広島大学大学院 麻酔蘇生学 医歯薬保健学研究院統合健康科学部門 Department of Anesthesiology and Critical Care, Graduate School of Biomedical and Health Sciences, Hiroshima University

専門医養成プログラム

麻酔科専門医研修プログラム 概要

広島大学病院責任基幹施設型 日本麻酔科学会麻酔科専門医研修プログラムとは

1.プログラムの概要と特徴

責任基幹施設である広島大学病院、基幹研修施設である県立広島病院、安佐市民病院、国立病院機構呉医療センター、関連研究施設の広島総合病院、中国労災病院、国立病院機構東広島医療センター、尾道総合病院、国立国際医療研究センターにおいて、専攻医が整備指針に定められた麻酔科研修カリキュラムの到達目標を達成できる教育を提供し、十分な知識と技術を備えた麻酔科専門医を育成する。
なお研修プログラムへの参加者は入局者という位置付になります。
日本麻酔科学会のプログラムはこちら⇒(広島大学病院麻酔科専門医研修プログラム

2.プログラムの運営方針

研修の前半2年間のうち1年間、後半2年間のうち6ヶ月間は、責任基幹施設で研修することを原則とする。各施設での研修の時期や期間については状況に応じて研修プログラム管理委員会で調整する。
卒後臨床研修の修了後6ヶ月以内に研修開始登録を行った場合には、卒後臨床研修の開始時点まで遡って登録したものと見做し、卒後臨床研修中の研修期間、経験症例を加えることができる。
研修内容・進行状況に配慮して、プログラムに所属する全ての専攻医が経験目標に必要な特殊麻酔症例数を達成できるよう研修ローテーションを構築する。

 

I. 広島大学病院麻酔科での研修到達目標

術中麻酔管理を中心とした周術期管理を通じて,患者の全身管理を行える知識・技術を習得することを目標とする。同時に救急医療・集中治療およびペインクリニック領域での研修も可能とする。なお希望者は大学院に進学し臨床および基礎研究に従事する。

一般目標

  • (1) 臨床医として相応しく,診療に適切な接遇・礼節を身につける。
  • (2) 全身麻酔・区域麻酔・局所麻酔に関する知識・技術を習得する。
  • (3) 手術患者の全身状態を適切に評価し,周術期管理計画をたてる能力を身につける。
  • (4) 各種モニタリングに習熟しその臨床応用に関する技術を研修する。
  • (5) 術後痛管理を実践し,疼痛に関する知識および治療技術を身につける。
  • (6) 学術的研究力,プレゼンテーション能力を習得する。

行動目標

A 術前評価

  • (1)術前検査(血液検査,画像診断,生理学的検査)の評価能力の習得
  • (2)適切な術前投薬計画,追加検査計画の立案能力の養成
  • (3)緊急手術症例の評価および術前指示能力の養成

B 術中麻酔管理

  • (1)麻酔器を用いた気道確保と人工呼吸管理
  • (2)気管挿管およびラリンジアルマスクによる気道確保
  • (3)全身麻酔の導入・維持
  • (4)脊髄くも膜下麻酔・硬膜外麻酔
  • (5)術中体液・電解質管理,適正な輸血療法および体温管理
  • (6)中心静脈穿刺,動脈穿刺およびカテーテル挿入
  • (7)全身麻酔の覚醒,適切な術直後の全身管理

C 術後管理

  • (1)集中治療室における高侵襲手術後の全身管理
  • (2)病棟における術後疼痛管理
  • (3)合併症の予見と適切な治療

II.研修方法

  • (1)研修当初は広島大学病院麻酔科において研修する.
  • (2)毎朝症例検討カンファレンスの後,手術室において指導医の下に麻酔管理を担当する.
  • (3)術前訪問・術後回診により手術前後の患者管理に従事する.
  • (4)外科系集中治療室での患者管理に従事する.
  • (5)当直業務を通じて緊急手術患者の周術期管理に従事する.
  • (6)症例検討会・抄読会に参加し最新の知見を身につける.

一定期間の大学病院における研修の後に関連病院において後期研修を継続する.

III.指導体制

専任指導医とその役割

教授以下,日本麻酔科学会認定麻酔科専門医が直接指導を担当する。
(スタッフ 教授 1,准教授 2,講師 2)
手術室では曜日別の責任者(スーパーバイザー)が指導を統括する。

page top