大学院生 修士課程 (2年) 博士課程 (4年) 募集中! 連絡

病理の知識はなくても、病理に興味のある学生・医師なら大歓迎です!
大学院修了時には医学博士と病理専門医受験資格が必ず得られるようじっくりと指導します。


病理研究者、病理診断医をめざす、いずれの医師、学生さんの入局を歓迎します。 分子病理学教室、大学病院病理診断科との協調関係のもと 指導を行います。また、 県内の多くのがん診療拠点病院が関連病院ですので、各種病理診断関連 (もちろん上級医のチェック・指導入り)のアルバイトが沢山あり、 生活には全く困りません。当直もなく、ライフワークバランスを考えた生活をしたい人にはもってこいの職場です。一般の臨床医から、病理診断医、病理研究医への転向を考えている方もご一報ください。

広島大学大学院医歯薬保健学研究科の博士課程(4年)あるいは修士課程(2年)を受験し、大学院生として広島大学に入学します。在学期間中、卒業 要件の単位は講義科目、演習科目を受講して修得し、実験科目では、教員の指導を受けて与えられたテーマでの研究を行います。その結果をもとに学位 請求論文を作成して、論文の審査を受けて合格すれば、博士あるいは修士の称号が得られます。

日本病理学会が認定する病理専門医は、所定の要件を満たせば受験資格が与えられ、実地を含む試験によってその資格が附与されます。医療機関におけ る病理診断の担当者は、この資格のあることが求められます。これをめざして入局されることも可能ですが、これまで多くの場合、この資格を取得する ための研修を、上記大学院入学と並行して行うよう指導しています。

広島大学病理専門研修プログラム