MUC21 is a novel, negative immunohistochemical marker for epithelioid mesothelioma for its differentiation from lung adenocarcinoma.
Kai Y, Amatya VJ, Kushitani K, Kambara T, Suzuki R, Tsutani Y, Miyata Y, Okada M, Takeshima Y.
Histopathology. 2018 Oct 17. doi: 10.1111/his.13775. [Epub ahead of print]

Increased risk of recurrence in resected EGFR-positive pN0M0 invasive lung adenocarcinoma.
Ito M, Miyata Y, Kushitani K, Yoshiya T, Kai Y, Tsutani Y, Mimura T, Konishi K, Takeshima Y, Okada M.
Thorac Cancer. 2018 Dec;9(12):1594-1602

Perfusion Computed Tomography Parameters Are Useful for Differentiating Glioblastoma, Lymphoma, and Metastasis.
Onishi S, Kajiwara Y, Takayasu T, Kolakshyapati M, Ishifuro M, Amatya VJ, Takeshima Y, Sugiyama K, Kurisu K, Yamasaki F.
World Neurosurg. 2018 Nov;119:e890-e897.

miR-182 and miR-183 promote cell proliferation and invasion by targeting FOXO1 in mesothelioma
Suzuki R, Amatya VJ, Kushitani K, Kai Y, Kambara T, Takeshima Y.
Front. Oncol. | doi: 10.3389/fonc.2018.00446

Astroblastoma: A Distinct Tumor Entity Characterized by Alterations of the X Chromosome and MN1 Rearrangement.
Hirose T, Nobusawa S, Sugiyama K, Amatya VJ, Fujimoto N, Sasaki A, Mikami Y, Kakita A, Tanaka S, Yokoo H.
Brain Pathol. 2018 Sep;28(5),684-694

Concurrent Schwannoma and Meningioma Arising in the Same Spinal Level: A Report of Two Cases.
Matsuda S, Kajihara Y, Abiko M, Mitsuhara T, Takeda M, Karlowee V, Yamaguchi S, Amatya VJ, Kurisu K.
NMC Case Rep J. 2018 Sep;5(4):105-109.

The differences in histological changes among pulmonary vessels divided with an energy device.
Yoshiya T, Mimae T, Tsubokawa N, Sasada S, Tsutani Y, Kushitani K, Takeshima Y, Miyata Y, Okada M
Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2018 Sep;27(3):372-378.

Improved differentiation between high- and low-grade gliomas by combining dual-energy CT analysis and perfusion CT.
Kaichi Y, Tatsugami F, Nakamura Y, Baba Y, Iida M, Higaki T, Kiguchi M, Tsushima S, Yamasaki F, Amatya VJ, Takeshima Y, Kurisu K, Awai K.
Medicine (Baltimore). 2018 Aug;97(32):e11670.

Coexistence of gastrointestinal stromal tumor and leiomyosarcoma of the stomach presenting as a collision tumor: A case report and review of literature
Kitagawa H, Kaneko M, Kano M, Ibuki Y, Amatya VJ,Takeshima Y, Hirabayashi N, Hirota S.
Pathol Int. 2018 May;68(5):313-317.

Glypican-1 immunohistochemistry is a novel marker to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma
Amatya VJ, Kushitani K, Kai Y, Suzuki R, Miyata Y, Okada M, Takeshima Y.
Modern Pathology 2018; 31(5):809–815

Characteristics of Benign and Malignant Bone Tumors Registered in the Hiroshima Tumor Tissue Registry, 1973-2012.
Sugiyama H, Omonishi K, Yonehara S, Ozasa K, Kajihara H, Tsuya T, Takeshima Y.
JB JS Open Access. 2018 May 29;3(2):e0064

Proton MRS detection of high lipid levels and low ADC is characteristics of germinoma.
Yamasaki F, Kinoshita Y, Takayasu T, Usui S, Kolakshyapati M, Takano M, Tsuyuguchi S, Amatya VJ, Akiyama Y, Takeshima Y, Sugiyama K, Kurisu K.
World Neurosurg. 2018;112(4):e84–e94

Utility of Survivin, BAP1, and Ki‑67 immunohistochemistry in distinguishing epithelioid mesothelioma from reactive mesothelial hyperplasia.
Kushitani K, Amatya VJ, Mawas AS, Suzuki R, Miyata Y, Okada M, Inai K, Kishimoto T.Takeshima Y.
Oncology Letters 2018;15(3):3540-3547

