入局・大学院入学のご案内 病理を志す皆さんへ(詳細)

このページは、病理専門医、病理のわかる臨床医、がん病理研究者を目指し、入局・大学院入学を考えている方のための案内です。病理専門医教育には特に力を入れています。

目指せ病理医

日本病理学会が市民向け動画「病理診断を知っていますか」を作成しました。
「NPO法人PathCare」が女子高生向けに「病理医」紹介のアニメーションを作成しました。
「NPO法人 PathCare」が「バーチャルスライド(VS)画像による診断」を体験するサイトを開設しました。

広島大学医学部ふるさと枠卒業生の知事が指定する診療科に「病理」が指定されました。

医学部以外の出身で医歯科学専攻(修士課程)あるいは医歯薬学専攻(博士課程)に入学してがんの研究がしたい・病理の勉強がしたい人も大歓迎です。

分子病理学研究室の特色

病理学は病因・病態を究める統合の医科学であり、医学・医療の根幹をなすものです。病理には、病理診断と実験病理のふたつの柱があります。分子病理学研究室(旧第一病理)では、臨床科として診断の要である病理診断を実践し、また病理専門医を育成するとともに、基礎医学として病態に根ざした先進的・探索的研究を行っています。個人の特性あるいは志向に合わせた大学院教育/専門医教育/研究者の育成を行います。個性が伸ばせる環境を作り、異なったベクトルを融合し、総和として統括的な病理学を推進したいと考えています。
重要なことは、形態の分子基盤を知ることにより病因・病態に基づいた深い病理診断が可能となり、病理組織を通してみた病気の実像から新たな医科学研究の展開が生まれてくることです。
教室の方向性は、

「Morpho-pathological Genomics:病理形態と機能/遺伝子・分子異常との接点」

です。

病理医になろう

病理診断は、適正な医療の要であり、年々検体数が増加すると共に、医療の高度化によって高い精度・詳細な診断情報が求められています。さらに、分子標的治療の時代になり、その標的診断を担う病理学の重要性はますます高まっています。
H19年には「病理診断科」が標榜科として承認され、H20年には保険診療の項目として「病理診断」が独立しました。診療報酬点数も大幅に上昇してきています(H18年以前255点→H20年410点→H22年500点→H24年400+320点)。しかしながら、病理医は全医師の1%、専門医は全国で2400名足らずであり、アメリカと比較して人口10万人あたりの数で約5分の1に過ぎません。2008年の日本医師会の調査でも診療科別で不足する医師の第1位(充足率26%)に挙げられています。広島県でも病理医不足も例外でなく専門医はわずか39名、多くの病院から常勤病理医の派遣依頼が来ていますが対応できないのが現状です。また、ゲノム医療・Precision medicineにおいても、分子病理診断医は欠くことのできない存在です。
このような状況の中でも私たちの教室では、2000年以降で病理専門医10名以上を輩出しており、近年の広島地域の病理医育成の中核となっています。みなさんとともに病理を通じて明るい未来の医療を築いていきたいと考えています。

入局後の進路

医学部医学科を卒業し、病理専門医およびがん病理研究者を目指す人を対象に記載しています。
病理のわかる臨床医を目指している人、また、他学科の出身で、がん研究がしたい・病理の勉強がしたいという目的で医歯科学専攻(修士課程)あるいは医歯薬学専攻(博士課程)に入学を希望している人は連絡してください。別途説明します。

入局後の標準的プログラム
専門医研修は「広島大学病理専門研修プログラム」にしたがって行ないます。
1年目: 院内剖検執刀、病理診断研修を開始、症例検討会/CPC:研究テーマ決定/研究開始
2年目: 院内/院外の剖検執刀、病理診断、症例検討会/CPC:研究継続/全国学会発表
3年目: 院内/院外の剖検執刀、病理診断、関連病院の病理診断、症例検討会/CPC:研究継続/全国学会・国際学会発表/論文発表
4年目: 院内/院外の剖検執刀、関連病院の病理診断、症例検討会/CPC、専門医試験受験:研究継続/全国学会・国際学会発表/論文発表/学位審査
5年目以降: 以上の4年間で「病理専門医」と学位「博士(医学)」の両方が取得できます。
その後は、本人の希望により、海外留学(米国、ドイツ、カナダなど)、関連病院病理診断科勤務、大学教員、研究所研究員などに進むことができます。
他に下記のようなプログラムを選択することも可能です。
1) 診断病理重視コース
病理診断を中心に研修し(基幹施設・連携施設)、病理材料をベースにした臨床病理学的研究を行います。3)の社会人大学院コースとの相互移行が可能です。
2) 研究病理重視コース
先端的病理研究あるいは先進的臨床病理学的研究を中心に行います。病理診断の基本はしっかり学び(基幹施設・連携施設)、病理専門医は、余裕をみて5-6年目に取得します。
3) 社会人大学院コース(連携施設で病理専攻医をしながら)
連携施設の病理診断部門での実践的病理診断の研修が中心であり、社会人大学院生として、研究室で病理材料を用いた研究を行います。1年間は基幹施設で研修します。大学院は長期履修制度を利用することができます(8年まで)。

