藤本由紀夫のホームページ (NEW)

   
 <E-mail> fujimotoyukio@hiroshima-u.ac.jp
<電話> 082−424−7813
<FAX> 082−422−7194
<居室> 大学院工学研究科A2棟-245
教育と研究の方針
  • 自然現象の観察を重視した教育に努めます。

  • 創意工夫によるオリジナルな技術で社会に貢献します。

  • 困難な課題に立ち向かい、常に最善を尽くす努力をします


略歴

広島大学工学部船舶工学科卒業(1975)
広島大学大学院工学研究科船舶海洋工学修士課程修了(1977)
大阪大学大学院工学研究科造船学専攻博士課程後期単位取得退学(1980)
広島大学助手工学部(1980)
工学博士大阪大学(1981)
コロンビア大学工学部 客員研究員(1986-87)
広島大学工学部 助教授(1988)
広島大学大学院工学研究科 教授(1993) 
大学発ベンチャー 有限会社計測サポート設立(2004)
    
受賞

日本造船学会論文賞、日本海事協会会長賞、日本船舶振興会会長賞
国際海洋極地工学会最優秀論文賞

専門分野
センサー工学、圧電材料、福祉・運動用計測技術、構造信頼性工学、構造モニタリング、金属疲労、溶接強度

研究発表

研 究 論 文 
 ● Liu Chen, 藤本由紀夫, 田中義和, 上杉征, 並河隆浩, 衝撃力計測用のフレキシブル界面センサ,日本機械学会論文集, Vol.80, No.816, pp.1-12, 2014.
Y. Tanaka, R. Tone, Y. Fujimoto: Study of an Explicit Mesh less Method Using RPIM for Electromagnetic Fields, IEEE Transactions on Magnetics, Vol.49, No.5, pp. 1577-1580, 2013.
藤本由紀夫, Liu Chen, 上杉 征, 田中義和, 新宅英司: 衝撃力測定用のパイプ表面設置型センサ,日本機械学会論文集C編、78巻, 791号, 1949-1959, 2013.
藤本由紀夫, 新宅英司, 田中義和, 藤吉潤:高速衝撃力の測定に好適なパッド型圧縮力センサ, 日本機械学会論文集C編,78巻, 791号, 2438-2449,2012.
藤本由紀夫, 新宅英司, 田中義和, 藤吉潤:圧電フィルムを用いたシート型剪断力センサ, 日本機械学会論文集C編,78巻, 789号, 1863-1871,2012.
藤本由紀夫, 新宅英司: 圧電フィルムによる応力測定, 溶接学会誌, 76巻, 4号, 215-220,2007.
藤本由紀夫、Taufiq A. Setyanto: 圧電フィルムを用いたシート型衝撃力測定センサ, 日本機械学会論文集C編,73巻, 725号, 184−191,2007.
Yukio Fujimoto, Yue Jingxia: Depth Estimation of Surface Crack based on the Measurement of Crack Opening Deformation and Numerical-Experimental Iteration, Journal of Marine Science and Technology, Vol.10, No.4, 203-210, 2005.
Yukio Fujimoto, Liu Gang: Stress Intensity Factor Measurement of Cracks Using Piezoelectric Element, Experimental Mechanics, Vol.44, No.3320-3325, 2004.
Yukio Fujimoto, Eiji Shintaku, Gernot Pirker and Liu Gang: Piezoelectric Sensor for Stress Intensity Factor Measurement of Two Dimensional Cracks, Engineering Fracture Mechanics, Vol.701, 203-1218, 2003.
藤本由紀夫、新宅英司、田中義和、Gang Liu: PVDFフィルムを用いた塗装構造部材の応力モニタリング, 非破壊検査, Vol.52, No.12, 703-708, 2003.
Yoshikazu Tanaka, Tomoyoshi Horie, Tomoya Niho, Eiji Shintaku, Yukio Fujimoto: Stability of augmented staggered method for electromagnetic and structural coupled problem, IEEE Transactions on Magnetics, Vol.40, No.2549-553, 2003.
Yukio Fujimoto, Eiji Shintaku, Gernot Pirker, Yoshikazu Tanaka: Stress Intensity Factor Measurement of Two-Dimensional Cracks by the Use of Piezoelectric Sensor,JSME International Journal, Series A, Vol.46,NO.4,2003, pp.567-574Vol.68, No.672A1212-1219, 2002.
Yukio Fujimoto,Gernot Pirker, Hisashi Ito, Eiji Shintaku , Shin-ichi Shono: Development of High Sensitivity Sacrificial Specimen for Fatigue Life Prediction of Structures, Journal of Ship Technology Research, Vol.49,No.133-44, 2002.
Yukio Fujimoto,Kunihiro Hamada, Eiji Shintaku, Gernot Pirker: Inherent Damage Zone Model for Strength Evaluation of Small Fatigue Cracks, Engineering Fracture Mechanics, No.68/4, 455-473, 2001.
Eiji Shintaku, Yukio Fujimoto, Kunihiro Hamada, Tetsuya Takeuchi: Study of a simple sensor for stress history measurement of a structural member using a piezoelectric element, Journal of Marine Science and Technology, Vol.5, No.1,pp.40-47, 2000.
Fujimoto,Y. and Zong,Z., : A study of crack monitoring of ship structures, The fourth International Offshore and Polar Engineering Conf. Vol.4, pp.168-175, 1994.
藤本由紀夫, 宗 智, 瀧口信次, : 船舶のヘルスモニタリングシステムに関する研究, 日本造船学会論文集, 第174号, pp. 697 -705, 1993.
Yukio Fujimoto, Swilem,A.M., Mitsumasa Iwata, Kin-ichi Nagai: Inspection Planning for Deteriorating Structures Based on Sequential Cost Minimization Method, Journal of the Society of Naval Architects of Japan, No.170, 755-768, 1991.


展示会ポスター

  展示会などポスター展示 (PDFファル) 
2010年11月25日 界面力の計測に好適なパッドセンサと大容量の変動荷重検出板 広島大学新技術説明会、広島ガーデンパレス
2010年5月14日 容量1〜100トンのパッドセンサと変動荷重検出板  新技術説明会、東京市ヶ谷JSTホール
2009年11月8日 ボクシングパンチ力測定 広島大学大学祭への出展 
2008年9月16-18日 シート型変動荷重センサとその測定例など(日本語) イノベーションジャパン2008、東京有楽町 国際フォーラム
2008年9月16-18日 Sheet Type Impact Force Sensor (English) イノベーションジャパン2008、東京国際フォーラム
2005年11月30日 中敷き型センサ(教育学研究科渡部和彦教授と共同展示) 広島大学リエゾンフェア、広島大学学士会館
2004年11月25日 塗装構造物の応力測定他 ふくやま産業交流館(ビッグ・ローズ)

関連ページ

広島大学工学部 第四類 (建設・環境系) 
広島大学大学院 工学研究科 輸送・環境システム専攻
(有)計測サポート
 


広島大学近辺の花