Top>中国地域のバイオマス製品案内


中国地域のバイオマス製品案内


①バイオディーゼル製品(バイオディーゼルの説明はこちら)
②エタノール発酵製品(エタノール発酵の説明はこちら)
③超臨界水ガス化製品(超臨界水ガス化の説明はこちら)
④ウッドペレット等製品(ウッドペレットの説明はこちら)
⑤その他の技術製品(その他の技術の説明はこちら)(その他の技術の説明はこちら)



①バイオディーゼル製品



株式会社 サタケ

 「バイオディーゼル燃料生成装置」

高純度に安定生成
廃食用油の品質に関わらず、JIS規格やEU規格をクリアする高純度のバイオディーゼル燃料が安定生成できます。もちろん、 2009年2月施行品確法(B5)の基準はクリアしています。
■オールインワンで簡単操作
オールインワンの装置でボタン一つの操作ですので、どなたでも簡単に操作が可能です。
排水処理が不要
水を使わない生成方法なので、油やグリセリンを含む廃水処理がありません。
■さらに高純度に
既存の生成装置で生成したバイオディーゼル燃料を高純度の燃料にする装置もあります。

お問い合わせ
株式会社 サタケ
TEL. (082)420-8625 FAX. (082)420-0003




③超臨界水ガス化製品





株式会社 東洋高圧

 「超臨界水反応装置」


超臨界水での様々な物質の分解反応をテストする装置です。
スラリー流体にも対応可能です。
圧力、温度、流体、構造など相談に応じます 。

使用流体: 水、溶媒、スラリー水溶液
設計圧力: 40MPa(参考)
設計温度: 650℃(参考)
主要材質: SUS316、ハステロイ276、インコネル625


お問い合わせ
株式会社 東洋高圧 
〒733-0002 広島市西区楠木町2丁目1-22 TEL:082-237-6255 info@toyokoatsu.co.jp








④ウッドペレット等製品









銘建工業株式会社

「木質ペレット燃料」

木質ペレット燃料は、かんな屑などの製材廃材や林地残材といった木質系の副産物を粉砕、圧縮し、成型した固形燃料のことです。
長さは1~2cm、直径は6、8mmが一般的です。家庭用ペレットストーブでは、直径6mmのものが最良の燃焼状態を実現できるとされています。
木材に含まれるリグニンがバインダーの代わりになって固着するため、バインダー(接合剤)の添加は一切必要ありません。
当社では6、8mmの2種類を製造しています。当社のペレットの特長は、かんな屑を利用したホワイトペレット(樹皮を含まないもの)であることと、量・質共に安定的に供給可能なことです。

お問い合わせ
銘建工業株式会社 岡山県真庭市勝山1209 TEL.0867-44-2695 FAX.0867-44-5105











株式会社 サタケ

「木質ペレットハウス暖房機」

■木質原料で熱供給
再生可能なエネルギー源である木質資源を原料とします。
■CO2の削減
バイオマス利用によりCO2の削減が可能です。
多目的な活工場、野菜・果樹園のハウスなど多目的な利用が可能です。

お問い合わせ
株式会社 サタケ
TEL. (082)420-8625 FAX. (082)420-0003





 
  株式会社トロムソ
 
 「グラインドミル」

去に多くの企業がもみ殻の利活用に挑みました。
 しかし、もみ殻の頑強な硬さが大きな壁となり、費用対効果がマッチせず、 今日まで世に出たもみ殻加工機械は、極めて少ないのが現状です。
 収穫が終わった水田の、そこでは大量に出たもみ殻を焼く今は懐かしき光景。 わずかにもみ殻は再利用されるも、 再生されるもみ殻は30%に満たないとか・・・。 廃棄もしくは焼くしかなかったもみ殻・・・。 その量は、日本だけでも年間200万トン。 アジアをはじめ世界規模になると1億トンものもみ殻が、 毎年繰り返し発生しています。
 私達はこのもみ殻に注目し、燃料となる、もみ殻固形燃料製造機械 「グラインドミル」 の開発に成功しました。連続押し出し成形を行って出来る固形燃料「モミガライト」をはじめ、「カールチップ」や「粗いすり潰しもみ殻」など、私たちの生活に有益な資材に変化させます。

