記事を検索できます 
日 本 語 史 研 究 会 掲示板
 [戻る] 
   お名前とメッセージを入力して下さい。もしお持ちならばメールと
   ホームページのアドレスを書いて下さい。書き込みボタンで完了です。
 お名前    
 メール    
 ホームページ 
 メッセージ  

 cookieに情報を登録  する しない

さい: 2018年6月25日(月) 20時46分02秒

 ありがとうございます。
 そうおっしゃって頂けると、励みになります。

 明日も、真夏の暑さなのでしょうね。

ゆうこ: 2018年6月25日(月) 12時27分29秒

時々、掲示板を読んでいます。

さい: 2018年6月24日(日) 21時09分51秒

 今日は、一日中、涼しい風が吹きました。

さい: 2018年6月24日(日) 8時26分10秒

 広島は、29度まで気温が上がる予報です。でも、曇って、涼しい朝です。

さい: 2018年6月22日(金) 21時25分59秒

 暑かったですね。

 また、『徒然草』の論文を書いています。
 今度は、第106段です。今期の演習で、気づきました。世に出るかどうか?

さい: 2018年6月21日(木) 21時15分59秒

 今日は、午前中の授業後、会議の連続でした。日本語史研究会には、参加できませんでした。(残念です。)

さい: 2018年6月20日(水) 20時38分52秒

 明日・あさっては、梅雨の中休みです。

さい: 2018年6月19日(火) 22時53分44秒

 日本、コロンビアに勝ちました。

さい: 2018年6月18日(月) 21時30分12秒

 あすはまた、雨の予報です。
 梅雨ですからね。

さい: 2018年6月17日(日) 21時05分32秒

 今日は、沼本先生のお宅に行って参りました。
 鳴門の原先生と一緒にお邪魔すること、3年目になります。
 奥様は、沼本先生蔵の古書類を広島大学に寄贈したい、というご希望でした。できるだけのことをしたい、と思います。

さい: 2018年6月16日(土) 21時59分41秒

 今日は、暑い一日でした。
 15時前に外を歩いている人が、「ちっとこれ、真夏ですか?」、と言っていました。

さい: 2018年6月15日(金) 22時13分46秒

 夕立があって、驚きました。梅雨の雨ではありませんでした。

さい: 2018年6月14日(木) 20時19分45秒

 今日は、会議と紀要執筆説明会のため、研究会に参加できませんでした。
 教育学研究科は、ドクターの学生も紀要に執筆することができます。これは、極めて珍しいことです。
 紀要は、研究科の顔です。最高の論文が投稿されることを、願っております。

さい: 2018年6月13日(水) 19時49分56秒

 東大寺図書館の長期休館は、トップページに掲示されていました。  http://culturecenter.todaiji.or.jp/index.html

 皆さん、何事もしっかり準備して、臨んでください。

さい: 2018年6月12日(火) 21時56分05秒

 きょうの『徒然草』演習も、よく準備された発表と、それに応えようという質問でした。
 古代語における「役割語」が見つかりそうです。

さい: 2018年6月11日(月) 20時30分35秒

と、はりきって東大寺図書館に行くと、改修のため長期休館中でした。ホームページには、何も書いていないのです。http://culturecenter.todaiji.or.jp/library/index.html
 奈良博は、15時の予約でした。どうしたものか。月曜なので、博物館・美術館・図書館の類は、休館です。
 春日大社にお参りし、正倉院に行き、奈良公園を歩き疲れて寝ていると、鹿が寄ってきて落ち着きません。
 依水園でくつろいでも、なかなか6時間は経ちません。
 そういえば、と思いだして、県庁に行きました。屋上から奈良市内を展望できます。お城の天守閣のような絶景です。
 15時から、奈良時代の写経に平安初期の訓点がある本を見せていただき、帰宅しました。

さい: 2018年6月10日(日) 20時34分18秒

 東京の調査を終え、奈良に来ています。
 明日は、東大寺図書館と奈良博で文献調査です。

さい: 2018年6月9日(土) 5時32分27秒

 では、行って参ります。
 今日は、東京です。

さい: 2018年6月8日(金) 21時16分19秒

 明朝から、また出張です。
 月曜夜に、帰宅します。

ゆうこ: 2018年6月8日(金) 17時11分24秒

トダさん! おめでとうございます。
とりあえず何でもいいのでお祝いしましょう!
先日、ちょうどお腹を壊したところでした。梅雨入り宣言の意味を知っておくべきでした。

[戻る]