広島大学アーチェリー部

What is Archery?


ここでは『アーチェリーって何?』って人のためにかるく解説をのせますね!


1.そもそもアーチェリーってなに?


簡単に言うとアーチェリーは「弓で矢を打って的に当てる」という競技です。

簡単そうに言っていますが「的に中てる」って案外難しいんですよ....

日本ではマイナーな競技だけどアメリカやイギリス、韓国ではポピュラーなスポーツなんです!

オリンピックでも正式種目に採用されているし、国体でも種目としてあります


弓の種類


さて、弓の種類についてです。基本的には下の3つがあります。

それぞれ別枠で競技します。


1.リカーブボウ


リカーブボウ

これはテレビなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか?

日本で一番普及しているリカーブボウと呼ばれるものです。

弓道とは違って弓にサイト(照準器)などいろいろ部品がついています。

この弓を使って70m先の的を射抜きます!!

広島大学のアーチェリー部でも一番使っている人が多いです!

リカーブ競技では団体戦などもあるためみんなでワイワイ楽しめますよ!!


2.コンパウンドボウ


コンパウンドボウ

見てわかる通りリカーブボウと違って弓に滑車がついています。

なぜ弓に滑車?と思った方も多いでしょう。この滑車のおかげで5分の1くらいの力で弾くことができるんです!

オリンピックの競技には採用されていませんが、世界的に最も人気のある弓です。

現在、コンパウンド競技をしている部員は1人!!

興味のある人大・大・大募集です!


ベアボウ


ベアボウ

リカーブボウから照準器やスタビライザーと呼ばれるものを取り外したものになりますものになります.

競技人口は多くはないですが、根強い人気を持つ競技です。