■第66回広島大学バイオマスイブニングセミナー(37回広大ACEセミナー)が開催されました

(English announcement can be found in the latter half of this notice.)

日時 2018年 7月 23日(月)16:20~17:50

会場 広島大学東広島キャンパス工学部110講義室

プログラム

解説 広島大学大学院工学研究科  教授 松村幸彦

講演 広島大学大学院理学研究科 共同研究講座助教  岡崎 久美子

「微細藻類ナンノクロロプシスによるバイオ燃料生産」

微細藻類ナンノクロロプシスは、ディーゼル燃料として利用可能なトリアシルグリセロールを多量に蓄積するため、バイオ燃料生産の材料として注目されています。我々は藻類からのバイオ燃料製造の実現に向けて、最適培養環境導出の研究や、藻類のさらなる高性能化を可能にするゲノム編集技術の研究などを行っています。今回は、ナンノクロロプシスの特性についてや、培養条件最適化の取り組みの様子などを紹介します。

講演 広島大学大学院工学研究科 D3  Pattraporn CHANGSUWAN

「グアヤコールの超臨界水処理における反応速度解析」

グアヤコールのリグニンのモデル化合物としての超臨界水ガス化における滞留時間の1590秒の影響を温度600℃、圧力25MPaで調べました。グアヤコールの濃度は0.5重量%に固定し、チャー製品が滞留時間とともに増加する間に、全有機炭素の結果は減少しました。しかし、滞留時間は炭素ガス化効率に影響しませんでした。

司会 広島大学大学院工学研究科  教授 松村 幸彦

The 66th Hiroshima University Biomass Evening Seminar

(The 37th Hiroshima University ACE Seminar)was held.

Date & Time: Mon .23  Jul., 2018   16:20-17:50

Place: Engineering 110 Lecture Room, Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University

<Program>

Commentary: Yukihiko MATSUMURA

  Professor, Graduate School of Engineering, Hiroshima University

Lecture: Kumiko OKAZAKI

Assistant Professor, Collaborative Research Laboratory, Graduate School of Science, Hiroshima University

Biodiesel production from microalga Nannochloropsis”

Nannochloropsis is a genus of marine microalga that can produce high quantities of lipids in the form of triacylglycerol, which has recently attracted attentions as a potential feedstock for biofuel production. In order to achieve the practical use of algal biodiesel, we are investigating optimal culturing conditions and genome-editing tools for the development of improved Nannochloropsis. In this lecture, Id like to introduce Nannochloropsis and our study of the optimization of culturing condition.

Lecture: Pattraporn CHANGSUWAN

D3 Student, Graduate School of Engineering, Hiroshima University

Reaction rate analysis for supercritical water treatment of guaiacol”

The effect of residence time in the range of 15 to 90 s on supercritical water gasification of guaiacol as model compound of lignin was studied at temperature of 600 , pressure 25 MPa, and fixed concentration of guaiacol of 0.5 wt%. The result in total organic carbon decreased while char product increased with residence time. However, the residence time did not affect carbon gasification efficiency.

Chair: Yukihiko MATSUMURA

  Professor, Graduate School of Engineering, Hiroshima University