広島大学インキュベーション研究拠点

本事業の趣旨説明(広島大学HPより改変)
 平成25年度に、広島大学は文部科学省の「研究大学強化促進事業」において、研究大学として選定されました。今後、広島大学全体で研究力強化に向けた取り組みを実施することで、10年以内に世界トップ100位以内の大学を目指すこととしています。
 そこで、明確な目標を掲げ、世界トップレベルの研究活動を展開できる「インキュベーション研究拠点(Promising Research Initiatives)」が選定されました。選定された「インキュベーション研究拠点」に対しては、戦略的に組織する自立した研究拠点(Centers of Excellence)へと成長していくための重点支援が行なわれる予定となっています。

「本能行動の発現メカニズムに関する総合科学研究推進拠点-大学生の生活習慣及び科学リテラシーの確立へ向けて-」 略称:本能研究拠点
 平成27~29年度
 コアメンバー:浮穴和義(拠点リーダー、生命科学)、佐藤明子(サブリーダー、生命科学)、長谷川 博(健康スポーツ科学)、小川景子(行動科学)、学内メンバー:計25名

 本研究拠点の目的は、本能行動をはじめとする様々な生命現象を生命科学・健康スポーツ科学・行動科学等の学際・異分野融合的な立場から解明することです。また、大学生・一般市民への教育・啓発活動を通じ、生活習慣や科学リテラシーの重要性をアピールしていきます。さらに、国際共同研究の拡大・国際研究拠点の確立へ向けた活動を実施していきます。

拠点をイメージする写真:
 広島と言えば鯉(カープ)です。この写真は広島空港近くの三景園の鯉です。色々な模様を持った鯉がいます。彼らは食欲を満たすために訪問客が来たら近寄ってきます。この食欲は動物に共通なものであり本能です。その一方で「人が来たら餌がもらえる」という学習の結果でもあります。
 本研究拠点のメンバーは様々な専門分野の研究者が集まって成り立っています(単色ではなく多彩)。もちろん、魚の食欲について特化して研究をするものではありませんが、本能行動というものをキーワードにして結集した拠点です。それぞれの色と味を出し、広島と言えば「本能行動の拠点」と言われるくらいになりたいと思っています。個々の研究者の「広島大発のオリジナル研究」を積極的に進めたいと考えています。それらの成果を皆に見てもらえるように、教育や社会へ還元していきたいとも思っています。

これまでに開催した拠点研究セミナー

下記の回数をクリックするとポスターが開きます。講演要旨等、ご覧いただけます。

第14回研究セミナー 2016年11月10日(水)  黒川量雄(理化学研究所)膜交通機構の4Dイメージング

第13回研究セミナー 2016年9月8日(木) 藤原幸一(京都大学大学院 情報学研究科)リアルタイム心拍変動解析技術を用いたヘルスモニタ −てんかん発作予知を例に

第12回研究セミナー 2016年8月4日(木) Jeff W. Grimm, PhD (Department of Psychology, Western Washington University, Bellingham, WA USA) Incubation of Sucrose Craving: Behavioral and Neurobiological Studies.

第11回研究セミナー 2016年6月24日(金) 柳田 信也(東京理科大学 理工学部)運動による抗うつ・抗不安効果の脳内神経機構-ラットモデルを用いた検討

第10回研究セミナー 2016年6月16日(木) 山中章弘(名古屋大学 環境医学研究所 神経系分野2)視床下部神経による睡眠覚醒と記憶の制御メカニズム

第9回研究セミナー 2015年12月9日(水) 大森義裕(大阪大学蛋白質研究所) 細胞のセンサーオルガネラ「繊毛」の異常と繊毛病の発症メカニズムを探る

第8回研究セミナー 2015年10月28日(水) 松田厚志(情報通信研究機構・未来ITC研究所・バイオICTグループ主任研究員) 回折限界を超えた蛍光顕微鏡とクロマチン高次構造

第7回研究セミナー 2015年10月7日(水) 戸島拓郎(理化学研究所 脳科学総合研究センター 神経成長機構研究チーム) 神経軸索ガイダンスの時空間制御機構

第6回研究セミナー 2015年9月15日(火) Matthew S. Matell(Professor of Psychology, Villanova University, USA)  Time is on my mind, yes it is.

第5回研究セミナー 2015年8月6日(木) 近藤徳彦(神戸大学大学院発達環境学研究科・発達人間科学部) 運動時における熱放散の統合的調節-汗の調節機構から-

第4回研究セミナー 2015年7月29日(水) 岡本士毅(生理学研究所 生殖・内分泌系発達機構研究部門) 食餌嗜好性からみた本能行動ーマウスの脳内摂食調節機構を研究対象としてー

第3回研究セミナー 2015年7月27日(月) 高橋秀人(モントリオール臨床医学研究所 神経科学・発生学シナプス形成・可塑性リサーチユニット) 新規シナプス接着分子の探索と機能解析

第2回研究セミナー 2015年7月2日(木) 笹浪知宏(静岡大学学術院農学領域) 繁殖戦略からみた本能行動ー鳥類の交尾・受精を研究対象としてー

第1回研究セミナー 2015年5月28日(木) 佐藤明子、小川景子、長谷川博、浮穴和義 コアメンバー4名による最近の研究紹介