お問い合わせ
株式会社トロムソ
 
〒722-2102広島県尾道市因島重井5265 
電話/0845-24-3344 FAX/0845-24-3356



   株式会社トロムソ
 「モミガライト」

 モミガライトは湿気に強く、直接雨に当たらない限りは5年でも10年でもその形状を保ち、品質も変化しない事が認められ、災害時における代替燃料(バイオマス燃料)として広島県で指定を受けました。
 また、アフリカをはじめ発展途上国では、日々の生活燃料として高い需要があります。
例えばアフリカにおいてはもみ殻に加え、ピーナツ殻が大量に発生します。それを燃料に変える事も可能となりました。  
   
お問い合わせ
株式会社トロムソ
 
〒722-2102広島県尾道市因島重井5265 
電話/0845-24-3344 FAX/0845-24-3356



   株式会社トロムソ
 「グラインドミル」 

グラインドミルで造った、一見クッキーと見間違いそうな、直径約5cmのカールしたチップです。
 カールチップはもみ殻を100%原料として造られています。 もみ殻をグラインドミルに投入し、非常に高い温度ですり潰されながらカール状に固形化されて出てきます。
 簡易な燃料としても使えますが、最近ではカールチップを再粉砕して、その微粉末を活用する用途開発が進められています。

お問い合わせ
株式会社トロムソ
 
〒722-2102広島県尾道市因島重井5265 
電話/0845-24-3344 FAX/0845-24-3356



   株式会社トロムソ
「グラインドミル」 
 
 稲作農家での重労働の一つであった苗床作りに画期的な変化をもたらしました。
 
グラインドミルで、もみ殻をすり潰すときに高熱が発生します。そのことにより、雑草の発芽を抑えます。 粗くすりつぶされたもみ殻を使用する事で、従来の苗床重量が軽減されます。 もちろん苗床つくりの製造コストも大幅に削減されます。
 また粗くすりつぶされたもみ殻は、吸水性・保水性に優れているため、家畜の敷料として適しています。

お問い合わせ
株式会社トロムソ
 
〒722-2102広島県尾道市因島重井5265 
電話/0845-24-3344 FAX/0845-24-3356




  日鋼設計株式会社.
小型木質ペレット温水ボイラ

ひろしま産業創生補助金(広島県)を受けて開発
環境省補助金事業関連の施設に納入・設置
小型木質ペレット温水ボイラ

お問い合わせ
日鋼設計株式会社  
〒736-0082 広島市安芸区船越南1-6-1
TEL : 082-822-9029 FAX : 082-821-1039
e-mail: hiroyuki_araki@hiro.jsw.co.jp






 

株式会社 サタケ
 「二軸式多目的乾燥機 SRA」

■水分調整材の削減
高水分原料を堆肥化する際の水分調整材を削減できます。
■未利用バイオマスの活用
バイオマス熱風発生炉(オプション)との併用で、木チップや籾殻などの地域の未利用バイオマスを燃料として、
高水分原料の乾燥が可能です。
■殺菌処理
高温で処理するため、原料の殺菌処理が可能です。

お問い合わせ
株式会社 サタケ
TEL. (082)420-8625 FAX. (082)420-0003



 
株式会社 サタケ

「廃樹脂ペレット選別機」

■塗装した自動車バンパーをそのまま再生すると、再生ペレットは塗膜が残っているため、
プラスチック同士のつながりが弱くなり、バンパーに必要な強度が得られません。
リサイクルするには、塗膜の付着した再生ペレットを最大限除去することが必要です。
穀物中の異物や着色粒を1粒ずつ除去できるサタケ光選別機「ニューマジックソーター」は、
再生ペレットの塗膜を99.9%除去できますので、バンパーからバンパーへのリサイクルが可能となります。

