支部紹介

日本化学会中国四国支部の紹介

日本化学会は明治11年(1878年)に創立され,化学系学協会の中では最大の会員数を擁する化学と化学工業の基幹学会です (日本化学会本部ホームぺージより)。
東京に本部を置く一方,全国に7支部を持ち,各支部の協力により化学・化学工業に関する種々の情報の発信, 年会・討論会等各種研究発表会の開催, 講演会の開催等の行事を行っています。
日本化学会中国四国支部は約1900名の個人会員(平成28年度2月現在)および21の法人会員に支えられており, 中国四国地区の化学と化学工業の活性化および専門家集団の相互交流・レベルアップを目的として,種々の事業を行っています。

 事業内容は各県からの代表幹事からなる幹事会において議事を経て決定されます。
決定された各種の行事をスムーズに実行するため支部事務局が存在し,現在広島大学 大学院理学研究科化学専攻内に置かれています。
そこには専任の職員が常駐し業務に当たっています(支部内規)。
日本化学会への入会手続きは簡単です。 本部の入会案内をご覧の上お申し込み下さい。
なお不明の点があれば事務局まで気軽にお申し出下さい。

支部長挨拶

日本化学会中国四国支部の平成28年度支部長を仰せつかりました広島大学の佐野です。この一年間、支部役員の皆様とともに、支部の運営に尽力してまいる所存です。支部会員の皆様、ご助力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

日本化学会定款に「化学に関する、学術の進歩・技術の発展・産業の振興・知識の普及、ならびにそれらを担う人材の育成を図り、もって社会の発展に寄与する」と謳われております。人類の発展、世界平和のためにこれは正しい方向に理解され、向かっていかなければなりません。誤った方向に進み、発展すればそれは人類の未来にとって非常に危険なことです。そのような事態を避けるため、これからの社会の発展を担う人材育成は非常に重要であると考えます。

 また、日本化学会全体の課題でもありますが、中国四国支部でもここ数年の会員数減少が顕著に見られます。特に産業界の個人正会員数の減少を抑制し、今後増加させる方向へもって行くために、現在様々な取り組みを検討している所です。

 さらに、日本化学会では「化学会のグローバリゼーション」に従い、95年会(2015年)から年会の英語化・国際化に取り組んでいるところであります。中国四国支部でも英語講演の必要性を認めるところではありますが、まずはポスター発表の英語化などから進めていきたいと考えております。

2013年に復活した「中国四国支部大会」は、今年度は香川で開催されます。学生や若手研究者の研究発表の場および支部会員の交流の場として是非ご参加ください。なお、「中国四国産学連携化学フォーラム」は広島と愛媛で、「地区化学講演会」は山口と岡山で開催されます。そして毎回大好評をいただいております、主に小中学生とそのご家族を対象とした「おもしろワクワク化学の世界」は広島で、ミニ版は岡山で開催されます。またこれ以外にもさまざまな学術集会の共催や後援を行っております。

 中国四国支部では以上のような活動を通じて、社会の発展に貢献していきたいと願っております。支部の今後の活動へのご理解とご協力を賜りますよう、改めてお願い申し上げます。

平成28年度日本化学会中国四国支部長

佐野庸治

支部幹事

平成28年度の支部幹事の情報はPDFデータを参照して下さい。

日本化学会中国四国支部内規


(総 則)

第1条 公益社団法人日本化学会中国四国支部(以下「本支部」という。)に関する規定については、

定款および支部規程に定めるもののほかこの内規の定めるところによる。

(構成員)

第2条 本支部の構成員は、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、

     高知県の日本化学会会員とする。

(事 業)

第3条 本支部は、本会の目的を達成するために、次の事業を行なう。

 1.研究発表会、学術講演会、討論会、地方大会および見学会などの開催

 2.関連学協会との連絡および協力

 3.その他必要な事業

(事 務 所)

第4条 本支部は、事務所を東広島市、広島大学内に置く。

(役 員)

第5条 本支部に次の役員を置く。

      支部長      1名

      副支部長     4名

       (内2名は次年度支部長候補および支部化学教育協議会委員長とする。)

