広島文学館

広島に文学館を!市民の会

 「ちちをかえせ ははをかえせ」の詩句は、詩人峠三吉の 名を知らない人の心にも刻まれ、原民喜の小説『夏の花』 や 栗原貞子の詩「生ましめんかな」は学校の教科書にも取り上げられ、多くの人に読みつがれています。これらの文学者を 生んだ平和都市広島に、まだ「文学館」がひとつもないのは残念なことです。郷土の生んだ作家や詩人の仕事を受け継ぎ若い世代につなぐ場として、また文学を通じて市民が心を交流する場として、広島に「文学館」を作ろうと私たちは活動をしています。 
  文学を愛するあなた、平和を大切にしたいあなたにお願いします。「広島に文学館を」実現させるためにどうか会員となって、御支持の表明とできる範囲での御協力をお願いします。

更新日 2010/7/11

 

■「広島に文学館を!市民の会」は2010年3月末日をもって活動を停止しました。


水島裕雅「広島に文学館を!市民の会」代表)

 会員の皆さまへ——「広島に文学館を!市民の会」の活動を3月で停止し、「広島文学資料保全の会」として活動を継続します

池田正彦「広島に文学館を!市民の会」事務局長)

 言葉の力に未来を託して

「広島に文学館を!市民の会」事務局

 これまでの活動の経緯と今後の改変について

(参考)

広島に文学館を!市民の会、進展なく活動停止」(毎日新聞「追跡2010ひろしま」、2010年4月12日

原爆文学 もっと誇りに 水島裕雅さん」(朝日新聞「広島版 論!2010」、2010年3月17日

広島の文学資料 散逸防ぎ活用の道探れ」(中国新聞「社説」、2010年3月8日

「「広島に文学館を!市民の会」活動停止 郷土作家資料散逸危機 市の消極姿勢に会員失望」(中国新聞、2010年3月5日(インターネット版はありません)

広島に文学館を!市民の会が活動を停止」(中国新聞、2010年2月25日


入会の有無にかかわらず、貴重な文学資料をお持ちの方は、 ぜひ事務局までお知らせ下さい!


「広島文学資料保全の会」事務局
 住所:〒730-0802 広島市中区本川町2-1-29−301
 電話&FAX:082-291-7615
 Eメール:m-ike@y7.dion.ne.jp
 ホームページURLhttp://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/index.html
 郵便振替:「広島文学資料保全の会」01390-4-34871

 

お知らせ

J.W.トリート著(水島裕雅・成定薫・野坂昭雄監訳)『グラウンド・ゼロを書く:日本文学と原爆』(法政大学出版局)が出版されました。

「訳者あとがき」はここをクリック

 

お知らせ

広島女学院栗原貞子記念平和文庫」開設記念小冊子『生ましめんかな』

 広島女学院の「栗原貞子記念平和文庫」(同大学図書館2階)の開設を記念して小冊子『生ましめんかな』(カラーグラビア4頁、全68頁)が出版されました。

「広島に文学館を!市民の会」の出版物

(問い合わせ、ご注文は「市民の会」事務局まで)

ブックレット

Vol.1『栗原貞子を語る 一度目はあやまちでも』(2006年7月刊、99頁、700円)販売中

「栗原貞子記念平和文庫」10月7日正式オープン広島女学院大学のHPから)

「栗原貞子記念平和文庫開設」(広島女学院大学のHPから)

「栗原貞子さん きょう3回忌 平和の尊さ、母の詩で思い出して」(『毎日新聞』、2007年3月6日)

「被爆詩人・栗原貞子さんしのぶ冊子 峠三吉への書簡など収録 「再評価の第一歩に」」(『朝日新聞』、2006年7月27日)(インターネット版はありません)

「栗原貞子さん解説のブックレット」(『中国新聞』、2006年7月28日)

「冊子:詩人・故栗原貞子さんを語る 市民団体、思い込め刊行」(『毎日新聞』、2006年7月28日)

Vol.2『大田洋子を語る 夕凪の街から』(2007年7月刊、130頁、800円)販売中

Vol.3『峠三吉を語る くずれぬへいわを』(2008年7月刊、113頁、700円)販売中

「峠三吉:原爆詩人の冊子発刊「くずれぬへいわを」」(『毎日新聞』、2008年7月24日)

