広島大学バイオマスイブニングセミナーのご案内
(English announcement can be found in the latter half of this notice.)

広島大学バイオマスプロジェクト研究センターと中国地域バイオマス利用研究会の共催で広島大学バイオマスイブニングセミナーを開催しています。バイオマスに関する基本的な考え方から最先端の情報までをカバーして、この地域におけるバイオマスの活動に資することを目的とするものです。第5回を以下の日程で開催しますので、ご参集下さい。


日時 2013年1月18日(金) 16:20~17:50
会場 広島大学東広島キャンパス工学部 A3-126会議室
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/p_78b2c9.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/p_gcee03.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/


プログラム

解説 広島大学大学院工学研究院  教授 松村幸彦

講演 広島大学大学院先端物質科学協力研究科 特任教授 西尾尚道 
「乾式アンモニア•メタン二段発酵プロセスによる廃棄物からのエネルギー回収」
乾式アンモニア•メタン二段発酵プロセス(Am-Met process)は下水処理場で発生する余剰脱水汚泥、鶏糞、生ゴミなど高窒素含有有機廃棄物を無希釈で直接アンモニアおよびメタンとして回収できる有効な生物処理プロセスです。言うまでもなくメタンはエネルギーとして有効利用できます。最近はアンモニアも水素エネルギーの貯蔵物質として大いに注目されつつあるのでこの点も概説する。


講演 広島大学大学院総合研究科 准教授 佐藤高晴
「『ヨーロッパにおけるエネルギー自立へ向けた取り組み』の視察旅行とその後」
広島大学総合科学研究科の総合科学推進プロジェクト経費で、地域のエネ ルギー自立へ向けた活発な活動を行っているヨーロッパドイツ語圏の地域を訪問する機会を得た。ここでは、それらの地域のバイオマス関連の 取り組みと共に、自転車普及による省エネや水力、風力、それらからの電力制御、環境教育などの取り組みを紹介する。さらに、この訪問を契 機に東広島市と始めた取り組みを紹介する。

司会 広島大学大学院工学研究院  助教 神名麻智

なお、18:00より意見交換会(参加費 1,000円)を開催します。ご都合の付く方はこちらにもご参加下さい。


Hiroshima University Biomass Evening Seminar

Biomass Project Research Center, Hiroshima University, and HOSTY Association are co-organizing the Hiroshima University Biomass Evening Seminar. This seminar covers topics from the fundamentals of biomass to the latest information so that it can contribute the activities on biomass in this district. The 2nd seminar will be held as follows. Please join.

Date & Time: Fri.,Jan.18,2013 16:20-17:50
Place: Engineering A3-126 Conference Room, Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University
http://www.hiroshima-u.ac.jp/eng/general/access/p_78b2c9.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/add_html/access/en/saijyo7.html
http://www.hiroshima-u.ac.jp/en/top/access/index.html


<Program>

Commentary: Yukihiko MATSUMURA
Professor, Institute of Engineering, Hiroshima University

Lecture: Naomichi NISHIO
Professor(Special Appointment), Graduate School of Advanced Sciences of Matter, Hiroshima University

“Development of dry ammonia-methane two-stage fermentation process for energy recovery from wastes”(in Japanese)
The dry ammonia-methane two-stage fermentation process (Am-Met process) is useful for the anaerobic treatment of nitrogen-rich wastes such as waste excess sludge, chicken feces, and food waste without the dilution of the ammonia produced by water or carbon-rich wastes. The produced methane
is useful as energy and the produced ammonia is also expected now as energy because of easy convertibility for hydrogen, and easy storage and transportation as liquid ammonia.

Lecture: Takaharu SATO
Associate professor. Integrated Arts and sciences,Hiroshima University
“An inspection tour for "efforts toward energy autonomy in Europe", and subsequent my efforts”
I had the opportunity to visit the area of German-speaking Europe doing vigorous activities towards energy independence in the cost of a project of GSIAS. I will introduce initiatives such as bicycle, biomass, hydro, wind, power control, and environmental education in those regions. In addition, I will introduce initiatives in Higashihiroshima that began in the wake of this visit.>


Chair: Machi KANNA
Assistant Professor, Institute of Engineering, Hiroshima University

We will hold the discussion meeting from 18:00 (1,000 JPY needed). Join this meeting, too if you are available.


                        写真を見る