分子病理学研究室(第一病理)では、2000年以降で10名以上の病理専門医を輩出しています。
分子病理学研究室(第一病理)では、2000年以降で8名の病理専門医を輩出しています。

勤務先の病院
本人の希望を最優先し、その特性と病院側のニーズとを考慮して決めます。
女性医師の活躍
全国で多くの女性病理医が活躍しており、病理の後期研修医は約50%が女性です。急患や当直がなく自由裁量で使える時間の多い病理医は、ワーク・ライフ・バランスに優れ、妊娠、出産、子育てなど時間的制約を受けやすい女性にとても向いている職業です。私たちの教室でも女性の入局者は大歓迎です。産休、育休はしっかりと保証し、休職後の職場復帰を支援するとともに、家庭や子育てと仕事との両立の中で十分に活躍できる環境を作ります。日本病理学会においても、総会や支部会では必ず臨時託児所を設けています。現在、教室には女性の病理専攻医が2名在籍しています。
国内・国外への留学
国外留学を積極的に推奨しています。世界標準の病理診断や研究の新しい知識・技術を会得すること以上に、実際に海外で生活し研究・研修を行なうことで国際的視野を身につけることができます。診断病理および実験病理のどちらにおいても、本人の希望に添って対応します。留学に際しては、しっかりした研究あるいは研究に対する考え方と能力・技術が必要ですが、当教室で研修すればその条件は充たされます。
[留学レポートはこちら]
国内・国外で交流のある研究室
国内: 神戸大学大学院病理学、奈良医科大学分子病理学、国立がん研究センター研究所(分子細胞治療研究分野、バイマーカー探索部門)、国立がん研究センター先端医療開発センター、放射線影響研究所分子生物科学部、県立広島大学人間文化学部健康科学科、岐阜大学大学院腫瘍外科、大阪大学大学院分子生体情報学、横浜市立大学外科治療学、鹿児島大学消化器外科、順天堂大学病理・腫瘍学、呉医療センター・中国がんセンターがん臨床制御学、広島文教女子大学人間栄養学科、など
国外: 米国国立がん研究所(米国)、ミシガン大学医学部がんセンター(米国)、テキサス大学MDアンダーソンがんセンター(米国)、ライプチヒ大学病理学(ドイツ)、ハワイ大学がんセンター(米国)、ソウル国立大学消化管外科・病理学(韓国)、ピッツバーグ大学がん研究所(米国)、ロベルト・ボッシュ病院内科(ドイツ)、イースト・アングリア大学生物科学(英国)、ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)、など
関連病院
国立病院機構呉医療センター・中国がんセンター(連携施設1群)
県立広島病院(連携施設1群)
国立病院機構東広島医療センター(連携施設2群)
呉共済病院(連携施設2群)
JR広島病院(連携施設2群)
市立三次中央病院(連携施設3群)
済生会広島病院/済生会呉病院(連携施設3群)
広島記念病院(連携施設3群)
吉島病院(連携施設3群)
中電病院(連携施設3群)
広島共立病院(連携施設3群)
土谷総合病院(連携施設3群)
広島市医師会臨床検査センター
呉市医師会病院(連携施設3群)
三次地区医師会医療センター
庄原赤十字病院(連携施設3群)
安芸太田病院
県立安芸津病院
国立病院機構柳井医療センター(連携施設3群)
井野口病院

大学院について

大学院への最近の進学状況
平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度
3名 3名 3名 2名 3名 1名 3名
平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
4名 2名 4名 4名 5名
大学院進学希望者の留意事項
大学院に入学するための条件は、「病理学を勉強したい」という以外には特にありません。病理専門医になりたい、病理学的研究がしたい、病理がわかる臨床医になりたい、いずれでもOKです。学部卒後すぐでも結構ですが、病理専門医の受験資格認定の条件に臨床研修の修了が挙げられており、通常は臨床研修終了後に大学院に入学します。
尚、広島大学大学院では、既卒者で社会人として病院等に在職のまま就学できるように、昼夜・休日開講制大学院にしています。さらに、初期研修医2年目から基礎医学研究室としての分子病理学研究室に大学院生として入学することが可能です。
大学院進学のメリット
病理医を目指す人にとっては、合計4年間で、「病理専門医」と学位「博士(医学)」の両方を取得できることが大きなメリットです。さらに、医歯薬保健学研究科における充実したプログラムにより、横断的知識を身に付けることができます。何よりも大切なことは、病理医としてあるいは臨床医としてやっていくにおいても、日々進化する先進医療を実践するためには研究マインドであり、大学院時代にそれは醸成されます。
研究の進歩状況によっては、早期修了(3年間で学位取得)も可能です。研究テーマは、がんの分子病理学的研究の範囲内であれば、本人の希望を考慮して決定します。特に、希望がない場合でも、未知のことがとても多い分野なので最先端の興味の持てる研究テーマを考えます。年限内の学位取得を原則としていますから、頑張れば必ず論文になるテーマと少し大きい課題の2本立てを考えています。
大学院生の卒後の進路
・病理医を目指す人:関連病院の常勤病理医(病理診断部長、臨床検査科長など)
・研究者を目指す人:大学の教員あるいは研究所の研究員
・教育者/研究者を目指す人:大学の教員
有機的な流動性のある環境で人材を育成します。広島県内に留まらず、前述の神戸大学、奈良医科大学、国立がん研究センターをはじめとする分子病理(第一病理)グループの大学/研究所/病院トータルでの人材交流が可能です。