「青年・峠三吉短歌に励む 広島県歌人協会相原会長が分析 原爆詩と重なるリアリズム」(『中国新聞』、2008年7月11日)(インターネット版はありません)

池田正彦『原爆詩集』に至る抒情の源流(『中国新聞』2008年6月4日)

絵はがき「ひろしま文学散歩」

「広島に文学館を!市民の会」では、会員が集って、広島市内および周辺にある文学ゆかりの地をめぐる「ひろしま文学散歩」を行うとともに、絵はがき「ひろしま文学散歩」を制作しました。

 

お知らせ

『原爆詩集』最終稿と「スケッチブック」

 峠三吉『原爆詩集』(このたび発見された最終草稿)と峠三吉「スケッチブック」をHPで公開しました。

『原爆詩集草稿』(画面が少し小さいので、通常のパソコン画面で読むのは困難です。一旦ダウンロードして拡大するか、プロジェクターで見て下さい。パソコン画面でも読めるよう、検討中です。)

「スケッチブック」

 

お知らせ

「広島に文学館を!市民の会」に寄贈された資料リストを作成しました。閲覧希望の方は市民の会までEメールなどでご連絡下さい。

 

これまでの活動の記録と今後の予定 →詳細を見る

129 幹事会(2010/3/27
128 横浜・東京の3文学館を訪問(2010/2/11〜13)
127 栗原文庫、護憲の碑、丸木さんのふすま絵をめぐるバスツアー(2009/10/25
126 幹事会(2009/10/10
125 有志相談会(2009/9/23
124 北海道の4文学館を訪問(2009/9/16〜20)
123 8・15原爆・反戦詩を読む市民の集い(2009/8/15)
122 幹事会(2009/4/25
121 関西・信州の3文学館を訪問(2008/11/28〜30)
120 8・15原爆・反戦詩を読む市民の集い(2008/8/15)
119 東京・横浜の3文学館を訪問(2008/7/30〜31)
118 好村俊子出演・制作CD「峠三吉 にんげんをかえせ」完成記念朗読会(2008/6/29)
117 幹事会(2008/5/17)
116 金沢市の5文学館訪問、関係者と懇談(2008/2/29〜3/2)
115 ふくやま文学館訪問、「山代巴展」鑑賞、「朗読会、文学紀行」参加(2008/2/17)
114 幹事会(2008/1/12)
113 「明日への伝言 御庄博実、峠三吉を語る」(2007/12/1)
112 峠三吉文学資料展(2007/11/20〜12/3)
111 広島市立中央図書館との話し合い(2007/11/1)
110 近代文学館成田分館および分館開設記念「近代文学の至宝」展視察(2007/10/6)
109 幹事会(2007/9/8)
108 8.15原爆・反戦詩を読む市民の集い(2007/8/15)
107 みつめなおす「峠三吉・原民喜」(2007/7/14)
106 シンポジウム「峠三吉を語る」(2007/6/30)
   
