2001

Book

  1. K.Hoh, T.Tsujita, T.Irita, Y.Aihara, J.Irisawa, A.Imamura and M.Fujishima Brainware: Bio-Inspired Architecture and its Hardware Implementation, (Ed.) T. Miki, World Scientific, Chapt. 7, 2001

Journal

  1. O’uchi S, Tsubokura T, Tajima T, et al. Charging and retention times in silicon-floating-dot-single-electron memory JPN J APPL PHYS 1 40: (3B) 2041-2045, MAR 2001
  2. 松浦 研、福岡哲也、田辺 亮、藤島 実、鳳紘一郎 金属ゲートを用いた相補型集積の容易なショットキー障壁MOSトランジスタ 電気学会論文誌C、Vol. 121-C、No. 3, pp. 499 – 508, 2001. 3

International Conferences

  1. S.O’uchi,M. Fujishima,K.Hoh A Programmable SIMD Processor for Universal Quantum-Circuit Simulator Extended Abstract of the 2001 Int. Conf. On Solid State Devices and Materials, p. 402, 2001. 9, Tokyo
  2. M. Fujishima,S.O’uchi and K.Hoh Programmable Quantum Computing Emulator Implemented on FPGA Boards Bulletin of the Stefan University Vol. 13, FSRC-Frontire Science Research Conf. Science and Technology of Silicon Materials— p. 23, 2001. 8, La Jolla, CA
  3. M. Fujishima,S.O’uchi and K.Hoh Fractal-Structured Quantum Processor 2nd CREST Symp. On Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomenon, p. 86, 2001, Tokyo

Domestic Workshops

  1. 千葉 智子、大内 真一、藤島 実、鳳 紘一郎 プログラマブル量子計算エミュレータ 電子情報通信学会総合大会、2001年3月、草津
  2. 今村 晃、藤島 実、鳳紘一郎 カオスを用いたパイプライン型AD変換器のオートキャリブレーション 電子情報通信学会2001年総合大会, SA-1-5, 2001年3月26日、立命館大学
  3. 千葉智子、大内真一、藤島 実、鳳紘一郎 プログラマブル量子計算エミュレータ 電子情報通信学会2001年総合大会、D-6-3、2001年3月27日、立命館大学
  4. 今村 晃、藤島 実、鳳 紘一郎 カオスを用いたA/D 変換器のオートキャリブレーション 2001年電子情報通信学会総合大会、基礎・境界 SA-1-5、2001年3月、草津
  5. 千葉智子、大内真一、藤島実、鳳紘一郎 プログラマブル量子計算エミュレータ 電子情報通信学会 回路とシステム研究会資料、 p.1 CAS2000-78, 2001. 3, 草津
  6. 藤田隆史、藤島 実、鳳紘一郎 低雑音増幅器におけるオンチップインダクタの寄生抵抗の影響 電子情報通信学会2001年総合大会、A-1-16、2001年3月27日、立命館大学
  7. 大内 真一、藤島 実、鳳 紘一郎 8-qubit CMOS量子プロセッサ 第5回量子情報技術研究会資料(電子情報通信学会 量子情報技術時限研究専門委員会, 2001, 厚木)
  8. 田辺 亮、藤島 実、鳳 紘一郎 PtSi,ErSi2を用いた相補型ショットキーMOSFET 第62回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, 13a-P9-16, 2001. 9, 愛知
  9. 鳳紘一郎、藤島実、大内真一、千葉智子 シリコン集積回路による量子コンピューティングへの挑戦 第13回電気電子情報学術振興財団ワークショップ, 2001. 1, 東京

Report

  1. 藤島 実 工学研究・教育におけるリスクとリターン Break Through No.181, pp. 9-12, 2001. 8