Top>バイオディーゼル

 バイオディーゼル
 

植物の中には、ナタネやアブラヤシなどのように油を作るものがあります。これらの植物から得られる油は、食用だけではなく、燃料として用いることもできます。江戸時代にあんどんの燃料に使ったのはナタネ油ですし、最初のディーゼルエンジンはピーナツ油で運することを想定していました。残念ながら、この油は現在使っているディーゼルエンジンにそのまま使うことはできません。粘り気が高すぎるためです。このため、これらの油をメタノールと反応させてさらさらにしてから使います。これがバイオディーゼルと呼ばれる燃料です。中国地域では、北広島町でNPO法人INEおおあさが先進的にこの生産と利用に取り組んでいる他、広島市でコラボが廃天ぷら油を集めてバイオディーゼルを作るなど、各地での活動が進められています。(松村)


関連団体

 北広島町
 NPO法人INEおおあさ
 株式会社コラボ
 NPO法人エコパートナーとっとり
 くにさきエコシステム株式会社
 株式会社原弘産
 岡山県中部環境施設組合
 山口県山口市(旧小郡町)
 島根県出雲市
 島根県斐川町
 島根県松江市
 島根県益田市
 島根県平田市
 岡山県真庭市
 岡山県倉敷市
 岡山県新見市
 岡山県玉野市
 岡山県笠岡市
 鳥取県境港市
 

 copyright(C) biomass project research center,  Hiroshima Univ. All rights reserved
〒739-8527 広島県東広島市鏡山1−4−1 広島大学大学院工学研究科機械システム工学専攻内 中国地域バイオマス利用研究会
 Tel:082-424-5762  Fax:082-422-7193   Mail:
bprc[at]hiroshima-u.ac.jp ([at]は@に変えてください)