資料展「ちちをかえせ ははをかえせ 『原爆詩集』のできるまで」(2007/5/15〜8/20)
105 広島市市民局文化担当との折衝(2007/5/31)
104 幹事会(2007/5/13)
103 電車でめぐるヒロシマ散歩(2007/4/15)
102 幹事会(2007/3/13)
101 原爆資料館との懇談(2007/2/6)
100 幹事会(2007/1/20)
099 大田洋子 ミニ・シンポジウム(2006/12/9)
098 大田洋子文学資料展(2006/9/12〜9/17)
097 8.15原爆・反戦詩を読む市民の集い(2006/8/15)
096 広島市市民局との折衝(2006/8/11)
095 大田洋子研究(2006/7/22)
094 第2回文学散歩:大田洋子の足跡をたどる(2006/6/18)
093 第1回文学散歩:「夏の花」をたどる(2006/5/21)
092 幹事会(2006/5/16)
091 幹事会(2006/3/4)
090 幹事会(2006/2/4)
089 広島市市民局市民課および中央図書書館との折衝(2005/11/10)
088 幹事会(2005/10/15)
087 栗原貞子文学資料展(巡回展)(2005/8/18〜8/24)
086 三良坂平和美術館訪問(2005/8/17)
085 8.15原爆・反戦詩を読む市民の集い、各国の言葉で「憲法九条」も(2005/8/15)
084 「被爆60周年 栗原貞子文学資料展 記念講演会」(2005/8/7)
083 栗原貞子文学資料展(2005/7/29〜2005/8/8)
082 幹事会(2005/7/21)
081 栗原貞子さんを偲ぶ会(2005/7/2)
080 幹事会(2005/6/25)
079 広島市立中央図書館と意見交換(2005/5/27)
078 幹事会(2005/5/21)
077 レストハウス有効活用に関する懇談会(2005/5/14)
076 幹事会(「電子化と英訳」プロジェクト第7回会合を兼ねる)(2005/4/16)
075 市立図書館前館長送別会(2005/3/19)
074 栗原家に弔意(2005/3/13)
073 広島市文化課と文学資料の保全・活用の方策について意見交換(2005/3/4)
072 レストハウスのあり方をめぐる懇談会(2005/2/4)
071 幹事会(「電子化と英訳」プロジェクト第6回会合を兼ねる)(2005/1/22)
070 原民喜生誕99周年--「手帳」のすべて 同時公開/峠三吉・栗原貞子電子化資料(2004/11/14-15)
069 レストハウス視察(2004/11/5)
068 幹事会(「電子化と英訳」プロジェクト第5回会合を兼ねる)(2004/10/9)
067 広島市と話し合い(2004/8/27)
066 8.15原爆・反戦詩を読む市民の集い(2004/8/15)
065 「電子化と英訳」プロジェクト第4回会会合(2004/5/30)
064 「電子化と英訳」プロジェクト第3回会合(2004/5/22)
063 市民の会例会「シンポジウム 原爆文学資料の現在」(「電子化と英訳」プロジェクト第2回会合を兼ねる)(2004/4/24)
062 「電子化と英訳」プロジェクト第1回会合(2004/3/27)
061 「市民の会例会」(2004/2/28)
060 幹事会(2004/2/14)
059 広島市文化課と話し合い(2003/11/21)
058 幹事会(2003/11/8)
057 「市民の会例会--文学館設立へ向けたアクション・プログラム(2)」(2003/9/27)
056 幹事会(2003/9/13)
055 8.15「原爆・反戦詩」を読む市民の集い(2003/8/15)
054 福岡市文学館、福岡市総合図書館見学(2003/6/28)
053 「市民の会例会--文学館設立へ向けたアクション・プログラム(1)」(2003/6/14)
052 広島市長とのタウンミーティングに参加・発言(2003/5/14)
051 幹事会(2003/5/10)
050 峠三吉没後50年 文学展・記念講演会/シンポジウム 反省慰労会(2003/5/2)
049 ギャラリートーク「峠三吉とその時代」(2003/4/26)
048 峠三吉没後50年記念講演会/シンポジウム(2003/4/19)
047 峠三吉没後50年記念文学資料展(2003/4/16〜4/28)
046 朗読会と市民の会例会(2003/3/23)
045 峠三吉没後50年・碑前祭・懇談会(2003/1/26)
044 朗読会と市民の会例会(2003/1/26)
043 広島市立中央図書館と懇談(2003/1/24)
042 広島市長選挙立候補予定者に公開質問書を提出(2003/1/14)
   候補予定者からの回答
041 幹事会(2003/1/11)
040 好村冨士彦さんを偲ぶ会(2002/12/14)
   追悼文集「希望へのかけ橋」
039 朗読会と市民の会例会(2002/11/24)
038 朗読会と市民の会例会(2002/09/22)
037 幹事会(2002/09/08)
036 8.15「原爆・反戦詩」を読む市民の集い(2002/8/15)
035 朗読会と市民の会例会(2002/07/28)
034 文学碑めぐり(2002/05/26)
033 峠三吉没後50年の会発足(2002/05/11)
032 2002年度市民の会活動相談会(2002/04/27)
031 朗読会と市民の会例会(2002/03/24)
030 朗読会と市民の会例会(2002/02/24)
029 朗読会と市民の会例会(2002/01/27)
028 朗読会と市民の会例会(2001/12/23)
027 朗読会と市民の会例会(2001/11/25)
026 朗読会と市民の会例会(2001/10/28)
025 朗読会と市民の会例会(2001/09/23)
   21世紀原爆文学をつなぐ作家たち〜広島在住の作家たちによる自作原爆作品をめぐって〜
024 「原爆文学展 5人のヒロシマ」「世界のヒバクシャ写真展」合同報告会・慰労会(2001/08/28)
023 原爆文学展(後半)開催!!(2001/08/02-07)
022 原爆文学展 記念講演会&バイオリン演奏会(2001/07/28)
021 朗読会と市民の会例会(2001/07/22)
020 原爆文学展(前半)開催!!(2001/07/21-26)
019 原爆文学展に向けて-第6回実行委員会-(2001/07/15)
018 広島市役所にて記者会見(2001/07/03)
017 原爆文学展に向けて-第5回実行委員会-(2001/07/01)
016 第4回旧日銀広島支店保存活用検討委員会の傍聴(2001/06/28)
015 朗読会と市民の会例会(第4回実行委員会)(2001/06/24)
014 原爆文学展に向けて-第3回実行委員会-(2001/06/09)
013 旧日銀広島支店保存活用検討委員会の傍聴(2001/05/30)
012 朗読会と市民の会例会(2001/05/27)
011 原爆文学展に向けて-第2回実行委員会-(2001/05/20)
010 文学展をめぐって市立中央図書館と協議(2001/05/11)
009 原爆文学展に向けて-第1回実行委員会-(2001/4/30)
008 朗読会と市民の会例会(2001/4/22)
007 文学展準備会(2001/4/8)
006 朗読会と市民の会例会(2001/3/25)
005 例会(2001/2/17)
004 旧日銀を文学館に!広島市への申入書提出(2001/1/26)
003 例会(2001/1/20)
002 旧日銀広島支店の見学と例会(2001/1/14)
001 市民の会例会(2000/12/8)

