第23回サイエンスカフェ

第23回サイエンスカフェ 「秋~くだものの科学」

日 時
2013年11月16日(土)14:30~16:00
会 場
la place マーメイドカフェ広島大学店
話し手
泉 俊輔(広島大学大学院理学研究科教授)
聞き手
寺本 紫織
参加者
33名(多くの方々のご参加、ありがとうございました)
内 容
11月16日(土)東広島キャンパス内のla place マーメイドカフェ広島大学店で、第23回サイエンスカフェ「秋~くだものの科学」を開催し、33名の方の参加がありました。
まず、短いろうそくと長いろうそくに火をつけ、グラスでフタをすると、どっちの火が先に消える?という話。会場の予想で一番多かったのは、「短い方が消えてから、長い方が消える」でした。さっそく実験してみよう、ということで実際に実験してみると、「長い方が消えてから、短い方が消える」でした。それはなぜか!?
今回は『日常の「あたりまえ」に潜む知識の盲点について』をテーマに、果物にまつわる科学についての話題でした。
・「リンゴを茶色くさせないためには?また茶色くなったリンゴを白く戻すには?」
・「果物の食べているところ、リンゴと柿で違うんですって」
・「柿の渋の抜き方、ご存じですか?」
・「渋の抜ける理屈と同じ「ベークライト」を作ってみよう!」
ということで、専門分野の学生さんたちが詳しく説明してくれたり、各テーブルで実際に実験したりと、へぇ~!という声も多くあがり、身近なことに、こんなに色々な科学が働いているんだなぁと思うサイエンスカフェでした。

当日の様子

泉 俊輔 教授(数理分子生命理学専攻)
寺本 紫織さん(ファシリテーター)
会場の様子
実験の様子 画像 檜垣さんの写真.jpg
リンゴと柿は食べてるとこが違うんだよって話(説明:鈴木さん(写真:左))
柿の渋が抜ける理由(説明:犬伏さん(写真:左))
ベークライトを作る実験(説明:丸山さん(写真:右))
できあがったベークライト(アルミカップの中)
下に敷いてあるのはベークライト製の基板材料の板
参加者の方から多くの質問がありました