2004

Journal

  1. M. Fujishima, K. Inai, T. Kitasho and K. Hoh, “Large-scale emulation of quantum computing based on nonzero state transitions,”?Japanese Journal of Applied Physics Vol. 43, No. 4B, 2004, pp. 1690-1694 Apr 2004.

Conferences

  1. K.Yamamoto and M. Fujishima, “4.3GHz 44uW CMOS frequency divider,”?2004 IEEE International Solid-State Circuit Conference, pp.104-105, Feb 2004, San Francisco, USA
  2. K. Hoh and M. Fujishima, “High-speed RF/digital design with low-power consumption,”?Proceedings of International Symposium on Electronics for Future Generations,” pp.89-94, Mar 2004, Tokyo
  3. K.Yamamoto, T. Norimatsu and M. Fujishima, “High-speed and wide-tuning-range LC frequency dividers,”?2004 ISCAS International Symposium on Circuits and Systems, May 2004, Vancouver, Canada
  4. M. Fujishima, J.Kino, “Accurate subcircuit model of an on-chip inductor with a new substrate network,”?2004 IEEE Symposium on VLSI Circuits, Jun 2004, Honolulu, USA
  5. K.Yamamoto. M. Fujishima, “55GHz CMOS frequency divider with 3.2GHz locking range,”?2004 European Solid-State Circuit Conference, Sep 2004, pp. 135-138, Leuven, Belgium
  6. M. Fujishima and K.Yamamoto., “High-performance frequency dividers utilizing differential locking (invited),”?The 7th International Conference on Solid-State and Integrated-Circuit Technology Oct. 2004, pp. 1476-1481, Beijing

Domestic Workshops

  1. 藤島 実, “低電源電圧位相ロックロープ回路の最適設計,”?第2回21世紀COEワークショップ‐未来社会を担う機能融合デバイスとシステムフォトニクス pp.13-20 東京大学本郷キャンパス/武田ホール 2004年1月
  2. 乗松 崇泰、藤島 実
    スケール依存を考慮したMOSFETの基板抵抗モデル
    電子情報通信学会 総合大会 一般講演C-12-30, p.132, 2004.3, 東京
  3. 稲井 健人、北荘 哲郎、藤島 実、鳳 紘一郎
    量子計算アルゴリズムの開発に適したLSIプロセッサの試作
    電子情報通信学会 総合大会 シンポジウム講演 SC-11-18, pp.S85-86, 2004.3, 東京
  4. 北荘 哲郎、稲井健人、藤島 実、鳳 紘一郎
    専用プロセッサを用いた大規模量子計算シミュレーション
    電子情報通信学会 総合大会 シンポジウム講演 SC-11-19,pp.S87-88, 2004.3, 東京
  5. 杉浦邦明、藤島実、鳳紘一郎
    相補型ショットキーソース・ドレインMOSFETのシリコンシャドウマスクを用いた集積化
    第51回応用物理学会関係連合講演会 29a-ZH-4, p.964, 2004.3, 東京
  6. 小玉輝、藤島実、鳳紘一郎
    ショットキーソース/ドレインMOSFETにおけるソース端トンネル障壁の評価
    第51回応用物理学会関係連合講演会 29a-ZH-1, p.963, 2004.3, 東京