お問い合わせ
株式会社 サタケ
TEL. (082)420-8625 FAX. (082)420-0003





⑤その他の技術製品

  株式会社 濱田製作所
「円形攪拌式焼却炉」


円形一段式の炉床部分に設けられた回転アームより燃焼エアーを吹き出しかつ被焼却物を撹拌しながら完全燃焼します。
燃焼した灰は炉床中央部分より自動排出される。
<特徴>
■低空気比で完全燃焼するため補助燃料が少なく、排ガス量が少ない
■炉内均一燃焼によりクリンカーの発生が少なく熱灼減量が少ない
■高含水汚泥の焼却も可能
■構造がシンプルで運転、維持管理が容易

お問い合わせ

株式会社 濱田製作所  
〒737-2604 広島県呉市川尻町小仁方1-25-35
TEL 0823-70-5500 FAX 0823-70-5511





 
  株式会社 サタケ
 「バイオマス熱風発生炉」

■ニーズに対応
地域のバイオマス資源を利用し、ニーズに合わせた方式での熱供給が可能です。
■コストの低減
化石燃料を削減し、ランニングコストの低減が可能です。
■CO2の削減
バイオマス利用により、CO2の削減が可能です。
■安全・安心
地震などの緊急時、バイオマス供給を遮断し燃料供給を停止するので安全です。
■操作が簡単
操作が簡単で、ボタン一つで着火可能です。

お問い合わせ
株式会社 サタケ
TEL. (082)420-8625 FAX. (082)420-0003





 
株式会社 サタケ
 「バイオマスガス化発電システム」

■バイオマスガス化発電とは、木材や籾殻等のバイオマスを不完全燃焼させて可燃ガスを発生し、
そのガスを燃焼させ、ディーゼルエンジンやガスタービンを回して発電するシステムです。
発電以外に、ボイラーによる蒸気・温水利用も可能です。
■高い熱効率
2,000kW以下であれば直接燃焼のボイラー発電より高効率です。
■シンプルな構造で安定・安全運転
■環境にやさしい
処理に困り、単に焼却処分されたり放置されていた未利用のバイオマスを利用し、
発電を行うこのシステムは、「カーボンニュートラル」の原理に基き、CO2の排出量削減につながります。

お問い合わせ
株式会社 サタケ
TEL. (082)420-8625 FAX. (082)420-0003

  




株式会社 サタケ

 「堆肥化施設」

高水分原料の処理が可能
尿など水分90%以上の高水分原料は、乾燥により水分を蒸発させ処理できます。
尿処理設備が不要で液肥も発生しません。
■徹底した臭気対策
臭気の強い一次発酵槽は密閉構造で室内を負圧にすることで、臭気の外部への漏洩を防ぎます。
集めた臭気は燃焼式脱臭装置により脱臭します。また敷地内各所に臭気センサを設置し、常に臭気を監視します。
■さまざまな原料を受け入れ可能
家畜排せつ物のほかに生ごみも処理するほか、調整材として稲わら、麦わら、籾殻等を受け入れて、
良質な堆肥に仕上げます。剪定枝などの木くずは破砕し、汚泥は乾燥させてから炭化装置にて炭化します。

お問い合わせ
株式会社 サタケ
TEL. (082)420-8625 FAX. (082)420-0003
 





 

株式会社 サタケ
 「選別加工総合センター」

■お客様からお預かりしたサンプルの選別・加工試験を行い、
対象原料に対する選別・加工方法の適合性や、最適な選別・加工条件を調べることができる施設です。
米・麦はもとより、豆、海苔、乾燥野菜などの食品やプラスチックペレット・リサイクル樹脂などにも
幅広く対応できるよう、最新鋭の選別機・加工機をラインナップし、さまざまなご相談を受け付けております。

お問い合わせ
株式会社 サタケ
TEL. (082)420-8625 FAX. (082)420-0003

 




 copyright(C) biomass project research center,  Hiroshima Univ. All rights reserved
〒739-8527 広島県東広島市鏡山1-4-1 広島大学大学院工学研究科機械システム工学専攻内 中国地域バイオマス利用研究会
 Tel:082-424-5762  Fax:082-422-7193   Mail:bprc[at]hiroshima-u.ac.jp ([at]は@に変えてください)