Prognostic implications of the subcellular localization of survivin in glioblastomas treated with radiotherapy plus concomitant and adjuvant temozolomide.
Saito T, Sugiyama K, Takeshima Y, Amatya VJ, Yamasaki F, Takayasu T, Nosaka R, Muragaki Y, Kawamata T, Kurisu K.
J Neurosurg. 2018; 128(3):679-684

Nonenhancing peritumoral hyperintense lesion on diffusion-weighted imaging in glioblastoma: a novel diagnostic and specific prognostic indicator.
Kolakshyapati M, Adhikari RB, Karlowee V, Takayasu T, Nosaka R, Amatya VJ, Takeshima Y, Akiyama Y, Sugiyama K, Kurisu K, Yamasaki F.
J Neurosurg. 2018; 128(3):667-678

MUC4 immunohistochemistry is useful in distinguishing epithelioid mesothelioma from adenocarcinoma and squamous cell carcinoma of the lung
Mawas AS, Amatya VJ, Kushitani K, Kai Y, Miyata Y, Okada M, Takeshima Y.
Scientific Reports 2018; vol.8,Article no.134

RELA fusion-positive anaplastic ependymoma: molecular characterization and advanced MR imaging.
Onishi S, Yamasaki F, Nakano Y, Takayasu T, Amatya VJ, Kolakshyapati M, Takeshima Y, Hirose T, Ichimura K, Sugiyama K, Kurisu K.
Brain Tumor Pathol. 2018;35(1):41-45.

Therapeutic strategies and genetic profile comparisons in small cell carcinoma and large cell neuroendocrine carcinoma of the lung using next-generation sequencing.
Ito M, Miyata Y, Hirano S, Kimura S, Irisuna F, Ikeda K, Kushitani K, Tsutani Y, Ueda D, Tsubokawa N, Takeshima Y, Okada M.
Oncotarget. 2017; 8(65):108936-108945.

Identification of DAB2 and Intelectin-1 as Novel Positive Immunohistochemical Markers of Epithelioid Mesothelioma by Transcriptome Microarray Analysis for its Differentiation From Pulmonary Adenocarcinoma.
Kuraoka M, Amatya VJ, Kushitani K, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Kishimoto T, Inai K, Nishisaka T, Sueda T, Takeshima Y.
Am J Surg Pathol. 2017; 41(8):1045-1052

Inflammatory myofibroblastic tumors of the lung carrying a chimeric A2M-ALK gene: report of two infantile cases and review of the differential diagnosis of infantile pulmonary lesions.
Tanaka M, Kohashi K, Kushitani K, Yoshida M, Kurihara S, Kawashima M, Ueda Y, Souzaki R, Kinoshita Y, Oda Y, Takeshima Y, Hiyama E, Taguchi T, Tanaka Y.
Hum Pathol. 2017;66(8):177-182

Role for loss of nuclear PTEN in a harbinger of brain metastases.
Nosaka R, Yamasaki F, Saito T, Takayasu T, Kolakshyapati M, Amatya VJ, Takeshima Y, Sugiyama K, Kurisu K.
J Clin Neurosci. 2017; 44(8):148-154

Diffuse leptomeningeal glioneuronal tumor (DLGNT) mimicking Whipple's disease: a case report and literature review.
Karlowee V, Kolakshyapati M, Amatya VJ, Takayasu T, Nosaka R, Sugiyama K, Kurisu K, Yamasaki F.
Childs Nerv Syst. 2017; 33(8):1411-1414

A comparison of clinicopathological features and prognosis in prostate cancer between atomic bomb survivors and control patients.
Shoji K, Teishima J, Hayashi T, Shinmei S, Akita T, Sentani K, Takeshima Y, Arihiro K, Tanaka J, Yasui W, Matsubara A.
Oncol Lett. 2017;14(1):299-305

Sellar Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor (AT/RT): A Clinicopathologically and Genetically Distinct Variant of AT/RT.
Nakata S, Nobusawa S, Hirose T, Ito S, Inoshita N, Ichi S, Amatya VJ, Takeshima Y, Sugiyama K, Sonoda Y, Haga H, Hirato J, Nakazato Y, Yokoo H.
American Journal of Surgical Patholology. 2017; 41(7): 932-940

MUC4, a novel immunohistochemical marker identified by gene expression profiling, differentiates pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma.
Amatya VJ, Kushitani K, Mawas AS, Miyata Y, Kishimoto T, Okada M, Inai K, Takeshima Y.
Mod Pathol. 2017; 30(5): 672-681