資格・専門医について

病理専門医 症例報告 症例数
取得できる専門医、資格
死体解剖資格、日本病理学会認定病理専門医、病理専門医研修指導医、日本臨床細胞学会細胞診専門医
病理専門医の取得方法
病理専門医とは
日本専門医機構は「専門医」について「それぞれの診療領域における適切な教育を受けて、十分な知識・経験を持ち、患者から信頼される標準的な医療を提供できるとともに、先端的な医療を理解し情報を提供できる医師」と定義しています。
また、「専門医制度」については、
1. 機構と学会が連携して専門医制度を構築する。
2. 学会は、学術的な観点から責任をもってプログラムを作成する。
3. 機構は、学術的な観点から専門医制度の標準化を図り、専門医を「機構の資格」として認証し、また専門医に関するデータベースを作成し、国民に良質な医療を提供するための諸施策を検討する。
4. その他に機構は、「意思決定の透明化」、「情報公開の徹底」、「地域医療の確保対策について各学会と具体的に検討」、「整備指針を見直し、柔軟に対応」などに努める。としています。
これらを踏まえて病理学会では「病理専門医」を「国民の信頼を得られるような病理診断能力、病理学的病態解析能力、倫理感などを具えた病理医」と捉え、このような病理専門医を育成するための「病理専門研修プログラム」を作成しています。日本病理学会はこれまでも病理専門医制度を整備して、質の高い病理専門医を育成してきた実績を持っています。この伝統ある制度をさらに充実させ、身分保障や研修・就業環境の整備、生涯教育体制などにも改善を加えながら病理専門医の養成や教育を進めていく予定です。

病理専門医は、2年間の臨床研修を終了後、「病理専門研修プログラム」に従い、専攻医として3年間以上病理の研修をした後に受験資格が得られます。
関連リンク:
専門医制度
広島大学病理専門研修プログラム
病理専門医試験申請要件
1)日本国の医師免許を取得していること。
2)死体解剖保存法による死体解剖資格を取得していること。
3)出願時3年以上継続して日本病理学会正会員であること。
4)病理専門医受験申請時に、厚生労働大臣の指定を受けた臨床研修病院における臨床研修(医師法第16条の2第1項に規定)を修了していること。
5)上記(ニ)の臨床研修を修了後、「病理専門研修プログラム」にしたがって3年以上病理診断に関わる研修を修了していること。
6) 経験する必要のある症例数
a.病理解剖症例数 30例以上
b.組織診症例数 5,000件以上、迅速診断 50件以上
c.細胞診症例数 1,000件以上(スクーリニング・陰性例を含む)
7)人体病理学に関する原著論文または学会報告が3編以上あること。

病理専門医試験概要 2日間(I 型、II 型(IIa、IIb、IIc),III 型試験および面接)
I 型試験:30題の写真問題と20題の文章問題からなる。
II 型試験:主に外科病理学の全般的な知識を問う検鏡試験で,IIa, IIb, IIc 型に分かれている。
III 型試験:病理専門医試験および口腔病理専門医試験に共通で,剖検症例が出題される。
面接:III 型試験の解答用紙を参考資料とし,III 型試験の理解を口頭試問により確認するという形式で行われる。
病理専門医試験の詳細はこちら

分子病理学研究室の今後の展望について

病理は医療の要であり、個々の臨床領域の高度化・専門化により精度の高い診断が求められています。さらに、分子標的治療が日常的に行なわれ、その標的診断を担う病理学の重要性は高まる一方です。にもかかわらず、病理医不足は深刻な状況です。その解消に向けて、まず、病理学の重要性のみならず素晴しさ・楽しさを示すことにより病理医を目指す学生/医師を増やし、積極的に病理専門医を育成するとともに、関連病理学教室と力を合わせ、また、臨床各科と連携し、先進医療における質の高い病理診断を提供していく所存です。
一方、従来の形態学的観察に加えて、分子生物学的、細胞生物学的、生化学的な考え方および手法を導入した「分子病理学」は、膨大なゲノム・遺伝子情報を基盤に、蛋白の機能に留まらず形態異常までをも包括する「形態学的ゲノム研究」の担い手です。分子病理学的Omics研究から得られた基盤情報は、疾病の診断・治療・予防の新しい展開に大きく貢献しています。シーズの発見を臨床現場に還元するトランスレーションの潮流の中で、診断の中心に位置し「ゲノム・形態・臨床架け橋」の担い手である病理学の重要な方向性であると考えています。


▲ページトップへ