 

お知らせ

『新編 原民喜詩集』が出版されました。

このたび『新編 原民喜詩集(新・日本現代詩文庫64)』(土曜美術社出版販売、1400円+税)が出版されました。

 

お知らせ

長津功三良『原風景との対話——詩人たちの風貌(1984-2009)』が出版されました。

このたび長津功三良さんの詩論集『原風景との対話——詩人たちの風貌(1984-2009)』(コールサック社、2000円+税)が出版されました。

 

お知らせ

上田由美子『詩集 八月の夕凪』が出版されました。

このたび上田由美子さんの詩集『八月の夕凪』(コールサック社、2000円+税)が出版されました。

 

 

お知らせ

天瀬裕康『梶山季之の文学空間 ソウル、広島、そして人びと』が出版されました

 このたび天瀬裕康さん(広島に文学館を!市民の会、会員)の『梶山季之の文学空間 ソウル、広島、そして人びと』(2009年、溪水社、頒価2700円+税)が出版されました。

 

お知らせ

長津功三良・鈴木比佐雄・山本十四尾編『原爆詩181人集』

 長津功三良・鈴木比佐�Y・山本十四尾編『原爆詩181人集』が、コールサック社(電話03-5944-3258、ファックス03-5944-3238)から出版されました。302ページ、2100円。

「原爆詩181人集」(『朝日新聞』天声人語、2007年8月7日)

「33年ぶり本格的な原爆詩集」(『中国新聞』、2007年8月1日)

 

お知らせ

御庄博実『原郷』が出版されました

 このたび御庄博実さん(広島に文学館を!市民の会」会員)の詩集『原郷』(2006年、思潮社、頒価2800円+税)が出版されました。

 あなたの視線は/僕を貫いて/あの閃光を凝視する/地底深く水脈は/黙って原郷へ帰る 

 

お知らせ

田端展『縮景園--1945年』が出版されました

 このたび故田端展さんの遺著『縮景園--1945年』(2006年、渓水社、頒�ソ950円+税)が出版されました。

「歩数計」、「午後の陽荘の女」、「縮景園憂色」、「被爆美」の四編が収録されています。 

 

