大学院生 修士課程 (2年) 博士課程 (4年) 募集中!

病理学に興味のある学生・医師なら誰でも大歓迎です!
大学院修了時には医学博士 病理専門医受験資格が必ず得られるよう指導します

詳しくは武島まで CONTACT

広島病理集談会 
第70回広島病理集談会
開催日:2018年7月21日
於:広島市
中皮腫パネル 
第26回中皮腫パネル
開催日:2018年9月29日(土)
於:川崎市


第26回中皮腫パネルを開催しました。多数の参加(参加者数:61名)を頂き、誠にありがとうございました。
演題の応募は締切りました。
演題の応募(計8題)を頂き、ありがとうございます。
演題募集を開始しました。
演題提出〆切:2018年 7月27日
お問い合わせは 武島 ykotake@hiroshima-u.ac.jp まで

Improved differentiation between high- and low-grade gliomas by combining dual-energy CT analysis and perfusion CT.
Kaichi Y, Tatsugami F, Nakamura Y, Baba Y, Iida M, Higaki T, Kiguchi M, Tsushima S, Yamasaki F, Amatya VJ, Takeshima Y, Kurisu K, Awai K.
Medicine (Baltimore). 2018 Aug;97(32):e11670.

第70回広島病理集談会は、39名の参加者を得て無事終了いたしました。
酷暑の中、ご参加頂いた先生方に深謝いたします。

日時:平成30年7月21日(土)午後2時00分より
会場:広島大学医学部 臨床講義棟第4講義室
世話人:広島大学大学院医歯薬保健学研究院 病理学研究室 武島 幸男

お問い合わせ:アマティアVJ ( amatya@hiroshima-u.ac.jp )

Coexistence of gastrointestinal stromal tumor and leiomyosarcoma of the stomach presenting as a collision tumor: A case report and review of literature
Kitagawa H, Kaneko M, Kano M, Ibuki Y, Amatya VJ, Takeshima Y, Hirabayashi N, Hirota S.
Pathology InternationalFirst published: 25 March 2018

Glypican-1 immunohistochemistry is a novel marker to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma
Amatya VJ, Kushitani K, Kai Y, Suzuki R, Miyata Y, Okada M, Takeshima Y.
Modern Pathology 2018 Early Publication


Utility of Survivin, BAP1, and Ki‑67 immunohistochemistry in distinguishing epithelioid mesothelioma from reactive mesothelial hyperplasia
Kushitani K, Amatya VJ, Mawas AS, Suzuki R, Miyata Y, Okada M, Inai K, Kishimoto T, Takeshima Y.
Oncology Letters OPEN ACCESS

Therapeutic strategies and genetic profile comparisons in small cell carcinoma and large cell neuroendocrine carcinoma of the lung using next-generation sequencing.
Ito M, Miyata Y, Hirano S, Kimura S, Irisuna F, Ikeda K, Kushitani K, Tsutani Y, Ueda D, Tsubokawa N, Takeshima Y, Okada M1.
Oncotarget. 2017 Nov 14;8(65):108936-108945.

第25回中皮腫パネルを開催しました。多数の参加(参加者数:70名)を頂き、誠にありがとうございました

Inflammatory myofibroblastic tumors of the lung carrying a chimeric A2M-ALK gene: report of two infantile cases and review of the differential diagnosis of infantile pulmonary lesions.
Tanaka M, Kohashi K, Kushitani K, Yoshida M, Kurihara S, Kawashima M, Ueda Y, Souzaki R, Kinoshita Y, Oda Y, Takeshima Y, Hiyama E, Taguchi T, Tanaka Y. :
Hum Pathol. 2017 Jul 10. pii: S0046-8177(17)30235-6.

外国人客員研究員の Amany Sayed Mawasさんが、3年半にわたる研究生活を終え帰国しました。
櫛谷 桂助教が、平成29年度広仁会賞を受賞しました。
演題募集を開始しました。
診断投票〆切:2017年 7月28日
お問い合わせは 武島 ykotake@hiroshima-u.ac.jp まで

Identification of DAB2 and Intelectin-1 as Novel Positive Immunohistochemical Markers of Epithelioid Mesothelioma by Transcriptome Microarray Analysis for its Differentiation From Pulmonary Adenocarcinoma.
Kuraoka M, Amatya VJ, Kushitani K, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Kishimoto T, Inai K, Nishisaka T, Sueda T, Takeshima Y.
American Journal of Surgical Patholology. 2017 Apr 7 [Epub ahead of print]

MUC4, a novel immunohistochemical marker identified by gene expression profiling, differentiates pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma.
Amatya VJ, Kushitani K, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Kishimoto T, Inai K, Takeshima Y.
Mod Pathol. 2017 May; 30(5): 672-681

Utility and pitfall of Immunohistochemistry in the Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Poorly Differentiated Lung Squamous Cell Carcinoma.
Kushitani K, Amatya VJ, Okada Y, Katayama Y, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Inai K, Kishimoto T, Takeshima Y.
Histopathology. 2017 Feb; 70(3):375-384

第24回中皮腫パネルを開催しました。多数の参加(参加者数:60名)を頂き、誠にありがとうございました。
お問い合わせは 武島 ykotake@hiroshima-u.ac.jp まで
今日はエジプトのSouth Valley UniversityのMohi El-Din教授を迎え、研究打ち合わせを行いました。
医学研究実習を開始しました。(配属学生数:3名)

Use of Anti-Noxa Antibody for Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Reactive Mesothelial Hyperplasia
Kushitani K, Amatya VJ, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Takeshima Y
Pathobiology. 2016;83(1):33-40.