広島大学 
  原爆放射線医科学研究所

 疾患モデル解析研究分野      



  TOP
  研究内容
  マウス一覧
  メンバー
  業績
  募集
  最近のtopic

 ◇リンク
  広島大学
  大学院入試日程
  原爆放射線
    医科学研究所

  理研BRC





TOP

     組換えDNA技術の進歩により試験管内で容易にDNAが取り扱える
   時代となり、ゲノムプロジェクトの発展によりヒトDNAを含めた多くの
   動物の塩基配列はほぼ全て明らかになりつつある。しかし、生命科学
   における主要な目標は各々の遺伝子が生体内でいかなる働きを
   しているか、およびどのように協調して個体を維持しているかを
   明らかにすることであり、この目的のためにはマウスなどの動物を
   用いた実験が必要である。
   本教室では『遺伝子改変動物を用いた遺伝子の生物学的機能の
   解析』および『モデル動物を用いたヒト疾患病態生理の解明と
   新規治療法の開発』を目的として研究を進めており、国内、海外の
   さまざまな大学、研究機関と共同で多くの遺伝子改変マウス
   (トランスジェニックマウス、ノックアウトマウス、ノックインマウスなど)
   を作製し、解析を行っている。


図1
 トランスジェニックマウス作製のための
 マイクロインジェクション。
 マウス受精卵前核に針を刺してDNA断片を注入している。

 *クリックで動画 (.wmv)

図2
 ノックアウトマウス作製のためのマイクロインジェクション。
 PS細胞をマウスブラストシストの腔に注入している。

 *クリックで動画 (.wmv)

図3
 キメラマウス。
 毛色の白い部分はES細胞由来であり、
 黒い部分はホストのブラストシスト由来である。 



test.htmlへのリンク