本文へスキップ

仕事や職場

技術系職員特集

平成23年度採用

国立大学法人岡山大学 施設企画部施設保全課 
合田 真人

大学を造る!

仕事の内容

大学校舎や外構の工事における設計・積算・現場管理等を行っています。また、施設関係のトラブルがあった場合は現場へ行き、原因調査や対応を行います。

仕事のやりがい

一件の工事について、設計から工事完了まで約1年をかけて進めていきますので、完成時には大きな達成感があります。まだまだ未熟ですが、利用者に喜ばれる設備設計を考え、実際に反映させることができるのもやりがいの一つです。

職場の雰囲気

年齢の離れた上司の方々も優しく声を掛けてくださり、毎日楽しく仕事をしています。部署の各担当同士だけでなく、教員や設計士、施工業者の方など、たくさんの方々とつながりを持てる職場です。

後輩へのメッセージ

大学職員の中では認知度の低い職種ですが、大学の土台を造る非常に重要な仕事です。施設に関するさまざまな知識が得られますので、興味のある方はぜひ採用試験に挑戦してみてください。

一日の流れ
8:30
始業 
朝礼 
メールチェック
9:00
改修工事の設計 
設計士の方と電話で打ち合わせ
12:00
昼休み
13:00
工事業者担当と打ち合わせ
14:00
現場管理 施工完了部分の検査
15:00
工事関連書類のチェック
17:15
終業

ページトップへ戻る