広島大学大学院文学研究科
比較論理学プロジェクト研究センター
(仮設Webページ)


哲学・インド哲学「論文ゼミ」の記録


2011年度(前期) 第06回b
哲学・インド哲学 論文ゼミ
発表日:2011年06月17日(金9・10時限,B201)
発表者:阿南貴之(哲学, M2)
発表題目:直示について
配付資料:A4原稿8枚
プロトコル:小川貴信(西洋哲学, B4), 堀尾俊介(西洋哲学, B4)

1.発表要旨

 今回の発表で筆者は12世紀後半から13世紀はじめの哲学者であるペトルス・ヒスパヌスと 13世紀の哲学者であるビュリダヌスの直示作用(appellatio)を比較しその変遷を明確にす ることを試みた. これに際して, ヒスパヌスの/Summule Logicales /第十巻とビュリダヌ スの/Summulae de Dialectica /4巻5節を用いた. それぞれの直示作用についての概要を 記すと, ヒスパヌスのそれは項辞が現在ある対象を示す働きといえ, ビュリダヌスの直示 作用は項辞が本来意味するもの以外のものを示す働きであるといえる. このように, 両者 の直示の概念が異なっていることが明らかになった.


2.質疑応答

[問]直示作用, 代示作用, 表示作用とは何か.

[答]直示作用…ヒスパヌスの場合は、現存する事物を項辞が示す働きのこと.
代示作用…一般的にいうと、項辞が命題中で、ある事物の代わりをする働きのこと.
表示作用…意味を表示する働きのこと.

[問]項辞とは何か.

[答]命題がそれへと分解されるところのもの.

[問]アンチキリストが存在しない者であるとは, どういうことか.

[答]アンチキリストとはキリスト反対派のことではなく, キリスト復活前に現れて世界を 悪で満たす人のことを指し, その意味で存在しないということ.

[問]三つの作用(直示作用, 代示作用, 表示作用)は, ある命題形式をとったときの作用な のかそれとも, 例えば「人」といったように, ひとつの単語に三つの作用があるのか.

[答]命題形式をとったときの作用である.

[問]直格、斜格とは何か.

[答]直角は主格などの直示作用をもつもの. 斜格はそれ以外の対格, 与格, 奪格, 属格など.

[問]サンスクリットでは, 「暗示」があるが, 西洋においてそれに対応するものはあるか.

[答]わからない.

[意見]

・三つの作用の位置関係がわかりにくいので、表にしたり、オッカムとの対比で表すとよ いのではないか.

・引用中にある第一条項や、第二条項とはどこを指すのか。注釈ではなく、本文中に載せ るべきではないか.



戻る→ 哲学・インド哲学「論文ゼミ」