研究業績 平成29年度(2017年)~平成27年度(2015年)

研究業績

 

平成29年度(2017年)

■ 原著・総説等

 

平成28年度(2016年)

■ 著書

▲ トップへ

■ 原著・総説等

▲ トップへ

■ 学会発表

  • 豊島礼子, 森山美知子. 働く人の睡眠障害発症プロセスと対処行動. 第11回日本ヘルスサポート学会学術集会. 東京. September 6, 2016.
  • 大津美香, 森山美知子, 高山成子, 渡辺陽子, 久米真代. 慢性心不全の急性増悪期にある認知症患者の看護援助プロトコルの原案作成. 第47回日本看護学会(精神看護). 青森市. September 15, 2016.
  • 加澤佳奈, 岩本晋, 森山美知子. 高齢者の疾病構造と死亡前医療の使われ方に関する分析. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会. 東京都. September 17, 2016.
  • 尾崎 果苗, 加澤 佳奈, 森山美知子. 糖尿病腎症に対する遠隔セルフマネジメント教育と直接教育効果の比較検討及び運用可能性の検証:12ヶ月フォローアップ結果. 第21回日本糖尿病教育・看護学会学術集会. 甲府市. September 19, 2016.
  • Shimizu T, Yokozeki T, Utsumi Y, Iwamoto S, Shimizu R, Moriyama M.Utilization of medical receipt information with the aim of data health plan‒ using data from the Hiroshima Local city. The 18th IFHMA International Congress. Tokyo. October 13, 2016.
  • Takeyama N. The concept of health and related cultural factors of Mozambican residents ‒ Qualitative research with semi‒structured interviews and participant observation. 13th Annual conference of Hiroshima Academy of Health Science & 17th Annual conference of Prefectural University of Hiroshima Health and Welfare, 6th Joint conference. Hiroshima. October 15, 2016.
  • Jahan Y, Alam NH, Faruque ASG, Chisti MJ, Huq KATME, Rahman MM, Moriyama M. Effectiveness trail of day‒care approach for management of severe childhood pneumonia in using the existing health system of Bangladesh: Innovation and team approach. 13th Annual conference of Hiroshima Academy of Health Science & 17th Annual conference of Prefectural University of Hiroshima Health and Welfare, 6th Joint conference. Hiroshima. October 15, 2016.
  • Huq E, Salam MA, Faruque ASG, Moriyama M, Rahman MM, Chisti MJ. Influence of lack of breast feeding in newborn period on diarrheal illness in Bangladeshi Infants. 13th Annual conference of Hiroshima Academy of Health Science & 17th Annual conference of Prefectural University of Hiroshima Health and Welfare, 6th Joint conference. Hiroshima. October 15, 2016.
  • Khair Z, Abedin Z, Ahmed BN, Akhtar R, Shakoor SA, Haque MM, Alam MK, Khan MTR, Hillgrove T, Prasad N. Knowledge, Attitudes and Practice Relating to Diabetic Retinopathy in Seven Districts in Bangladesh. 13th Annual conference of Hiroshima Academy of Health Science & 17th Annual conference of Prefectural University of Hiroshima Health and Welfare, 6th Joint conference. Hiroshima. October 15, 2016.
  • 尾崎果苗, 加澤佳奈, 森山美知子. 糖尿病腎症に対する遠隔セルフマネジメント教育と直接教育効果の比較検討~BMI25以上の対象者についてのサブ解析結果より~. 第13回広島保健学学会学術集会・第17回広島保健福祉学学会学術集会. 広島市. October 15,2016.
  • 高濱明香, 森山美知子, 宇野真理. 患者教育の面接技法に関する看護師への教育の効果. 第13回広島保健学学会学術集会・第17回広島保健福祉学学会学術集会. 広島市. Octobr 15, 2016.
  • 中山 奨. 地域包括ケアシステム: イノベーションとチームアプローチの実際, 広島県心臓いきいき推進事業:チーム医療で心不全の入院を半分に減らす!(シンポジスト). 第13回広島保健学学会学術集会・第17回広島保健福祉学会学術集会 合同学会. 広島市. October 15, 2016.
  • Khair Z, Abedin Z, Ahmed BN, Akhtar R, Shakoor SA, Haque MM, Alam MK, Khan MTR, Hillgrove T, Prasad N. Knowledge, Attitudes and Practice Relating to Diabetic Retinopathy in Seven Districts in Bangladesh. The 10th General Assembly of International Association of Prevention of Blindness (IAPB). Durban, South Africa. October 28, 2016.
  • Jahan Y, Faruque ASG, Rahman SMA. Deep tube-well water use and moderate-to-severe childhood diarrhea episode due to S. sonnei infections: a cross-sectional study in Kumudini Women’s Medical College and Hospital, Mirzapur, Bangladesh. International conference on Joint International Tropical Medicine Meeting, Amari Watergate. Bangkok, Thailand. Decmber 7, 2016.
  • 中山奨, 北川知郎, 高橋信也, 中麻規子, 磨野浩子, 中山満誉, 金井香菜, 島田和美, 木村浩彰, 木原康樹. 当院における心臓血管外科術後多職種リハビリテーション外来の取り組み.第2回日本心臓リハビリテーション学会中国地方会, 広島市. February 4,2017.
  • 加澤佳奈. 糖尿病腎症重症化予防を目指す保健指導 -看護師の立場から-(シンポジスト). 第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会. つくば市. Feburary 18, 2017.
  • Huq KATME, Moriyama M, Persson LA, Shirin KZH, Rahman MM. Delayed health care utilization and treatment initiation among the tuberculosis patients in a rural setting of Bangladesh. International Conference on Healthcare, SDG and Social Business, Tokyo. Feburary 21, 2017.
  • Jahan Y, Moriyama M, Rahman MM, Faruque ASG, Rahman SMA. Use of Mobile Technology in Diarrheal Disease Surveillance of Rural Bangladesh. International Conference on Healthcare, SDG and Social Business. Tokyo. Feburary 21, 2017.
  • Rahman MM, Moriyama M, Pus A. Cultural Values of Overweight and Obesity in Papua New Guinea. International Conference on Healthcare, SDG and Social Business. Tokyo. Feburary 21, 2017.
  • Takeyama N, Moriyama M. The cultural factors which consist the Mozambican health concept. The 20th East Asian Forum of Nursing Scholars. Hong Kong. March 9, 2017.
  • Toyoshima A, Moriyama M. Subjective-objective difference about sleep of workers with sleeping disorders. The 20th East Asian Forum of Nursing Scholars. Hong Kong. March 9, 2017.
  • Osaki K, Kazawa K, Moriyama M. Feasibility of IT-based self-management education method for patients with diabetic nephropathy: A qualitative study. The 20th East Asian Forum of Nursing Scholars. Hong Kong. March 10, 2017.
  • 中山奨, 高橋信也, 中麻規子, 磨野浩子、中山満誉, 金井香菜, 島田和美, 木村浩彰, 木原康樹. 心臓血管外科術後多職種リハビリテーション外来の効果の検討.第81回日本循環器学会学術集会. 金沢市. March 17, 2017.