PIM1 knockdown inhibits cell proliferation and invasion of mesothelioma cells.
Mawas AS, Amatya VJ, Suzuki R, Kushitani K, Mohi El-Din MM, Takeshima Y.
Interntional Journal of Oncology; 2017 Mar; 50(3):1029-1034

Utility and pitfall of Immunohistochemistry in the Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Poorly Differentiated Lung Squamous Cell Carcinoma.
Kushitani K, Amatya VJ, Okada Y, Katayama Y, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Inai K, Kishimoto T, Takeshima Y.
Histopathology. 2017; 70(3): 375-384

Multicentric Glioma Develops via a Mutant IDH1-Independent Pathway: Immunohistochemical Study of Multicentric Glioma.
Karlowee V, Amatya VJ, Hirano H, Takayasu T, Nosaka R, Kolakshyapati M, Yoshihiro M, Takeshima Y, Sugiyama K, Arita K, Kurisu K, Yamasaki F.
Pathobiology. 2017; 84(2): 99-107

Prognostic Role of Subtype Classification in Small-Sized Pathologic N0 Invasive Lung Adenocarcinoma.
Yoshiya T, Mimae T, Tsutani Y, Tsubokawa N, Sasada S, Miyata Y, Kushitani K, Takeshima Y, Murakami S, Ito H, Nakayama H, Okada M.
Annals of Thoracic Surgery. 102(5):1668-1673, 2016

Prognostic significance of vascular invasion in intermediate-grade subtype of lung adenocarcinoma.
Tsubokawa N, Mimae T, Miyata Y, Sasada S, Yoshiya T, Kushitani K, Takeshima Y, Murakami S, Yokose T, Ito H, Nakayama H, Okada M.
Japanese Journal of Clinical Oncology. 46(11): 1015-1021, 2016

Histone H2A T120 Phosphorylation Promotes Oncogenic Transformation via Upregulation of Cyclin D1.
Aihara H, Nakagawa T, Mizusaki H, Yoneda M, Kato M, Doiguchi M, Imamura Y, Higashi M, Ikura T, Hayashi T, Kodama Y, Oki M, Nakayama T, Cheung E, Aburatani H, Takayama KI, Koseki H, Inoue S, Takeshima Y, Ito T.
Molecular Cell. 64(1):176-188, 2016

Pleural irregularities and mediastinal pleural involvement in early stages of malignant pleural mesothelioma and benign asbestos pleural effusion.
Kato K, Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T.
European Journal of Radiology. 85(9):1594-600, 2016

Fatal pleural mesothelioma in Japan (2003_2008): evaluation of computed tomography findings.
Kato K, Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T.
Japanese Journal of Radiology. 2016; 34(6): 432_438

Solitary Langerhans cell histiocytosis located in the neurohypophysis with a positive titer HCG-β in the cerebrospinal fluid.
Kinoshita Y, Yamasaki F, Usui S, Amatya VJ, Tominaga A, Sugiyama K, Kurisu K.
Child's Nervous System. 32(5):901-4, 2016

Differential microRNA expression profiling of mesothelioma and expression analysis of miR-1 and miR-214 in mesothelioma.
Amatya VJ, MawasAS, Kushitani K, Mohi El-Din MM, Takeshima Y.
Interntional Journal of Oncology. 48(4): 1599-1607,2016; 2016

Computed Tomographic Features of Malignant Peritoneal Mesothelioma.
Kato K, Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T.
Anticancer Research. 36(3):1067-72, 2016

Benign fibrous histiocytoma arising at the temporal bone of an infant - case report and review of the literature.
Yamasaki F, Takayasu T, Nosaka R, Amatya VJ, Takeshima Y, Yoshihiro M and Kurisu K.
Child's Nervous System. 2016;32(1):189-93.

Use of Anti-Noxa Antibody for Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Reactive Mesothelial Hyperplasia.
Kushitani K, Amatya VJ, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Takeshima Y.
Pathobiology. 83(1):33-40, 2016

Assosiation between [18F]-fluoro-2-deoxyglucose uptake and expressions of hypoxia-induced factor 1α and glucose transporter 1 in non-small cell lung cancer.
Furukawa T, Miyata Y, Kushitani K, Mimae T, Tsutani Y, Takeshima Y and Okada M.
Japanese Journal of Clinical Oncology. 2015; 45(12):1154-1161.

Magnetic resonance spectroscopy detection of high lipid levels in intraaxial tumors without central necrosis: a characteristic of malignant lymphoma.
Yamasaki F, Takayasu T, Nosaka R, Amatya VJ, Doskaliyev A, Akiyama Y, Tominaga A, Takeshima Y, Sugiyama K, Kurisu K.
Journal of Neurosurgery 122 (6) : 1370-1379, 2015.

