■第68回広島大学バイオマスイブニングセミナー(41回広大ACEセミナー)が開催されました

(English announcement can be found in the latter half of this notice.)

日時 2018年1025日(木)16:20~17:50

会場 広島大学東広島キャンパス工学部110講義室

プログラム

解説 広島大学大学院工学研究科  教授 松村幸彦

講演 広島大学大学院工学研究科  D3   Apip AMRULLAH

「亜臨界水条件下における下水汚泥のガス化特性」

亜臨界水中のガス化下水汚泥を連続流反応器で調べました。 連続式反応器を使用し、温度を300および350℃で変化させ、滞留時間を530秒間、25MPaの固定圧力で実験しました。 生成ガスの組成に対する温度および時間の影響を調べました。 ガス状生成物は、熱伝導率検出器(TCD)およびフレームイオン化検出器(FID)を備えたガスクロマトグラフ(GC)を用いて分析しました。 H2は、キャリアガスとしてN2を用いたGC-TCDによって検出されました。 HeガスをキャリアガスとするGC-TCDCO2COを検出し、HeをキャリアガスとしてGC-FIDによりCH4C2H4C2H6を検出しました。 その結果、ガス状の生成物は主としてH2およびCO2を含み、CH4およびC2H4の量は少なく、COは見出されませんでした。 温度は炭素ガスの効率に影響を及ぼしませんでした。

講演 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 機能化学研究部門

バイオベース材料化学グループ 主任研究員          花岡 寿明

「合成ガスを経由するリグニンから1,3-ブタジエン合成プロセスのシミュレーションと評価」

合成ガスを経由するリグニンからの1,3-ブタジエン合成プロセスを3つ提案しました。これらのプロセスは、合成ガスからn-ブテンを合成するルートを含んでおり、(1)直接合成、(2)ジメチルエーテル(DME)経由、(3)メタノール経由、という点で異なります。プロセスシミュレーションにより生成物収率、投入エネルギー、およびプロセスの利益(収支)を算出しました。その結果、DMEを経由するプロセスが最も高い収支が得られました。

司会 広島大学大学院工学研究科  教授 松村 幸彦

The 68th Hiroshima University Biomass Evening Seminar

(The 41st Hiroshima University ACE Seminar)was held.

Date & Time: Thu .25  Oct., 2018   16:20-17:50

Place: Engineering 110 Lecture Room, Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University

<Program>

Commentary: Yukihiko MATSUMURA

  Professor, Graduate School of Engineering, Hiroshima University

Lecture: Apip AMRULLAH

D3 Student, Graduate School of Engineering, Hiroshima University

 “Gasification Characteristics of Sewage Sludge under Subcritical Water Conditions”

The gasification sewage sludge in sub-critical water was investigated in a continuous flow reactor. A continuous reactor was employed and experiments were conducted by varying the temperature 300 and 350 °C and residence time 5-30 s with the fix pressure of 25 MPa. The effect of temperature and time on the composition of the product gas were investigated. The gaseous products were analyzed by using a gas chromatograph (GC) equipped with a thermal conductivity detector (TCD) and a flame ionization detector (FID). H2 was detected by GC-TCD with N2 as the carrier gas; CO2 and CO were detected by GC-TCD with He as the carrier gas, and CH4, C2H4, and C2H6 were detected by GC-FID with He as the carrier gas. The results shown the gaseous product mainly contained H2 and CO2 with less amount of CH4 and C2H4, no CO was found. Temperature has not effected on carbon gas efficiency.

Lecture: Toshiaki Hanaoka

Senior Research Scientist, Research Institute for Sustainable Chemistry, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology(AIST)

 “Simulation and estimation of 1,3-butadiene production process from lignin via syngas”

Three processes for the production of 1,3-butadiene (1,3-BD) from lignin via syngas were proposed and the 1,3-BD yields and power and heat loads were estimated through process simulation. These processes consisted of lignin gasification, conversion of syngas to light olefins (LOs) via (1) dimethyl ether (DME), (2) methanol, or (3) direct synthesis, and isomerization/dehydrogenation of n-C4H8. The process capacity was 200 t/d on a wet lignin basis. The electric power was largely dependent on the process (4777–6073 kW) while the minimum external heat was 97 kW according to pinch analysis. When each reaction proceeded ideally, the process via DME was the most promising.

Chair: Yukihiko MATSUMURA

  Professor, Graduate School of Engineering, Hiroshima University