本文へジャンプ


  文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(A)) (平成21〜23年度)
  (課題番号21249035、研究代表者 石川 澄(広島大学教授(現名誉教授)

  
「患者情報の信憑性を阻害する要因の検証に基づく病院情報システムの再構築」   研究成果

研究の目的
研究組織

研究成果トップ

第1章
はじめに(問題意識)
第2章
病院情報システムの稼働状況から見た信憑性の阻害要因
第3章
臨床現場から見た信憑性の阻害要因
第4章
信憑性向上基盤としての4階層モデル
第5章
4階層モデルの基盤としての正確性に関する議論
第6章
正確性・連続性を向上させるための解決案
第7章
通覧性・物語性を向上させるための解決案
第8章
長期間/複数施設におよぶ検査データの正確性・連続性の確保
第9章
様々な状況下での医療継続に必要な患者情報の信憑性確保と活用


本ページには、上記の研究成果の概要と、平成24年3月17日に開催した本科研費の最終成果報告会のプレゼンテーションファイルを掲載しました。是非ご参照ください。

【研究の目的】

第1章. はじめに(問題意識)

          石川 澄(広島大学・名誉教授)


第2章. 病院情報システムの稼働状況から見た信憑性の阻害要因

          津久間 秀彦(広島大学病院医療情報部・准教授)

第3章. 臨床現場から見た信憑性の阻害要因
       〜電子カルテから患者の病態の経緯が分かるか?〜

           合地 明 (岡山大学病院経営戦略支援部・教授)

第4章. 信憑性向上基盤としての4階層モデル

           奥原 義保(高知大学医学部附属医学情報センター・教授)

第5章. 4階層モデルの基盤としての正確性に関する議論

           木村 映善(愛媛大学医学部附属病院医療情報部・准教授)

第6章. 正確性・連続性を向上させるための解決案

           園田 武治(富士通株式会社)

第7章. 通覧性・物語性を向上させるための解決案

           堀 信浩(日本IBM株式会社)

第8章. 長期間/複数施設におよぶ検査データの正確性・連続性の確保

           片岡 浩巳(高知大学医学部附属医学情報センター・助教)

第9章. 様々な状況下での医療継続に必要な患者情報の信憑性確保と活用

           栗原 幸男(高知大学医学部看護学科基礎看護学・教授)




本文PDFファイル(研究の目的〜第9章)



本件に関するお問い合わせ先:
   広島大学病院 医療情報部 (津久間)
   E-mail: humind1※hiroshima-u.ac.jp (※を@に変更して下さい)


   Copyright:広島大学病院医療情報部