広島大学大学院文学研究科
比較論理学プロジェクト研究センター
(仮設Webページ)


哲学・インド哲学「論文ゼミ」の記録


2009年度(前期) 第9回
哲学・インド哲学 論文ゼミ
発表日:2009年06月12日(金9・10時限,B153)
発表者:服部美香(西洋哲学,B4)
発表題目:HendigerとCursus AstrorumについてーParacelsus Saemtliche WerkeのBruchstuecke des Buches Vonden fuenf Entien genannt "Volumen medicinae Paramirum de medica industria". (Paramirum Paramirum)のCaput VIII. を読んでー
配付資料:B5原稿3枚(両面)
プロトコル:光岡沙衣子(西洋哲学,B4)

1. 発表要旨

ルネサンス期に意思として活躍し,多くの著作を残したパラケルススの著書,Samtliche Werkeについて,前回の発表で現代ドイツ語訳で読んだ部分を原典(初期新高ドイツ語)にあたって確認した.天体の状態を味覚になぞらえて示している点について,AschnerとPeuckertの訳し方の違いについて疑問を持っていたため原典における表現を確かめた.また,原典と現代ドイツ語訳を比較して,Cursus Astrorumという言葉に疑問を持った.現代ドイツ語訳では「詳しくはCursus Astrorumにある.」とあり,前後の文脈からもその言葉の解釈が難しかったため原典で確認したが,この部分からだけでは疑問は解決しなかった.さまざまな疑問が残ったため,さらに原典を読み進めることや他の訳本や研究書などを参照することでさらに理解を深めたい.


2. 質疑応答

[問]Ens Astraleを日本語に訳すとどうなるか.

[答]「天体的実体」「天体因」など.

[問]39行目の「それらの悪性が生じる」というのはどういうことか.

[答]天変地異のようなものであると思われる.人ではなく,国や民族規模での災い.たとえばペストのようなもの.

[問]外的病因にはEns Astrale以外にどんなものがあるか.

[答]Ens Veneni(毒因、毒的実体)がある.個人の食生活の上で栄養摂取の面から身体にいいもの,悪いものがあり,悪いものであるEns Veneniが体内に蓄積されて病気になる.

[問]先にも問われた「それらの悪性」に関して,個人ではなく民族にかかる病気というのは,特定の民族にかかるものなのか.

[答]特定の民族ではなく,何万人単位など,個人に影響を与えるものではなく規模が大きいもののことである.

[問]同時代に彼の著作はどのように評価されていたのか.

[答] 当時はなかなか出版ができず,パラケルススの死後,弟子がまとめて出版している.

[問]治療は実際にしていたのか.

[答]していた.

[問]どのように治療していたのか・

[答]医薬品の調合などを通じて.当時はアヴィケンナなどの著作をマニュアルとしてそれに倣うのが普通であったが,パラケルススはそれには批判的であり,症状を観察しての対処をしていた.

[問]天体からの汗とは何か.

[答]天体から出る排出物のことである.

[問]天体がいい状態であるというのは,その配置のことであると考えられるが,このころは天体を観察できていたのか.

[答]惑星が作用すると書かれた箇所が多いので,暦などで確認していたのではないかと思う.また,目に見えない惑星もあるだろうが,肉眼で観察できる星を観察していたのだと思われる.

[問]天体に関していわれる「悪性」について,「悪性」とはどんなものであるのか.

[答]天体についての悪性に関しては不明だが,人間にとって病気であることには間違いない.

[問]62〜64行目の意味するところは何か.

[答]天体の状態は常に変化するということである.天体が「良いもののうちにある」というのはいい状態であるということであり,悪い地上の人間に病気という形で影響が出る.

[補]106行目Cursus Astrorumについて.「星のたどった道筋」といった意味で,キケロの著作De Natura Deorumや,フーゴーの著作Didascaliconにも同じ表現が見られる.「星からの汗」は,星の軌道をたどれば塵が噴出したように見えることをさしているのではないだろうか.alsは「詳細」という意味ではなく「近くに」という意味で捉えるべきでろう.

[問]Cursus AstrorumやEns Astraleについて,Ens Astraleは単数形であり,AstrorumはAstrumの複数形であるが,この違いは問題ではないか.

[答]確かにEntia Astrorumという表現も考えられうるが,実際にそのような表現を用いている部分は見ていない.




戻る→ 哲学・インド哲学「論文ゼミ」