長い時間の流れの中で研究を考える

40億年前地球上に生命の起源が誕生し,数多くの絶滅や進化の過程を経て今の生命系が形作られました。前の世代の遺伝子を引き継ぎ後の世代に伝えることは生命の基本的な営みです。その基本的な営みに長けていた種が長い時を生き延びてきました。すなわち,遺伝子をバトンタッチする能力は長い年月を生き延びるためにはもっとも大事な能力と考えられます。一方で,学問でも生命のリレーと同じような状況を考えることができます。高度な文明を維持するために、前の世代から知識を引き継ぎ,時代に合わせて修正を加えながら次の世代に引き継ぐことが必要です。学問は,その知識を引き継ぐためのツールです。

なぜ人は勉強するのでしょうか。この答えのひとつは,生きるために必要な知恵を前の世代から引き継ぎ,自分と次の世代が生きるためではないでしょうか。勉強が自分あるいは今生きている世代のためだけであったらどうなるでしょう。勉強が次の世代に知識を引き継ぐことを目的としないなら,今の世の中がここまで発達することはなかったろうと思います。工学の分野では,喫緊の課題を解決するソリューション型の研究の重要性が増してきました。ソリューション型の研究であっても、基本のスタイルは,前の世代から知恵を引き継ぎ,次の世代へと引き継ぐリレー型です。目の前の課題を予備知識なく解決することなどできません。そして、解決手法は他へ応用可能なほど優れていることが期待されるのです。

それでは、自分の死後にまでその成果が意味を持つ研究を目標とするにはどうすればよいでしょうか。まず、たとえ形を変えたとしても継承されなければ歴史の中に残ることはできません。心血を注いだ研究といえども受け取る人がいなければ淘汰されてしまいます。そして、長い年月の中では、研究も遺伝子の淘汰と似た過程を経ることになります。風雪にさらされても淘汰されないだけの価値を持つか、歴史の審判に勝ち残らなければなりません。研究分野が成熟する過程で当初の目標が世の中のニーズに合わなくなることもあります。そうなると、そのままの形で知恵を受け取る必要がなくなってしまいます。しかし,研究成果のコンセプトの本質を他へ応用可能な形に変えることもできます。そして、それをほかの知識と結び付けひとつの物語とする、それが体系化です。そうなれば、当初想定していなかった分野でその知恵が生き続ける可能性があります。研究成果が次の世代で生き残る可能性を増やすにはどうすればよいでしょうか。それには、当初想定していなかった継承者を意識することも必要です。つまり、同業の専門家が技術を引き継ぐという暗黙の前提から離れることが大事です。知恵を普遍化しさまざまな分野に応用できれば,自分の世代で技術が消滅することを避けられるかもしれません。

私たちが生きている今の社会の豊かさは,我々よりも前の時代の知恵の結集です。今は豊かさの追求よりも,この世界を持続可能にすることが大きな課題と言われています。環境問題,資源問題などさまざまな課題に英知をつぎ込むことが求められています。このような新しい課題は,今の自分たちのためだけのものと考えるのでは不十分です。次の世代にその英知を引き継ぎ,長い時間をかけて解決すべき課題として取り組むべき研究と考えることも必要ではないでしょうか。その中で,少しでも次の世代に貢献できるように,具体的な研究課題に取り組むことはもちろん大事です。そのうえで、研究成果の本質を明らかにし、想定外の継承者への意識を持ち続けることも大事だと思います。