▲ トップへ

■ 報告書

  • 森山美知子. 第4章 Population Health Managementに基づいた地域包括ケアシステムの展開.「医療・介護に関する研究会報告書. 財務総合政策研究所. May 31, 2016.
  • 森山美知子. 第7章 Accountable Care Organizations―日本への示唆.「医療・介護に関する研究会報告書.財務総合政策研究所, May 31, 2016.
    http://www.mof.go.jp/pri/research/conference/fy2015/zk104_06.htm
  • 呉市・広島大学大学院医歯薬保健学研究院成人看護開発学:呉市在宅医療・介護連推進事業実施報告書. March, 2017.
  • 呉市・広島大学大学院医歯薬保健学研究院成人看護開発学:呉市健康サポートつながり事業報告書.March, 2017.
  • 広島大学大学院医歯薬保健学研究院成人看護開発学:大崎上島町「後期高齢者の低栄養・重症化防止等事業における高齢者の心身の機能を包括的にチェックするモデル事業」報告書.March, 2017.
  • 広島大学大学院医歯薬保健学研究院成人看護開発学:広島県受託研究事業「平成28年度ICTを活用した保健指導の構築に関する研究事業」報告書. March, 2017.
  • 呉市モデル全国推進コンソーシアム(代表団体:(株)データホライゾン,参加団体:(株)DPPヘルスパートナーズ, 協力団体:広島大学大学院医歯薬保健学研究院慢性疾患マネジメント・プロジェクト研究センター, ひろしまヘルスケア推進ネットワーク,(株)ホロン すずらん薬局グループ):経済産業省平成28年度健康寿命延伸産業創出推進事業「ハイリスク患者に対する疾病管理(呉市モデル)の全国推進プロジェクト」成果報告書. Feburary, 2017.
  • 広島県看護協会:新卒等訪問看護師指導者育成マニュアルおよびプログラム(第1版)-体系的な学習を基礎に1年で独り立ちを目指す看護師に対する教育支援. March, 2017.(平成28年度在宅医療の人材(訪問看護師)確保のための推進事業にかかる生涯教育研修体系部会委員 委員長:森山美知子)
  • 平成28年度厚生労働省科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)「糖尿病性腎症重症化予防プログラムの開発に関する研究」(H28-循環器等-指定-002)(研究代表者:津下一代).平成28年度総括・分担研究報告書.March,2017.(分担報告)森山美知子:糖尿病性腎症患者の抽出及び重症化予防プログラム実施者育成プログラム. 糖尿病性腎症患者の抽出及び重症化予防プログラム実施者育成プログラム

