日本船舶海洋工学会 性能・運動分野 「夏の学校」 2010

開催案内(印刷用PDF)


趣  旨  次世代を担う若手研究者・技術者の育成は、少子化の状況も相まって、科学技術立国を国是とする我が国において各産業界共通の極めて重要な課題となっています。特に船舶海洋分野においては、過去の業界不振、若い人の興味離れ、船舶海洋分野に特化した教育を行う学科の減少といった負のスパイラルとも言える経過を経て一層重要な課題になっています。既に各企業、大学においては、他分野からの人材も積極的に受け入れ、短期間で船舶海洋分野の基礎や技術を教育して後継者不足を補おうという試みも進められているところであります。こうした背景を受け、日本船舶海洋工学会においては、若手人材の教育に資する基準教科書の作成プロジェクトや夏の学校の開校等の事業を進めて来ているところです。
 性能・運動分野の夏の学校は、最初、2007年に全国版として西部地区で開催されました。その後、関西地区、関東地区での開催を経て、今年は再び西部地区で開催する運びとなった次第です。二泊三日の研修スタイルで行われる当学校は、単に船舶海洋分野の講義を聴くだけでなく、他大学の学生・教員や社会人と寝食を共にして交流を深め、皆で切磋琢磨して行こうというモチベーションを喚起する目的を有しています。是非積極的に参加して視野を拡げて頂きたいと願っております。
開催期日 平成22年8月27日(金) 〜29日(日)
開催場所

広島工業大学沼田校舎
731-3161 広島市安佐南区沼田町伴4104-2
http://www.it-hiroshima.ac.jp/10guide/07_numata.html

参 加 費 学生: 5,000 円, 一般(社会人): 10,000 円
宿泊研修費(2日分)すべて込みです!

※使用する施設は研修用施設ですのでホテルのようなサービスはございません。タオル、洗面道具、入浴道具等は各自でご持参下さい。
申込方法 参加申込書(WORDファイル, PDFファイル)をダウンロードし,必要事項を記入の上,
下記の申込先まで Email にて送信して下さい。
申 込 先 勝田貴志 博士後期課程3年
広島大学大学院工学研究科 輸送・環境システム専攻 (耐空耐航性能研究室所属)
〒739-8527 東広島市鏡山1-4-1
Email: t-katsuta@hiroshima-u.ac.jp
申込締切 平成22年8月20日(金)
第1日目:8月27日(金)
12:00〜13:00 受付
13:00〜14:30 特別講義その1:波力発電技術について
永田修一(佐賀大学 海洋エネルギー研究センター 教授)
14:45〜16:15 特別講義その2:潮流・海流発電技術について
経塚雄策(九州大学大学院総合理工学研究院 教授)
16:30〜18:00 特別講義その3:人力飛行機設計製作活動の紹介
岩下英嗣(広島大学大学院工学研究院 教授)
18:00〜20:00 夕食・懇親会
20:00〜 交流会

第2日目:8月28日(土)
07:30〜8:30 朝食
08:30〜10:00 基礎講座テーマその1:船舶抵抗・推進論―造船基準教科書より― (第1部)
鈴木和夫(横浜国立大学大学院工学研究院 教授)
10:30〜12:00 基礎講座テーマその1:船舶抵抗・推進論―造船基準教科書より― (第2部)
鈴木和夫(横浜国立大学大学院工学研究院 教授)
12:00〜13:30 昼食
13:30〜15:00 基礎講座テーマその2:船舶操縦性能論―造船基準教科書より― (第1部)
安川宏紀(広島大学大学院工学研究院 教授)
15:30〜17:00 基礎講座テーマその2:船舶操縦性能論―造船基準教科書より― (第2部)
安川宏紀(広島大学大学院工学研究院 教授)
18:00〜 夕食・座談会

第3日目:8月29日(日)
07:30〜08:30 朝食
08:30〜10:00 基礎講座テーマその1:船舶抵抗・推進論―造船基準教科書より― (第3部)
鈴木和夫(横浜国立大学大学院工学研究院 教授)
10:30〜12:00 基礎講座テーマその2:船舶操縦性能論―造船基準教科書より― (第3部)
安川宏紀(広島大学大学院工学研究院 教授)
12:00〜 修了式,解散
12:00〜13:00  昼食

<問合わせ先>
2010年度 性能・運動分野「夏の学校」世話役 岩下英嗣
739-8527 東広島市鏡山1-4-1
広島大学大学院工学研究院エネルギー・環境部門
Tel: 082-424-7776,  Fax: 082-422-7194
Email : iwashita@naoe.hiroshima-u.ac.jp


戻る