お知らせ

長津功三良『詩集 影たちの墓碑銘』が出版されました

 このたび長津功三良さん(広島に文学館を!市民の会」会員)の詩集『影たちの墓碑銘』(2006年、幻棲社、頒価2000円)が出版されました。

「小野十三郎賞贈呈式 詩集の中岡氏と長津氏に」(『朝日新聞』、2007年11月24日)

「小野十三郎賞に詩集「影たちの墓碑銘」と「宙家族」」(『朝日新聞』、2007年9月22日)  

 

お知らせ

栗原貞子全詩編『人類が滅びぬ前に』が出版されました

「栗原貞子さん:一周忌の企画展 詩集など100点 広島市立中央図書館」(『毎日新聞』、2006年3月19日)

「没後1年「栗原貞子展」始まる」(『中国新聞』、2006年3月18日)

「死去1年 18日から栗原貞子展」(『中国新聞』、2006年3月17日)

「詩人・栗原貞子さん:没後1年、反戦・反核の信念「学び直そう」」(『毎日新聞』、2006年3月7日)

『暮らしの手帖』」18号(2005年秋)、110〜112頁に紹介記事が掲載されました。

「栗原貞子全詩編が完成」(『中国新聞』、2005年6月15日)

(出版趣意書はここをクリック)

 

お知らせ

ウルシュラさんの博士論文、CD−ROMに

 ウルシュラ・スティチェックさんの博士論文「人間存在の不安ーー収容所文学と原爆文学」がCD−ROMで読めるようになりました。母国ポーランドのアウシュビッツなどから生まれた文学との比較論を展開しています。もちろん、日本語で書いています。本にすると400ページを越える大作です。1枚1000円で頒布しています。購読希申し込みは「広島花幻忌の会」事務局・海老根 tel &fax 082(924)7950(「花幻忌」の集いでも受け付けます)。

 

お知らせ

廣島ちんどん倶楽部がCD「うちら・わしらの ひろしま応援歌」発売

 このたび、廣島ちんどん倶楽部が初のCD「うちら・わしらの ひろしま応援歌」を発売しました。「市民の会」事務局長の池田さんがプロデュースし、幹事の土屋さんらが演奏しています。2枚組で定価2,300円。

「広島応援 ちんどんCD完成」(『中国新聞』、2006年3月2日)

 

お知らせ

佐々木暁美著『秋の蝶を生きる 山代巴平和への模索』が出版されました

 このたび山代巴記念室の開設に尽力された三次市大田幸町在住の元中学校教員、佐々木暁美さんが『秋の蝶を生きる  山代巴 平和への模索』(A5判上製330ページ)を自費出版されました。定価2,500円(送料別)。(推薦文はここをクリック)

「秋の蝶を生きる」(『中国新聞』天風録、2005年12月8日)

お問合わせ、ご購入申込先は次のとおりです。

〒729−6211 広島県三次市大田幸町1150 佐々木暁美あて

電話(FAX兼)0824-66-2145 

 

お知らせ

長津功三良『長津功三良詩集(新・日本現代詩35)』が出版されました

 このたび長津功三良さん(広島に文学館を!市民の会)会員の詩集が土曜美術社出版販売より出版されました。定価1,470円。 

 

お知らせ

原民喜「原爆被災時の手帳」英訳を掲載

 トヨタ財団2003年度市民活動助成プロジェクト「ヒロシマ文学館(仮称)の開設を目指した、原爆文学資料の電子化と英訳事業の実施」の一環として、原民喜の「原爆被爆時の手帳」の中村朋子さんによる英訳を「English」に掲載しました。

 

お知らせ

峠三吉「メモ 覚え書 感想」と「被爆日記」を掲載

 トヨタ財団2003年度市民活動助成プロジェクト「ヒロシマ文学館(仮称)の開設を目指した、原爆文学資料の電子化と英訳事業の実施」の一環として、池田正彦・松尾雅嗣(編)『峠三吉被爆日記(写真版)』(広島大学ひろしま平和コンソーシアム・広島文学資料保全の会、2004年12月 )から、池田正彦氏が書き起こしたものを「文学資料データベース」に掲載しました。

 