シンポジウム・招聘講演

  • 加澤佳奈. 教育講演「脳卒中の危険因子としてのCKD」. 第40回脳卒中学会総会(STROKE2015). 広島市.  2015.
  • 森山美知子. 第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 シンポジウム20:これから学会でプライマリ・ケア看護師をどう養成するか.「日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア看護師養成とプライマリ・ケア看護師に必要な知識と技術」.東京都. May 12,2016.
  • 中山 奨. 地域包括ケアシステム:イノベーションとチームアプローチの実際、広島県心臓いきいき推進事業:チーム医療で心不全の入院を半分に減らす!第13回広島保健学学会学術集会・第17回広島保健福祉学会学術集会 合同学会. 広島市. October 15,2016.
  • 森山美知子. 第75回日本公衆衛生学会「糖尿病性腎症重症化予防プログラム【呉市モデル】の実際と評価. 大阪府. Ocotober 28, 2016.
  • 加澤佳奈. 糖尿病腎症重症化予防を目指す保健指導 -看護師の立場から-(シンポジスト). 第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会. 茨城市. Feburary 18, 2017.

▲ トップへ

平成27年度(2015年)

■ 著書

    • 宇野真理子. CKDを持つ患者への生活指導をどうする? 循環器ナーシング7月号:55-65: 2015.
    • 宇野真理子, 森山美知子. 新しい患者教育. 心臓リハビリテーション実践マニュアル. :337-339: 2015.
    • 木原康樹, 森山美知子, 広島大学病院心不全センター, 広島県心臓いきいき推進会議編著. 心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チームの作りかたと地域連携の道のり. メディカ出版:東京. March, 2016.
    • 森山美知子, 中山奨. 第1章 今世紀の大問題としての慢性心不全, 03. 慢性心不全と医療コスト.  心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チーム医療の作りかたと地域連携の道のり.21-27. メディカ出版. 東京. March, 2016.
    • 中山奨. 第2章 慢性心不全に対する非薬物療法,04.多職種で取り組む疾病管理. 心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チーム医療の作りかたと地域連携の道のり.46-48: メディカ出版. 東京. March 2016.
    • 宇野真理子. 第3章 広島県心臓いきいきプロジェクト構想と展開, 02.各センターの多職種が集まる心臓いきいき推進会議. 心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チーム医療の作りかたと地域連携の道のり.56-59. メディカ出版.東京. March, 2016
    • 中麻規子. 第3章 広島県心臓いきいきプロジェクト構想と展開,03.広島県における心筋梗塞・心不全地域連携パス手帳. 心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チーム医療の作りかたと地域連携の道のり.60-65. メディカ出版. 東京. March,  2016
    • 中麻規子.第3章 広島県心臓いきいきプロジェクト構想と展開,04.心筋梗塞・心不全地域連携パス手帳を用いて自己管理を獲得した症例. 心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チーム医療の作りかたと地域連携の道のり.). メディカ出版:東京, 66-69. 2016/3
    • 宇野真理子:第4章 大学病院における心不全チーム医療の展開,01.心不全チームの立ち上げと運営. (木原康樹、森山美知子、広島大学病院心不全センター、広島県心臓いきいき推進会議編著. 心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チーム医療の作りかたと地域連携の道のり.). メディカ出版:東京, 72-75. 2016/3
    • 宇野真理子:第4章 大学病院における心不全チーム医療の展開,16.遠隔医療を束ねる. (木原康樹、森山美知子、広島大学病院心不全センター、広島県心臓いきいき推進会議編著. 心不全ケアチーム構築マニュアル:広島発・チーム医療の作りかたと地域連携の道のり.). メディカ出版:東京, 128-132. 2016/3

