2003

Journals

  1. M.Fujishima, K.Saito and K.Hoh, “16-qubit quantum computing emulation based on high-speed hardware architecture,”?Jpn. J. Appl. Phys., Vol. 42,pp. 2182-2184, 2003. 4
  2. K.Yamamoto, T.Norimatsu and M.Fujishima, “1 V 2 GHz CMOS frequency divider,”?Electronics Letters – IEE, vol.39, No.17, pp.1227-1228, 2003. 9

International Conferences

  1. M.Fujishima, K.Saito, M.Onouchi and K.Hoh, “High-speed processor for quantum-computing emulation and its application,”
    PROCEEDINGS of the IEEE Int. Symp. on Circuits and Systems. Vol.IV, pp.884-887, 2003. 5, Bangkok, Thailand
  2. K.Yamamoto, M.Fujishima and K.Hoh, “Optimization of shield structures in analog integrated circuits,”?PROCEEDINGS of the IEEE Int. Symp. on Circuits and Systems. Vol.I, pp.753-756, 2003. 5, Bangkok, Thailand
  3. M.Fujishima, K.Hoh, “High-speed quantum computing emulator utilizing a dedicated processor,”?SPIE Int. Symp.on Fluctuations and Noise. pp.281-287, 2003. 6, Santa Fe, New Mexico, USA
  4. M.Fujishima, K.Inai, T.Kitasho, K.Hoh, “75-qubit quantum computing emulator,”?Extended Abstracts of the 2003 International Conference on Solid State Devices and Materials, pp.406-407, 2003. 9, Tokyo
  5. K. Ishida, M.Fujishima, “Chopper-stabilized highpass sigma delta modulator utilizing a resonator structure,”?IEEE Transactions on circuits and systems-2:Analog and digital signal processing, vol.50, no.9, pp.627-631, 2003. 9
  6. [h] Minoru Fujishima, Ken Yamamoto
    A 1.0V 10.2GHz CMOS frequency divider with differential injection locking,”?2003 IEEE Topical Conference on Wireless Communication Technology,2003. 10, Honolulu, Hawaii
  7. Minoru Fujishima, Koichiro Hoh, “Abstract emulation of quantum computing,”?The 5th International Workshop on Future Information Processing Technologies (IWFIPT),2003. 11, Miyazaki
  8. M.Fujishima, “FPGA-based high-speed emulator of quantum computing,”?IEEE International Conference on Field-Programmable Technology (FPT’03) pp.21-26, 2003. 12
  9. M.Fujishima, “LSI-based efficient emulation overcoming algorythmic restrictions inherent in quantum computers,”?Fluctuation and Noise Letters (FNL), Vol.3, No.4(2003), pp.C9-C17, 2003. 12
  10. 小野内 雅文、斉藤 康祐、藤島 実、鳳 紘一郎, “FPGAを用いた高速量子計算エミュレータ ,”?電子情報通信学会技術研究報告[VLSI設計技術] Vol.102 ,No.609p.67-72, 2003. 1, 東京
  11. 小玉 輝、藤島 実、鳳 紘一郎, “PtSiショットキー障壁MOSFETのソース端ショットキーダイオードの特性解析,”?第50回応用物理学関係連合講演会 予稿集28p-ZV-15, p.966, 2003. 3, 横浜
  12. 杉浦 邦晃、三田 吉郎、藤島 実、鳳 紘一郎, “Siシャドウマスクのメカニカルアラインメント精度向上,”?第50回応用物理学関係連合講演会 予稿集28a-ZV-2, p.958, 2003. 3, 横浜
  13. 小野内 雅文、藤島 実、鳳 紘一郎, “役割の異なる量子ビットに生じる量子エラーが量子計算に与える影響,”?第50回応用物理学関係連合講演会 予稿集28p-N-10, p.234, 2003. 3, 横浜
  14. 藤島 実、山本 憲、乗松 崇泰、鶴田 和弘, “厚膜酸化層を用いたシリコン高周波IC― 電圧制御発振回路の低消費電力化 ―,”?電子情報通信学会2003年総合大会講演論文集 エレクトロニクス C-12-38, p.107, 2003. 3, 宮城
  15. 山本 憲、藤島 実、鳳 紘一郎, “リングオシレータを用いた1/2周波数分周器,”?電子情報通信学会2003年総合大会講演論文集 エレクトロニクス C-2-21, p.53, 2003. 3, 宮城
  16. 木野 順、藤島 実、鶴田 和弘, “厚膜酸化プロセスを用いたインダクタの特性評価 ,”?電子情報通信学会 集積回路研究専門委員会9月研究会,pp.47-52, 2003. 9, 愛知
  17. 乗松 崇泰、山本 憲、藤島 実、鶴田 和弘, “厚膜酸化プロセスを用いた低消費電力無線通信回路,”?電子情報通信学会 集積回路研究専門委員会9月研究会,pp.53-58, 2003. 9, 愛知
  18. 斉藤 康祐、藤島 実、鳳 紘一郎, “NP問題を高速に解く二分探索機能を持つ並列プロセッサ,”?電子情報通信学会 ソサエティ大会 一般講演 C-12-6(集積回路C), p.81, 2003. 9, 新潟
  19. 乗松 崇泰、藤島 実, “5GHz帯向けMOSFETの基板回路網モデル,”?電子情報通信学会 ソサエティ大会 一般講演 C-12-13(集積回路C), p.88, 2003. 9, 新潟
  20. 木野 順、藤島 実
    螺旋型および対称型インダクタのポート間容量の比較
    電子情報通信学会 ソサエティ大会 一般講演 C-12-16(集積回路C), p.91, 2003. 9, 新潟
  21. 稲井 健人、藤島 実、鳳 紘一郎, “ゼロでない確率を持つ基底の遷移に基づく量子計算エミュレーション,”?第64回応用物理学会学術講演会30a-ZC-1, p.459, 2003. 8, 福岡

Exhibition

  1. 藤島 実、小野内 雅文、稲井 健人、北庄 哲郎、鳳 紘一郎, “量子コンピューティングの原理を利用した超高速並列シリコンプロセッサ,”?第2回つくばテクノロジー・ショーケースP-40, 2003. 1, つくば