広島大学大学院文学研究科
比較論理学プロジェクト研究センター
(仮設Webページ)


研究概要

 異なった文明間の対話と理解が最も求められている現在、インドとヨーロッパ、東洋と西洋の思考の根源を追究し、その一致点と差異点を一つ一つ緻密に比較検討することにより、相異なる文明間の対話可能な接点を見出すことを本研究プロジェクトの最終的な目的とする。
 そのために広島大学大学院文学研究科のスタッフを中心に、古代ギリシアの論理学、中世哲学、ドイツ観念論、現代論理学、現代言語哲学、インド論理学、仏教認識論、インドの言語哲学と修辞学を専門領域とする研究者が、各自が指導する大学院生とともに参加するセミナーを定期的に開催し、それぞれの研究成果を発表し、その内容を全員で検討する。「論証」「弁論術」「問答法」などの論理学に関わるものだけでなく、「言葉」「意味」「文法」「沈黙」「存在」「知性」「自己認識」など思考の根源に関わるキーワードに関して自由討論を積み重ねることにより、東西の思考方法の接点を見出していく。
 また、単に教官レベルでの共同研究ではなく、様々なバックグラウンドを持った複数の教官が、強い専門性と柔軟な複眼的思考ができる研究者を育成するという教育的目標を持つことを強調しておきたい。そのために大学院学生の積極的な参加を推進する予定である。そして、単なる勉強会に終わらせず、各自の研究成果を積極的に外に発信していくことを目指す。



戻る→ index