お知らせ

「広島文学碑めぐり(絵はがき8枚セット)」ができました

 瀬古正勝氏が広島市内各地に点在する文学碑をスケッチした絵はがき8枚セットができました(制作「ヒロシマと文学を考える会」、協力「広島に文学館を!市民の会」)。頒価500円です。お問い合わせは、電話082-291-7615あるいはEメールbngkkn@hiroshima-u.ac.jpまで。

 

お知らせ

新刊書ニュース

御庄博実・石川逸子『ぼくは小さな灰になって…。あなたは劣化ウランを知っていますか?』西田書店、2004年、1200円+税。(著者の御庄氏は「広島に文学館を!市民の会」会員です)

寺島洋一『雲雀と少年 峠三吉論』(文藝社、2001年、1500円)が電子出版サイトBoon-gate.com(ブーンゲイトドットコム)から購入できることになりました。電子版は500円です。(著者は「広島に文学館を!市民の会」会員です)

松永智子『松永智子歌集 崖(きりぎし)のうた』角川書店、2003年、2600円。(著者は「広島に文学館を!市民の会」会員です)

好村冨士彦遺稿・追悼集刊行委員会(編)『考えることは乗り越えることである 好村冨士彦遺稿・追悼集』三元社、2003年。(2002年9月に逝去された好村冨士彦さんの遺稿および、ご遺族、友人などの追悼文集です。2段組、612ページの大冊です。非売品として出版されましたが、実行委員会のご好意で、1冊3000円でお頒けします。「市民の会」宛てEメールなどでご連絡下されば、お取り次ぎします。)

劣化ウラン弾禁止(NO DU)ヒロシマ・プロジェクト(編集・発行)『Hiroshima Appeal 劣化ウラン弾禁止を求める ヒロシマ・アピール』2003年、700円。(紹介記事:「ヒロシマ・アピール」『中国新聞』「天風録」2003年10月6日)

長津功三良『詩集 影たちの葬列』幻棲舎、2003年、2000円。(著者は「広島に文学館を!市民の会」会員です)

岩崎文人『原民喜--人と文学(日本の作家100人)』勉誠出版、2003年、1800円。

御庄博実『御庄博実詩集 (現代詩文庫168)』思潮社、2003年、1165円+税。(著者は「広島に文学館を!市民の会」会員です) 

 

お知らせ

トヨタ財団から助成を受けました

 昨秋「広島に文学館を!市民の会」から応募した「トヨタ財団2003年度市民活動助成」について、このたび助成決定の通知がありました。これまで3年余にわたる「市民の会」の活動、さらには「広島文学資料保全の会」結成以来の長年の活動が評価されたものと思われます。文学館設立へ向けて今後ともよろしくご協力お願いいたします。

テーマ:「ヒロシマ文学館(仮称)の開設を目指した、原爆文学資料の電子化と英訳事業の実施」

代表者:広島に文学館を!市民の会 成定薫(幹事 ホームページ担当)

助成金額:50万円

助成期間:2004年4月1日〜2005年3月31日

「経過報告書」(2004年10月28日提出)

「事業報告書」(2005年5月27日提出)

 

お知らせ

『中国新聞』文化欄の「ゆめ@文学館」完結

 『中国新聞』の文化欄で連載されていた「ゆめ@文学館」が完結しました。第3部は「広島に文学館を!市民の会」の活動を中心にレポートしています。第1部、第2部に続いて、岡部記者渾身の執筆です。この記事が世論と行政を動かし、文学館設立の機運が盛り上がることを期待します。

第1部 地域で踏ん張る(1)〜(5)(『中国新聞』2004年1月28日〜2月4日)

第2部 リード役の模索(上、下)(『中国新聞』2004年4月1日〜2日)

第3部 そして広島(上、中、下)(『中国新聞』2004年8月3日〜5日)

 

お知らせ

峠三吉『原爆詩集』が青空文庫に収録されました

 本ホームページ掲載の『原爆詩集』をもとにして、青文庫版『原爆詩集』ができました。ルビもついていて読みやすくなっています。

 

お知らせ

広島文学資料保全の会編『さんげ 原爆歌人正田篠枝の愛と孤独』(現代教養文庫1567 定価640円)を送料込み500円でお頒けします。ご希望の方は「広島に文学館を!市民の会」までEメールなどでお申し込み下さい。お申し込みをいただいた時点で、書物と払い込み用紙をお送りします。