理系の考える神様

この3月で卒業されるみなさん,ご卒業おめでとうございます.中には大学院に進学する人もいますが,皆さん近い将来就職することになります.そこで今日は,いずれ社会人になる皆さんに向けた話をひとつしたいと思います.それは,理系の考える神様の話です.

みなさん,神様っていると思いますか?それ以前に,神様っているのかどうか考えたことありますか?仏教なら神様ではなく仏様あるいはお釈迦様になるかもしれませんが,私は父も母も寺の出身なので自然と仏教とは縁がありました.さらに,幼稚園はキリスト教系の女子短期大学附属幼稚園でしたので,幼いころから神様や仏様を比較的身近に感じていました.でも,ここでは,神様と言っても宗教の話をしようと思っているわけではありません.ここで神様という言葉を使って問いかけたのは,人間を超越した力を持つ存在を信じますかということです.

人間を超越した力を信じるかどうかは別として,自分の意志とは関係なく未来が決まる例はいくらでもあげることができます.たとえば,さいころの目もその例のひとつでしょう.さいころを振ると1~6のいずれかの数字が出ます.普通にさいころを振ってどの数字が出るかは人間にはわかりません.でも,さいころを振れば同じ確率で1~6の数字のいずれかがでます.ここでちょっと見方を変えてみましょう.人は1~6の数字のどれかが出ることまではわかっていても,どの数字がでるかまではわかっていません.どの数字を出すかを決める誰かがいると思えば,それは人間を超越した力をもつ存在です.同じように,いつ自分が死ぬかは普通わかりません.その日を決める誰かがいると思えば,それはやはり人間を超越した力を持つ存在です.つまり,日常の中で確率的に起こることを決める誰かがいると思えば,それは人間を超越した力を持つ存在であり,すなわち神ということではないかと思うのです.言い換えると,確率的に起こった結果について,確率というものを擬人化したのが神ではないかと私は思います.これが今日お話をしたい理系の考える神様です.

いずれの宗教も信仰していない,だから神の存在も信じないという人がいるかもしれません.でも,確率という考え方を受け入れられないという理系の人はいないでしょう.先ほどさいころと死を例にとりましたが,世の中のほとんどのことは確率的に起こっています.みなさん,広島大学に入学しましたが,試験の合格と不合格の境は紙一重で実力に有意な差はありません.工学部第二類に進学すると,課程配属や卒研配属があり,それぞれ進路が異なりますが,進学先が本当の実力を反映しているというわけではありません.みなさんの就職先も,当初思い描いていたのとは若干異なる企業に決まることも多いですよね.実力がありのまま反映された運命が待っていたと考えるよりも,確率的に不確かな要素も含んで運命が決まったと考えるのが自然ではないでしょうか.もちろん,人生いつも希望通りという人もいるかもしれませんが,それは大変運の良い,言い換えれば神様がいつも自分の方を振り向いてくれていた人なのでしょう.1000人いれば,じゃんけんで10連勝する人もひとりくらい出てきます.これはその人がじゃんけんに関して特殊な能力を持っていたということには必ずしもなりません.神様が何回か連続で自分を振り向いてくれていたとしても,次も振り向いてくれるとは限らないことくらいみんな経験で知っています.

もちろん,運を天に任せてただ時を待てばよいのではありません.多くの場合,自分の努力で成功する確率をあげることは可能です.何もしなくても成功する確率が10%だったものを,努力によって成功する確率を90%に持ち上げることはできます.言い方を変えると,努力しない人にも神様はたまに振り返ってくれますが,努力すれば神様は頻繁に自分の方を振り向いてくれるということです.近頃,自己責任という言葉がよく使われますが,結果はすべて自己責任と考えることは理系の考える神様に目が向いていないのかもしれません.実力と確率で結果は決まる,人間と神様の両方で結果が決まる,そう思うとひとつの成否だけで自己責任とか実力通りと考えるのは無理があるような気がします.

ここで,もうひとつ確率すなわち理系の考える神様についての話をしたいと思います.みなさん大数の法則は聞いたことありますよね.試行回数が多くなれば,あることが起こる統計的な確率は理論的な確率に近くなるという法則です.どのような確率であっても,チャレンジする回数を増やせば自然と成功体験も増えてきます.もし成功体験を増やそうと思うなら,日ごろの努力をすることと,チャレンジする回数を増やすことのその二つが必要です.努力を重ねれば成功する理論確率は上がるでしょう.ただ,神様は気まぐれですから,努力してもすぐに次のチャレンジで成功させてもらえるとは限りません.でも,努力しながら何度もチャレンジすれば確率と試行回数の掛け算で決まる成功体験の数は飛躍的に増えることになります.成功体験を増やすには努力とチャレンジ回数の両方が必要なのです.

さて,努力が大事ということは言われなくてもわかっているよと思うかもしれませんが,具体的には何をすればいいのでしょうか.そのヒントになる1つのお話を紹介したいと思います.1兆円企業の組織改革と業績拡大を成し遂げた大和ハウス工業代表取締役会長兼CEOの樋口武男さんは,「凡事を極める」ことを重要視していたそうです.非凡なことを成し遂げようと思うなら,基本的な事柄を徹底しなさいということです.先ほどの確率という意味での神様に微笑んでもらうことを考えてみましょう.次のチャレンジだけに特化した努力をしても,そのまた次のチャレンジで成功するとは限りません.たとえば,明日の数学の試験の勉強をしたからと言って,それが明後日の物理の試験の点数には必ずしもつながらないでしょう.でも,明日の数学の点数をあげるという目標だけにとらわれず,毎日少しずつ講義の復習をするという目標を掲げていれば,あらゆる科目の点数をあげることにつながります.目先の成功だけを追いかけずに,日ごろからやるべきことを見極め実行する,先の未来につながる努力を心がける,そういうことが重要なのではないでしょうか?こう思うと神様というのは実は凡事が好きなのかもしれません.みなさんが社会にでるとき,これまで経験したことのない新しいことを学んだり,自分で考えて行動したりすることも多く起こることでしょう.何かを成功させる,そして成功する確率を継続的にあげるためには,目の前の課題だけにとらわれていてはいけないのです.たとえば,時間を見つけて本を読む,人との約束は守る,規則正しい生活をする,決められた仕事をこなす,人の話をよく聞くなど子供のころから基本的に良いと言われていた行いを心がける,そういう努力が重要なのではないかと思います.

人生を切り開くのはこれだけでよいというマニュアルなどありません.もちろん誰かが手取り足取り教えてくれるわけではありません.これから自分の人生を切り開くとき,理系の考える神様の存在を頭におき,神様の好きな凡事を極める,そういう人になってほしいと思います.