広島大学病院総合内科・総合診療科

clip

見学のお問合わせ 見学のお問合わせ

今後の予定

後期研修プログラム(家庭医コース、病院総合医コース)

総合診療科で後期研修をして、
プライマリケアのプロフェショナルになろう!

総合診療科では後期研修医を募集しています。

  • プライマリケアを中心に様々な症例を経験したい方
  • 内科認定医などの認定・専門医を取得するため多くの症例を経験したい方
  • 将来、広島で開業を考えている方
  • 地域医療に興味のある方
  • 専門分野を決定する前に一般内科を全体的に経験したい方
  • 将来的に留学してみたい方

当科の後期研修では、後期研修医の将来像に応じて、主に診療所・小規模病院での外来・訪問診療の習熟を目指す「家庭医コース(広島大学病院・家庭医療専門医養成コース)」と、病院での外来・病棟診療の習熟を目指す「病院総合医コース」の2つのコースを準備しています。

いずれのコースも、日本内科学会;内科認定医はプログラム中に取得するようお勧めしています。
家庭医コースでは日本プライマリケア連合学会認定;家庭医療専門医を、病院総合医コースでは、日本病院総合診療医学会認定;病院総合診療認定医を取得できるようサポートしています。

共に家庭医・病院総合医を目指しましょう!

※上記は3年間のコースですが、すでに十分な経験をお持ちで開業前にトレーニングを行いたい先生、他科から家庭医・病院総合医への転向を想定しまずは内科認定医取得を目指したい先生など、将来像・ニーズに応じたトレーニングが可能です。お気軽にお問い合わせください。

見学申し込み、ご質問等、お気軽にご連絡ください。

後期研修プログラムの特徴

将来像を常に意識

3年間の後期研修が修了した時点で身につけておきたい能力(アウトカム)を常に意識した研修を行ないます。アウトカムは学会が提示している研修目標を踏まえた上、それぞれの後期研修医のニーズに基づき設定します。ローテーションや学習会、指導体制は、アウトカムを達成できるよう組み立てられており、毎月の振り返り(1ヶ月間のできたこと、できなかったこと、感情、次の1ヶ月の目標を共有)を参考に随時修正を加えていきます。

スキルを持った家庭医・病院総合医として

広島市規模の都市の診療所~病院で家庭医・病院総合医として活躍するために必要なスキルを獲得できるよう力をいれています。具体的には、耳鏡・眼底鏡・経鼻内視鏡、各種エコー(腹部エコー、消化管エコー、頚動脈エコー、甲状腺エコー、訪問診療エコーなど)、各種穿刺(膝関節穿刺、腹腔穿刺など)などのスキルが獲得できます。

大学病院ならではの研修

紹介状を持たない初診患者さんや地域の開業医・基幹病院からの紹介患者さんの診療を行なうことで、風邪から不明熱まであらゆる病態の外来・入院診療を経験することができます。また、EBMや研究を重視した研修を行なうことができ、大学院に入学し研修を行ないつつ医学博士号を取得することも可能です。

幅広い指導医陣と学習環境

小児科、心療内科、漢方、生活習慣病、老年医学、感染症、総合診療・家庭医療など様々な専門医が指導にあたります。地域のプライマリ・ケア医、家庭医主導の学習会も数多く用意されています。学会認定の家庭医療後期研修プログラムで実際にトレーニングを受けた家庭医療専門医がディレクターとして指導・メンタリングおよびプログラム運営に深く関わっていることも特徴の1つです。

ローテーション

家庭医・病院総合医など、後期研修医の将来像・ニーズに応じたローテーションを勘案します。

<現在の家庭医療後期研修医のローテーション例>
  • 1年目:大学病院の総合内科・総合診療科で総合診療研修。各種エコー、内視鏡のスキル獲得。
  • 2年目:地域の中核病院での総合内科(8か月)および小児科(4か月)研修。
  • 3年目:自分の出身町での診療所研修(10か月)。緩和ケア研修(2か月)。週1回の整形外科研修(通年)。

大学病院での研修概要

  • 外来研修:月曜から金曜まで指導医のもとで外来初診の初期診療を研修する。午後3時から初診の全症例について診療内容を発表して指導医とともに診療内容を評価する。
  • 病棟研修:原則として外来初診で入院診療を要する症例を主治医として指導医、初期研修医とともに担当し、内科初期研修に必要な検査・治療手法を修練する。
  • 検査手技研修:大学病院および協力病院で、週1~2回、各種エコー、経鼻内視鏡研修を行う。
  • 講義・カンファレンス:毎日午後3時の外来症例カンファレンス、毎週月曜日午後4時の病棟カンファレンス、月1回の救命センターとの合同症例検討会で症例発表する。後期研修医、指導医による学習会も複数あり。
  • 形成的評価:1か月ごとに、その1か月の振り返り(できたこと、できなかったこと、感情、次の1か月の目標)を共有し、後期研修医の学習の場の確保と学びの促進を行う。

見学申し込み、ご質問等、お気軽にご連絡ください。