第32回広島大学バイオマスイブニングセミナーが開催されました

(English announcement can be found in the latter half of this notice.)

 日時 2015年6月19日(金)16:20~17:50

会場 広島大学東広島キャンパス工学部110講義室 

プログラム

解説 広島大学大学院工学研究院  教授 松村幸彦

講演 三重大学 大学院生物資源学研究科 准教授 野中 寛

「リグノセルロース系バイオマスの成分分離」

木材や穀物の茎などは,主としてセルロース,ヘミセルロ

ース,リグニンからなる「リグノセルロース」系バイオマス

である。これらは相互侵入網目構造を形成しているため,

各成分をそのまま分離することは現時点で不可能である。本

講演では,これまで行われてきた各種成分分離法の課題等

を整理しながら,リグノセルロース系バイオマスを用いた

バイオリファイナリープロセスの今後を展望する。

講演 広島大学大学院先端物質科学研究科 D1  Mattana  TUNCHAI

Ralstonia solanacearumの植物感染に及ぼすリンゴ酸の影響に関する研究」

Ralstonia solanacearumは世界中で、多数の農業的に重要な作物に青枯病を引き起こす植物病原菌である。R. solanacearumは行動的応答である走化性を発揮し宿主植物の根に接近しその傷口から侵入・感染する。その走化性では、宿主植物の根から分泌される化合物をR. solanacearumが感知し、その濃度勾配に沿ってこの菌は宿主に接近するのである。すなわち、走化性は植物感染の最初期段階であるとみなせる。とするならば、この走化性応答に関与している化合物をまず明らかにし、その走化性を特異的に妨害・干渉すれば、R. solanacearumの植物感染を防除できる可能性がある。当研究室の研究により、植物感染に関わる物質のひとつとしてL‐リンゴ酸を特定している。また発表者の研究により、L‐リンゴ酸の非天然型異性体であるD‐リンゴ酸に対しても、R. solanacearumは強い走化性応答を示すことが分かっている。そこで、前述のアイデアを検証するために、事前にL‐リンゴ酸、D‐リンゴ酸及びDL‐リンゴ酸(工業製品で食品添加物)を土壌添加しトマトに対する植物感染試験を行った。その結果、いずれのリンゴ酸化合物もR. solanacearumの植物感染を遅延させることが分かった。R. solanacearumの種々の変異株を用いた試験から、L‐リンゴ酸は走化性を妨害することで植物感染遅延を引き起こすが、D‐リンゴ酸はそれだけではなく、twitching motilityという運動形態を阻害することで植物感染遅延をひきおこしているらしいことが分かった。さらなる研究を進め、リンゴ酸異性体を用いR. solanacearum植物感染防除技術を完成させたい。

司会 広島大学大学院工学研究院   特任助教 Thachanan SAMANMULYA

The 32nd Hiroshima University Biomass Evening Seminar was held.

Date & Time: Fri.19  Jun., 2015   16:20-17:50

Place: Engineering 110 Lecture Room, Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University 

<Program>

Commentary: Yukihiko MATSUMURA

        Professor, Institute of Engineering, Hiroshima University

Lecture:  Hiroshi  NONAKA    

Associate Professor, Graduate School of Bioresources

Mie University

“Separation of the components from lignocellulosic biomass”

Wood and stems of crops etc. are "lignocellulose"

mainly composed of cellulose, hemicellulose and lignin.

Because the three polymers form interpenetrating

polymer network structure, it is almost impossible too.

separate them as they are. In this presentation, I talk

about the problems of conventional separation methods

and discuss the future of biorefinery process using

lignicellulosic biomass.

Lecture:  Mattana  TUNCHAI

           D1  Student, Graduate School of Advanced Sciences of Matter, Hiroshima University

Studies on inhibitory effects of malic acid on plant infection of Ralstonia solanacearum

 Ralstonia solanacearum causes bacterial wilt disease in many economically important corps worldwide. Directed-motility, called chemotaxis, allows R. solanacearum to efficiently migrate and attack host root which is considered as critical early step for invasion. In the other word, this pathogen locate the plant root by sensing key chemotaxis compounds from root exudate, and direct their movement to the root before invade into it. Thus, there is the possibility that soil amended with the key compounds may cause a delay or even suppression the infection. In this study we evaluated the effect of the compounds, which R. solanacearum exhibited highly chemotactic response to, toward its virulence. Interestingly, sand amended with malic acid resulted in significantly lower wilt disease in gnotobiotic system of tomato than non-treatment. To clarify whether chemotaxis is mechanism behind this inhibition, non-chemotactic mutant strain was applied to the system. There were no difference of virulent level between L-malic acid and non-treatment. This result indicated that L-malic acid may be able to suppress key chemotaxis of R. solanacearum. On the contrary, the inhibition effect on wilt disease still be observed from D-malic acid treatment. This result can be explain by the evident that D-malic acid partially exhibited suppression effect on twitching motility, which is also required for full virulence in R. solanacearum.

Chair: Thachanan SAMANMULYA

      Assistant Professor, Institute of Engineering, Hiroshima University