Prognostic impact of lymphatic invasion for pathological stage I squamous cell carcinoma of the lung.
Tsutani Y, Miyata Y, Mimura T, Kushitani K, Takeshima Y, Yoshimura M and Okada M.
The General Thoracic and Cardiovascular Surgery, 63(3):153-158, 2015

Prediction for prognosis of resected pT1a-1bN0M0 adenocarcinoma based on tumor size and histological status: Relationship of TNM and IASLC/ATS/ERS classifications.
Ito M, Miyata Y, Kushitani K, Yoshiya T, Mimae T, Ibuki Y, Misumi K, Takeshima Y, Okada M.
Lung Cancer. 2014 Aug;85(2):270-5.

Role of lymphatic invasion in the prognosis of patients with clinical node-negative and pathologic node-positive lung adenocarcinoma.
Mimae T, Tsutani Y, Miyata Y, Yoshiya T, Ibuki Y, Kushitani K, Takeshima Y, Nakayama H, Okumura S, Yoshimura M, Okada M.
J Thorac Cardiovasc Surg. 2014 Jun;147(6):1820-6.

Propensity score-matched analysis of adjuvant chemotherapy for stage I non-small cell lung cancer.
Tsutani Y, Miyata Y, Kushitani K, Takeshima Y, Yoshimura M. and Okada M.
The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 148(4): p1179-1185, 2014.

Treatment and survival analyses of malignant mesothelioma in Japan.
Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Kato K, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T.
Acta Oncologica 2013; 52(4): 803_808

Desmoplastic/nodular medulloblastoma associated with anhidrotic ectodermal dysplasia.
Watanabe Y, Yamasaki F, Nakamura K, Kajiwara Y, Takayasu T, Hirose T, Amatya VJ, Sugiyama K, Kobayashi M, Kurisu K.
International Cancer Conference Journal. 2 (3) : 178-182, 2013.

The prognostic role of pathologic invasive component size, excluding lepidic growth, in stage I lung adenocarcinoma.
Tsutani Y, Miyata Y, Mimae T, Kushitani K, Takeshima Y, Yoshimura M, Okada M.
The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery. 146(3):580-585, 2013

CD9 expression as a favorable prognostic marker for patients with malignant mesothelioma.
Amatya VJ, Takeshima Y, Aoe K, Fujimoto N, Okamoto T, Yamada T, Kishimoto T, Morimoto C, Inai K.
Oncology Reports. 2013; 29(1): 21-28

Role of perfusion-weighted imaging at 3T in the histopathological differentiation between astrocytic and oligodendroglial tumors.
Saito T, Yamasaki F, Kajiwara Y, Abe N, Akiyama Y, Kakuda T, Takeshima Y, Sugiyama K, Okada Y and Kurisu K.
European Journal of Radiology. 81(8) : 1863-1869, 2012.

Leiomyosarcoma of the sigmoid colon with multiple liver metastases and gastric cancer: a case report.
Hamai Y, Hihara J, Emi M, Aoki Y, Kushitani K, Tanabe K, Okada M.
BMC Gastroenterology, 12(98), 2012

CD26 overexpression is associated with prolonged survival and enhanced chemosensitivity in malignant pleural mesothelioma.
Aoe K, Amatya VJ, Fujimoto N, Ohnuma K, Hosono O, Hiraki A, Fujii M, Yamada T, Dang NH, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T and Morimoto C.
Clinical Cancer Research. 18(5) : 1447-1456, 2012.

National survey of malignant mesothelioma and asbestos exposure in Japan.
Gemba K, Fujimoto N, Kato K, Aoe K, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T.
Cancer Science. 103(3): 483-90, 2012

Lymphomas and glioblastomas: differences in the apparent diffusion coefficient evaluated with high b-value diffusion-weighted magnetic resonance imaging at 3T.
Doskaliyev A, Yamasaki F, Ohtaki M, Kajiwara Y, Takeshima Y, Watanabe Y, Takayasu T, Amatya VJ, Akiyama Y, Sugiyama K, Kurisu K.
European Journal of Radiology. 81(2) : 339-344, 2012.

Overexpression of CD26/DPPIV in mesothelioma tissue and mesothelioma cell lines.
Amatya VJ, Takeshima Y, Kushitani K, Yamada T, Morimoto C, Inai K
Oncology Reports. 26(6):1369-1375, 2011.

