第1回広島大学バイオマスイブニングセミナーが開催されました
(English announcement can be found in the latter half of this notice.)

このたび、広島大学バイオマスプロジェクト研究センターと中国地域バイオマス利用研究会の共催
で広島大学バイオマスイブニングセミナーを開催されました。バイオマスに関する基本的な考え方から
最先端の情報までをカバーして、この地域におけるバイオマスの活動に資することを目的とするも
のです。

日時 2012年9月18日(火) 16:20~17:50
会場 広島大学東広島キャンパス工学部110講義室
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/p_78b2c9.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/p_gcee03.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/


プログラム

解説 広島大学大学院工学研究院  教授 松村幸彦

講演 広島大学大学院先端物質科学研究科  准教授 岡村好子
 「マリンバイオテクノロジーの新たな試み」
日本には古くから海の生き物を利用する文化と技術がありました。これが発展したのがマリンバイ
オテクノロジーという学問です。海の生き物の利用法は多岐にわたりますが、カルチャーコレク
ションの利用と培養できない微生物の遺伝子資源利用についてお話しします。

講演 広島大学大学院工学研究院  D3 Chutinan Promdej
 「Reaction kinetics of glucose decomposition in supercritical water gasification (超臨
界水ガス化におけるグルコース分解の反応速度)」(英語)
高温高圧の水の中でグルコースを分解する超臨界水ガス化で起きる反応は、グルコースが次第に小
さな物質に変化していく反応とチャーのような大きな分子に変化していく反応からなっています。
こられの反応をイオン反応かラジカル反応かで分類することによって、反応を表せることがわかり
ました。

司会 広島大学大学院工学研究院  助教 神名麻智




Hiroshima University Biomass Evening Seminar

Biomass Project Research Center, Hiroshima University, and HOSTY Association are co-
organizing the Hiroshima University Biomass Evening Seminar. This seminar covers topics
from the fundamentals of biomass to the latest information so that it can contribute the
activities on biomass in this district. The 1st seminar will be held as follows.
Please join.

Date & Time: Tue., Sep. 18, 2012 16:20-17:50
Place: Engineering 110 Lecture Room, Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/p_78b2c9.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/add_html/access/en/saijyo7.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/en/top/access/index.html


<Program>

Commentary: Yukihiko MATSUMURA
Professor, Graduate School of Engineering, Hiroshima University

Lecture: Yoshiko OKAMURA
Associate Professor, Graduate School of Advanced Sciences of Matter, Hiroshima
University
"The new challenges by marine biotechnology"
Since early times, we have a cultural background and technologies for utilization of
marine organisms. Therefore, marine biotechnology was established in Japan. There are
many ways of practical application for marine organisms. I would like to introduce one
of the typical technology and new technology of marine genomic resources known as
metagenome.

Lecture: Chutinan PROMDEJ
D3 Student, Graduate School of Engineering, Hiroshima University
"Reaction kinetics of glucose decomposition in supercritical water gasification"
Glucose decomposition in hot compressed water is composed of reactions producing smaller
molecules and reactions producing larger molecules to produce char. These reactions
could be classified into ionic and radical reactions, which enabled to express the
effect of reaction conditions on the final products.

Chair: Machi KANNA
Assistant Professor, Graduate School of Engineering, Hiroshima University





        写真を見る