食料市場学研究室

 教員 : 田中秀樹・教授/小林元・助教

      〜農と食をつなぐ市場

 食べ物は、農業生産の現場から食卓へと、生産・流通・消費・廃棄という過程を通して循環しています。その循環をつなぐのが様々な市場です。
 経済のグローバル化が進む中で、食料の生産現場と食卓の距離はますます遠く離れてきています。同時に、日本の農村の衰退、農民の疲弊が年々深刻化しています。
 食と農が遠く離れつつある中で、それをつなぐ市場という社会的しくみの解明を通して、食と農、そして農山村の地域づくりの研究を進めています。具体的には、
 生産過程:集落営農と地域づくり
 流通過程:直売所、農協、卸売市場
 消費過程:食生活、生協
等について、持続的な食料生産や農村の発展に寄与する食料の市場、流通、消費のあり方を、社会・経済学視点から考えています。




           主な担当科目(学部)
食料資源論/食料循環経済学演習/食料循環経済学/外書講読 等
田中研究テーマ
「農山村の地域づくりと共同・協同」
「日本型食生活の形成過程とその変貌」
「農協の現段階と北欧農協との比較研究」
  
小林研究テーマ
「集落営農の展開過程と発展方向」
「農業協同組合の組合員制度とガバナンス」
「農業協同組合の営農経済事業の課題と展望」
「中山間地域の地域づくり組織と経済活動」
                
 研究室4年生の最近の研究テーマ

    広島県における中晩柑品種の展開
    広島県産レモンを使用した加工品に関する考察
    国産茶葉のブランド化と地域に与える影響
    米粉パン消費拡大の展開と課題
    地域農業振興における直売市の意義
    青果物流通における「規格」に関する考察
    広島伝統野菜継承のための社会科学的考察
    地域における名水の利用と管理
    自給的な農業を核とした地域づくりと産消提携
    広島県の中山間地域における食文化とその伝承
    6次産業形成による農村地域の活性化 等

 参考:大学院生の最近の研究テーマ

   農業体験学習の教育的効果
   農業普及組織再編と普及指導員の意識変化
   小規模野菜産地における農家の販売対応の多様化と
    農協の存在意義

  研究室では、ゼミ・フィールドワークを中心に、
  学生自らが問題意識を持って課題を発見し、
  課題解決のための社会科学的手法を学びます。