院 リハビリテーション科    リハビリテーション部門(診療支援部)

リハビリテーション科

リハビリテーション科は広島大学病院の中央診療施設として入院および外来患者の診療を行っています。診療体制は平成29年4月現在 教授1、助教1、大学院1、診療医2、研修医1、事務1です。リハビリテーション科の医師は医学科の臨床実習を行い、学外講師の協力も得て特別講義を行っています。医学部のアドバンス・コース実習も受け入れています。

リハビリテーション部門(診療支援部)

診療支援部は医療技術職の組織として設置されています。リハビリテーション部門には理学療法士(PT 26名)・作業療法士(OT 8名)・言語聴覚士(ST 5名)・視能訓練士(ORT 8名)、さらに研修療法士(PT 5名)が所属しております。リハビリテーション部門はリハビリテーション科の診療を支援しています。

FB-f-Logo__blue_29

  • 更新日:2017年5月1日