RPCCSL Forum 2006

Research Project Center for the Comparative Study of Logic,
Hiroshima University

 

広島大学比較論理学プロジェクト研究センター

国際フォーラムの開催について

 

 広島大学比較論理学研究センターでは,中世哲学,インド哲学,チベット仏教学の分野で御活躍の三先生をお招きし,下記の通り,国際フォーラムを開催致します.来聴歓迎.

 

日:2006年3月8日(水) March 8, 2006

時:14:00〜17:00

所:文学研究科大会議室  Council Chamber,
Graduate School of Letters, HiroshimaUniversity

 

プログラム

Opening Address: Prof. Hidemi Mizuta

Dr. Shojiro Nomura: Reformation of Relativity and Uncertainty in Tibet

Chairperson: Yoshichika Honda (14:00〜14:30)

Prof. Yoshinori Ueeda: Aquinas, Being, and Actuality

Chairperson: Kiyoaki Akai (14:30〜15:00)

Prof. Brendan S. Gillon: The Development of Logic in Early Classical India

Chairperson: Hideyo Ogawa (15:00〜15:30)

(Tea Break)

Discussion (16:00〜17:00)

Chairperson: Hideyo Ogawa