▲ トップへ

■ 原著・総説等

    • 森山美知子, 斜森亜沙子:<総論>今、期待される診療所ナースの役割とは. コミュニティケア, 17(4), 10-16, 2015
    • 森山美知子:データヘルス計画:ポピュレーション・ヘルス・マネジメントの展開. 日本遠隔医療学会雑誌, 11(1), 25-29, 2015
    • 斜森亜沙子, 森山美知子:わが国のプライマリ・ケア機能を担う診療所における看護師の担うべき役割と必要な能力.日本プライマリ・ケア連合学会誌, 38(2), 102-110, 2015

▲ トップへ

■ 学会発表

  • Gebbie K., de Valpine M., Carlson A., Moriyama M., Jimenez MH., Ari E. (2015). Global health and nursing: Teaching disaster nursing at Hiroshima Peace seminarts. World Congress on Disaster and Emergency Medicine, Cape Town, South Africa, April 21, 2015
  • 加澤佳奈, 森山美知子, 岡美智代, 高橋さつき:疾病管理看護師養成講座の有効性と運用可能性の評価. 第9回日本慢性看護学会学術集会, 2015年7月5日, 大阪
  • 原眞理子, 加澤佳奈, 森山美知子:慢性疾患重症化予防プログラムの実施. 第13回日本予防医学会学術総会, 2015年6月21日, 石川
  • 後藤瑞枝, 杉江いづみ,角井紋子,大黒英美,原眞理子,前野尚子,辰巳弥生, 加澤佳奈, 森山美知子:呉市脳梗塞再発予防の仕組みづくりと成果の中間報告‐保険者・医療機関と連携し、発症直後の患者登録・介入を目指す- 第3回日本ニューロサイエンス看護学会学術集会, 2015年7月27日, 徳島
  • Kazawa K., Kanazawa T., Iwamoto S., Moriyama M. (2015). Discussion of the dynamics and action plans for the Japanese healthcare system and the care of elderly people aged 75 years or older. The 6th international conference on community health nursing research, Seoul, Korea, August 21, 2015
  • 高濱明香:片麻痺患者に対するインスリン療法導入に関するコンサルテーションの1事例:動機づけ支援と自己注射手技獲得への取り組み. 第20回日本糖尿病教育・看護学会学術集会, 2015年9月22日, 高松
  • Hu Mi., Sugimoto M., Hargrave AR., Nohara Y., Moriyama M., Ahmed A., Shimizu S., & Nakashima N. Health checkup and telemedicine system in post-disaster situations. JTTA2015, Sendai, Japan, Oct. 10th, 2015.
  • Hu Mi., Sugimoto M., Hargrave AR., Nohara Y., Moriyama M., Ahmed A., Shimizu S., & Nakashima N. Mobile healthcare system for health checkups and telemedicine in post-disaster situations. 15th World Congress on Health and Biomedical Informatics (Medinfo2015), San Paulo, Brazil, 19-23, Aug. 2015
  • Miyuki Kinoshita, Nahoko Saita, Noriko Watanabe, Hitomi Takemoto, Kyoko Murakami. Nurses’ perceptions of the effects of reminiscence and life review on end-of-life patients and their families. 12th International Family Nursing Conference, Aug. 19th, 2015. Odense, Denmark.
  • Nahoko Saita. Miyuki Kinoshita. Pain, suffering, and anxiety in people living with cancer and their families receiving outpatient chemotherapy. 12th International Family Nursing Conference. Aug. 19th, 2015. Odense, Denmark.
  • 木下みゆき、芦村悠紀、古川友恵、三谷桂子、齊田菜穂子、渡邉則子、齊藤千恵、竹元仁美. 患者・家族とのライフレビューが及ぼす看護師の看護観や死生観への影響. 第22回日本家族看護学会. 2015年9月5日, 国際医療福祉大学, 小田原市
  • Hiroyuki Kawaguchi, Michiko Moriyama, Hideki Hashimoto:Whether Disease Management is Effective for Cost Containment: A New Evidence by Difference in Difference analysis from panel data in Japan. 2015 International Health Economics Association (iHEA), Milan:Italy , July 17th, 2015
  • Toyoshima A, Moriyama M.The consultation status related to mental diseases using medical fee data of corporate health insurance and a reality survey on psychotropic drug use.ENDA (European Nurse Directors Association) & WANS (World Academy of Nursing Science) Congress 2015, Hannover, Germany, October 17, 2015
  • 豊島礼子,森山美知子 1企業の健康保険組合レセプトデータの分析および質問紙調査による働く人の睡眠と睡眠障害に関する実態調査.第16回広島保健福祉学会学術大会,広島,2015
  • 齊田菜穂子、清水恵理香、渡邉則子、木下みゆき、金子美幸:乳がん術後患者の自己管理に向けた看護支援の実際、第30回日本がん看護学会、2016年2月(千葉)
  • Ying’ai Cui, Yae Takeshita, Mayumi Niitani.(2015).  Literature review for developing patient education program in prevent aggravation of chronic virus hepatitis. 18th EAST ASIAN FORUM OF NURSING SCHOLARS,Taipei, Taiwan,Feb 5~6,2015
  • Ying’ai Cui, Yae Takeshita, Mayumi Niitani.(2015). Reviewing effective nursing interventions for patients with chronic viral hepatitis in China:Literature review.European Nurse Directors Association Congress. Hannover Germany,Oct ⒕~17,2015.
  • Osaki K., Kazawa K., Moriyama M. (2015). Comparison of effects between IT-based and face-to-face self-management education methods, and examination of feasibility of the IT-based method for patients with diabetic nephropathy.ENDA (European Nurse Directors Association) & WANS (World Academy of Nursing Science) Congress 2015, Hannover, Germany, October 17, 2015
  • 中麻規子、北川知郎、中山奨、中村マリ子、金井香菜、八陣美佐子、櫻下弘志、永冨珠紀、吉岡徹典、木原康樹.
    多職種カンファレンスを活用した集学的チーム医療の心不全再入院予防効果に関する検討.第80回日本循環器学会.2016年3月19日,仙台市
  • 浅野 早苗, 二井谷 真由美, 香川 直樹, 西田 圭那, 片岡 健:乳がん術後患者のリンパ浮腫に関する認識とセルフケアの実施状況.第53回日本癌治療学会,京都市,2015.10.29
  • 岡崎 聖, 竹下 八重*, 二井谷 真由美:外来治療を受けるがん患者を支える家族のQOL. 第35回日本看護科学学会学術集会,広島市,2015.12.05
  • 松井 沙耶, 二井谷 真由美:一般病棟で療養する終末期がん患者を受け持った看護学生の経験. 第35回日本看護科学学会学術集会, 広島市, 2015.12.05
  • 大寺 啓太:クリティカルケア領域に専門看護師・認定看護師を配属することでもたらされる 成果及びその影響要因. 第35回日本看護科学学会学術集会, 広島市, 2015.12.06