      支部幹事    41名以内

       (内1名は支部化学教育協議会次期委員長とする。)

      支部監査     2名

第6条 前条の役員(以下「支部役員」という。)は、本支部会員中より毎年1月末日までに、

    本支部幹事会において選出する。

  ② 支部役員に欠員のできた場合には、幹事会に於いて補充を行なう。ただし、幹事会に

    おいて事務執行に差し支えないと認めたときは、その補充を行なわない。

第7条 支部役員の任期は、支部規程第7条に定めるところによる。

  ② 支部役員は、任期が満了しても、後任者の就任まではその職務を行なうものとする。

  ③ 補欠による支部役員の任期は、前任者の残任期間とする。

第8条 支部役員は、それぞれ支部規程第8条に定められた職務を行なう。

第9条 本支部の事業を達成するために、支部長は幹事の中から、事務局長、庶務幹事、

    会計幹事若干名を委嘱する。そのほか特定の事業を遂行するために、臨時に委員若干名を

    委嘱することができる。

(幹 事 会)

第10条 幹事会は、支部長、副支部長、支部幹事をもって組織し、必要に応じて支部長がこれを招集する。

  ② 幹事会の議長は、支部長とする。

  ③ 支部長は、必要と認めたとき、幹事会に支部監査、支部選出の本会役員

    の出席を求め、意見を問うことができる。

第11条 幹事会は、次の事項を審議する。

1.支部事業の企画ならびにその実施に関する事項

2.地域内の代議員選挙の事務に関する事項

3.編集委員および諸委員などの候補者推薦に関する事項

4.支部運営に関するその他の事項

第12条 幹事会は、全幹事の2分の1以上の出席がなければ成立しない。ただし、委任状を

    提出した者は、これを出席者と認めることができる。

(事業計画・収支予算)

第13条 本支部の事業計画およびこれにともなう収支予算は、毎会計年度開始前に支部長が

    編成し、幹事会の議決を得なければならない。

事業計画および収支予算を変更した場合は、幹事会の承認を得なければならない。

(収 支 決 算)

第14条 本支部の収支決算は、年度の終りに支部長が作成し、支部監査の承認を経て、事業報告

    とともに幹事会に提出しなければならない。

(寄 付)

第15条 本支部に関する寄付金品の受領については、幹事会の承認を得なければならない。

(内規の変更)

第16条 この内規は、幹事会の決議を経なければ、変更することができない。

 附 則

この内規は、昭和36年 5月26日から施行する。

附 則(昭和39. 5.16 一部改正)

この改正内規は、昭和40年 3月 1日から施行する。

附 則(昭和47. 1.29 一部改正)  

この改正内規は、昭和47年 3月 1日から施行する。

附 則(昭和47.10.29 一部改正)  

この改正内規は、昭和47年10月29日から施行する。

附 則(昭和54. 4.21 一部改正)

この改正内規は、昭和55年 3月 1日から施行する。

附 則(昭和57. 1.30 一部改正)

この改正内規は、昭和57年 3月 1日から施行する。

附 則(昭和59. 1.28 一部改正)

この改正内規は、昭和59年 3月 1日から施行する。

附 則(昭和60. 2. 2 一部改正)

この改正内規は、昭和60年 3月 1日から施行する。

附 則(平成 2. 8. 3 一部改正)

この改正内規は、平成 2年 8月 3日から施行する。

附 則(平成 4. 2. 1 一部改正)

この改正内規は、平成 4年 2月 1日から施行する。

附 則(平成 4.10. 9 一部改正)

この改正内規は、平成 4年10月 9日から施行する。

附 則(平成 7. 7.22 一部改正)

この改正内規は、平成 7年 7月22日から施行する。

附 則(平成 9. 1.25 一部改正)

この改正内規は、平成 9年 1月25日から施行する。

附 則(平成23. 4. 9 一部改正)

この改正内規は、平成23年 4月 9日から施行する。

附 則(平成25. 1.27 一部改正)

この改正内規は、平成25年 1月27日から施行する。