広島大学バイオマスイブニングセミナーのご案内
(English announcement can be found in the latter half of this
notice.)

広島大学バイオマスプロジェクト研究センターと中国地域バイオマス利用研
究会の共催で広島大学バイオマスイブニングセミナーを開催しています。バ
イオマスに関する基本的な考え方から最先端の情報までをカバーして、この
地域におけるバイオマスの活動に資することを目的とするものです。第3回を
以下の日程で開催しますので、ご参集下さい。

なお、国際学会の運営と重なって準備とご案内が遅くなってしまいました。
一部、要旨などがそろっていませんが、受け取り次第お送りさせていただき
ます。


日時 2012年11月26日(月) 16:20~17:50
会場 広島大学東広島キャンパス工学部110講義室
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/p_78b2c9.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/p_gcee03.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/


プログラム

解説 広島大学大学院工学研究院  教授 松村幸彦

講演 広島大学大学院国際協力研究科  教授 中越信和
 「ベトナムにおいて効率的に農作物残渣からバイオエタノールを生産する
方法」
ベトナムは資源輸入国で、液体燃料が不足しています。途上国でもあり、
石油の輸入には限界があります。一方、農業生産は順調で米は主要な輸出品です。
ところが、このイネの生産に伴う稲わらはほとんど利用されていません。
そこで、この稲わらからエタノールを生産する計画が、国家の計画として立て
られました。今回、その方法として、以下の、2件について紹介し、要約します。

1.メコンデルタ地帯での稲わらの状況と工場立地の検討結果
2.ベトナム全地域での可能性と生産体制
また、10月末にベトナムのホーチミン市立大学に訪問したので、そこでのバイオ
エタノール・プロジェクトの簡単な紹介をします。



講演 広島大学大学院工学研究院  教授 松村幸彦
 「超臨界水ガス化技術への化学工学的アプローチの現状/Current status
of chemical engineering approach to the supercritical water
gasification」(日英)
含水性のバイオマスを迅速かつ高効率にガス化する超臨界水ガス化技術の概
要を紹介します。反応速度の解析、生成する気体の組成や無機物の挙動、反
応熱の求め方など、化学工学的なアプローチでどこまで研究が進んでいるの
か、これまでの研究の流れを概説します。さらに、これまで講演のあった
ChutinanやKelly、津野の研究の位置づけ、研究の方向性も紹介します。

司会 広島大学大学院工学研究院  助教 神名麻智

なお、18:00より意見交換会(参加費 1,000円)を開催します。ご都合の付く
方はこちらにもご参加下さい。



Hiroshima University Biomass Evening Seminar

Biomass Project Research Center, Hiroshima University, and HOSTY
Association are co-organizing the Hiroshima University Biomass
Evening Seminar. This seminar covers topics from the fundamentals of
biomass to the latest information so that it can contribute the
activities on biomass in this district. The 2nd seminar will be held
as follows. Please join.

Date & Time: Mon., Nov. 26, 2012 16:20-17:50
Place: Engineering 110 Lecture Room, Higashi-Hiroshima Campus,
Hiroshima University
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/p_78b2c9.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/add_html/access/en/saijyo7.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/en/top/access/index.html


<Program>

Commentary: Yukihiko MATSUMURA
Professor, Institute of Engineering, Hiroshima University

Lecture: Nobukazu NAKAGOSHI
Professor, Graduate School for International Development and
Cooperation, Hiroshima University
"Methodology for effective production of bioethanol from agricultural
residue in Vietnam" (in Japanese)
We are waiting for the abstract. We will re-send the notice after
receiving it.

Lecture: Yukihiko MATSUMURA
Professor, Institute of Engineering, Hiroshima University
"Current status of chemical engineering approach to the supercritical
water gasification" (Japanese/English)
Overall introduction of supercritical water gasification, which
gasified wet biomass quickly at a high efficiency, is made. The
situation of research in terms of chemical engineering treatment such
as reaction rate analysis, composition of product gas, behavior of
inorganics, and heat of reaction is discussed in course of the
previous study. The positioning of the studies by Chutina, Kelly,
and Tsuno, which were presented in the previous seminar, are also
given along with the direction of the research.


Chair: Machi KANNA
Assistant Professor, Institute of Engineering, Hiroshima
University

We will hold the discussion meeting from 18:00 (1,000 JPY needed).
Join this meeting, too if you are available.


            写真を見る