本文へスキップ

広島大学 大学院医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門・精神神経医科学です。

交通アクセス お問い合せ サイトマップ

教室案内About us

■ トップページ>教室案内        

精神神経医科学・教授ごあいさつ

院長写真

 近年のグローバル化や市場原理優先主義の社会にあってうつ病、自殺が急増しています。また、急速な少子高齢化に伴って認知症が急増する一方で、数少ない子供たちにもいじめ、不登校、虐待、発達障害が社会問題化しています。このような世代を超えた「こころの問題」の重要性が認識され、精神疾患は5大疾患に位置づけられ、わが国の重要政策の一つとなっています。

 従来、うつ病や統合失調症などの「こころの病」は、ヒトの脳機能があまりにも複雑であるために解明することが困難であり、その病態は不明であると言われてきました。しかしながら、最近のゲノム・エピゲノム解析、プロテオミクス解析、脳機能画像解析などの脳科学研究の進歩は、この難関克服を可能にしつつあります。

 広島大学大学院では、臨床上の疑問点に対応できる問題解決能力を有する臨床医、あるいは国際的に通用する臨床・基礎研究を推進できる人材養成を目指して大学院生を募集しています。


また、勤務しながら大学院に進学できる社会人大学院制度も設けられ、基礎と臨床を繋ぐトランスレーショナル研究、臨床研究をテーマとした研究を重視しています。

 精神神経医科学における研究は、精神分析学、児童・思春期精神医学、リエゾン精神医学、サイコオンコロジー、ニューロサイエンス(脳画像解析・分子生物学など)を応用した臨床研究など幅広く展開しております。特に、社会問題化しているうつ病に関する研究においては、国家プロジェクトとして展開されている文部科学省・脳科学研究戦略推進プログラムでは、広島大学はうつ病研究拠点に指定されています。また、これまで、科学研究費、厚生科学研究費、科学技術振興機構・CREST研究など大型研究費も獲得して、うつ病、PTSD、摂食障害、サイコオンコロジーに関する、基礎研究、トランスレーショナル研究、臨床研究において多くの成果を出しており、国際的に高く評価されております。

 大学院修了した先輩たちは、他大学の精神科の教授となって教鞭を執っている人、海外に留学してさらに研究をさらに発展させて国際的に活躍している人、研究で培った問題解決能力を実践に活かして臨床現場で活躍している人など、幅広く社会に貢献しています。
 あなたも最先端の精神医学研究に参加して、謎の深い「こころの病」の病因・病態解明にチャレンジし、精神疾患で苦しむ患者さんを救うために一緒に頑張ってみませんか!

精神神経医科学・教授 山脇 成人


 
教室説明会
入局者報告
セミナ-&勉強会
研究会
学会
学外講演会
その他お知らせ

2016年7月3日〜5日 国際神経精神薬理学会(CINP)第30回世界大会を
山脇成人教授を大会長として韓国ソウルにて主催します
CINPソウル世界大会ポスター

広島大学
大学院医歯薬保健学研究院
応用生命科学部門・精神神経医科学

〒734-8551
広島市南区霞1-2-3
TEL 082-257-5555
FAX 082-257-5209