▲ トップへ

■ 報告書

  • NIRA報告書「2025年度に向けた7つの目標 社会保障改革しか道はない」
  • 平成27年度厚生労働省科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)「糖尿病性腎症重症化予防プログラムの開発に関する研究」(H27-循環器等-指定-002)(研究代表者:津下一代).平成27年度総括・分担研究報告書.平成28年3月.
    (分担報告)森山美知子:重症化予防プログラムの企画・実践・評価・実態調査.74-84.
  • 沖縄県後期高齢者医療広域連合・広島大学大学院医歯薬保健学研究院:後期高齢者医療制 医療費等分析共同研究事業報告書.平成28年3月
  • 那覇市・広島大学大学院医歯薬保健学研究院:那覇市国民健康保険・ 後期高齢者医療制度医療・介護費分析 共同研究報告書. 平成28年3月
  • 公益社団法人広島県看護協会:新卒訪問看護師育成マニュアル(第一版)「体系的な学習を基盤に1年で独り立ちを目指す教育システム」. 平成28年3月(平成27年度在宅医療の人材(訪問看護師)確保のための推進事業にかかる生涯教育研修体系部会委員.委員長 森山美知子)
  • 厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)「後期高齢者の保健事業のあり方に関する研究:平成27年度 総括・分担研究報告書」(研究代表者:鈴木隆雄),平成28年3月.(研究協力者:森山美知子「総論の一部」「健康指標の分析に基づくデータヘルス計画の取り組み」, 144-153.)

▲ トップへ

■ その他

  • ナース専科 「プライマリ・ケア看護師(仮称)」って何ですか?(11月11日公開済)
    http://nurse-senka.jp/contents/press/222317/
  • ナース専科 どうやったら「プライマリ・ケア看護師(仮称)」になれますか?(11月26日06:00公開予定)
    http://nurse-senka.jp/contents/press/222731/
    ※上記は公開日をすぎませんとアドレスは有効となりませんので、ご注意願います。
  • 森山美知子:研究報告<第610回医療経済研究会 講演要旨>生活習慣病重症化予防の理論と実践例:データヘルス計画で国が保険者に求めているもの. 医療経済研究機構レター, 9月号, No. 245, 20-29, 2015
  • 後藤瑞枝, 加澤佳奈, 中島美津子, 森山美知子:やりがい、生きがいのある看護師の新しい働き方. 看護, 67(12), 88-91, 2015.

▲ トップへ

ページ上部へ戻る