入局・研修の概要

産婦人科は周産期医学、婦人科腫瘍学、生殖医学、女性医学、の4つの分野からなります。
それぞれの分野で専門医制度を持つほどその範囲は広く、非常にやりがいのある診療科です。
それと共に、大学に課せられた使命は教育と学術活動であり、基礎医学研究のさらなる充実を図るため邁進しています。 広島大学産科婦人科学教室では、ともに働き、勉強し、喜びを分かち合う医局員を募集しています。

◆専攻医登録システムへの情報入力のお願い◆

平成30年度に研修を開始する専攻医の
日本専門医機構「専攻医登録システム」の登録が開始されました。
該当される先生は、早めに登録いただきますようお願いいたします。

・登録:こちらから

・専攻医登録期間:平成29年10月10日(火)12時から11月15日(水)18時まで

広島大学産婦人科研修プログラムダウンロードはこちらから

以下のバナーからも専攻医登録システムの入力が可能です。

専攻医登録システム ユーザーIDをお持ちの方はこちら ※専攻医登録システムID・PWを忘れた方

専攻医登録システム 新規ユーザー登録はこちら ※専攻医登録システムIDをお持ちでない方

専攻医登録システム操作マニュアル(専攻医向け)PDFページとして開きます

専攻医登録システム操作マニュアル(プログラム統括責任者向け)PDFページとして開きます

入局・研修について

産婦人科医療は専門医研修プログラムに従い、大学病院と関連病院で研修を行い、産婦人科医として必要な技術と知識を広範囲に身に付ける体制を整えています。
入局することでその活用が充分に発揮され、産婦人科専門医の資格取得にも有益です。
また、専門医研修後の専門領域への研究、大学院への進学の選択が可能です。

詳しくは、当科オリジナルのパンフレットをご覧ください。

広島大学産科婦人科入局用パンフレットPDFページとして開きます

入局後取得できる専門医、認定医について

  • ・日本産科婦人科学会(専門医)
  • ・日本周産期・新生児学会(周産期母体・胎児専門医)
  • ・日本婦人科腫瘍学会(専門医)
  • ・日本臨床細胞学会(専門医)
  • ・日本生殖医学会(専門医)
  • ・日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会(臨床遺伝専門医)
  • ・日本産婦人科内視鏡学会(技術指導医)