Clinical, radiological and pathological investigation of asbestosis.
Kishimoto T, Kato K, Arakawa H, Ashizawa K, Inai K, Takeshima Y.
International Journal of Environmental Research and Public Health. 8(3):899-912, 2011.

Clinical study on mesothelioma in Japan: Relevance to occupational asbestos exposure.
Kishimoto T, Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Kato K, Takeshima Y, Inai K.
Am J Ind Med. 2010 Nov;53(11):1081-7

Myogenic antigen expression is useful for differentiation between epithelioid mesothelioma and non-neoplastic mesothelial cells.
Tsukiji H, Takeshima Y, Amatya VJ, Kushitani K, Inai K.
Histopathology. 56(7) : 969-974, 2010.

Trigeminal neuropathy from perineural spread of an amyloidoma detected by blink reflex and thin-slice magnetic resonance imaging.
Yamazaki Y, Ochi K, Nakata Y, Dohi E, Eguchi K, Yamaguchi S, Matsushige T, Ueda T, Amatya VJ, Takeshima Y, Nakamura T, Ohtsuki T, Kohriyama T, Matsumoto M.
Muscle and Nerve. 41(6) : 875-878, 2010.

Evaluation of apoptosis and immunohistochemical expression of the apoptosis-related proteins in mesothelioma.
Jin L, Amatya VJ, Takeshima Y, Shrestha L, Kushitani K, Inai K.
Hiroshima Journal of Medical Sciences. 59(2) : 27-33, 2010.

Glioblastoma treated with postoperative radio-chemotherapy: Prognostic value of apparent diffusion coefficient at MR imaging.
Yamasaki F, Sugiyama K, Ohtaki M, Takeshima Y, Abe N, Akiyama Y, Takaba J, Amatya VJ, Saito T, Kajiwara Y, Hanaya R, Kurisu K.
European Journal of Radiology. 73(3) : 532-537, 2010.

Role of PROPELLER diffusion weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the diagnosis of sellar and parasellar lesions.
Mahmoud OM, Tominaga A, Amatya VJ, Ohtaki M, Sugiyama K, Saito T, Sakoguchi T, Kinoshita Y, Shrestha P, Abe N, Akiyama Y, Takeshima Y, Arita K, Kurisu K, Yamasaki F.
European Journal of Radiology. 74(3) : 420-427, 2010.

Aberrant promoter methylation of WIF-1 and SFRP1, 2, 4 genes in mesothelioma.
Kohno H, Amatya VJ, Takeshima Y, Kushitani K, Hattori N, Kohno N, Inai K.
Oncol Rep. 2010 Aug;24(2):423-31.

Accuracy of pathological diagnosis of mesothelioma cases in Japan: Clinicopathological analysis 382 of cases.
Takeshima Y, Inai K. Amatya VJ, Gemba K, Aoe K, Fujimoto N, Kato K, Kishimoto T.
Lung Cancer. 2009 Nov;66(2):191-7.

Caveolin-1 is a novel immunohistochemical marker to differentiated epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma.
Amatya VJ, Takeshima Y, Kohno H, Kushitani K, Yamada T, Morimoto C, Inai K.
Histopathology. 2009 Jul;55(1):10-9.

Value of immunohistochemistry in the differential diagnosis of pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma.
Takeshima Y, Amatya VJ, Kushitani K, Kaneko M,Inai K.
Histopathology. 2009 May;54(6):667-76.

Clinicopathological and immunohistochemical features of three pilomyxoid astrocytomas: Comparative study with 11 pilocytic astrocytomas.
Amatya VJ, Akazawa R, Sumimoto Y, Takeshima Y,Inai K.
Pathol Int. 2009 Feb;59(2):80-5.

Combined acromegaly and subclinical Cushing disease related to high-molecular-weight adrenocorticotropic hormone.
Oki K, Yamane K, Oda Y, Kamei N, Watanabe H, Tominaga A, Amatya VJ, Oki Y, Kohno N.
J Neurosurg. 2009 Feb;110(2):369-73.

A useful antibody panel for differential diagnosis between peritoneal mesothelioma and ovarian serous carcinoma in Japanese cases.
Takeshima Y, Amatya VJ, Kushitani K, Inai K.
Am J Clin Pathol. 2008 Nov;130(5):771-9.

Differential diagnosis of sarcomatoid mesothelioma from true sarcoma and sarcomatoid carcinoma using immunohistochemistry.
Kushitani K, Takeshima Y, Amatya VJ, Furonaka O, Sakatani A, Inai K.
Pathol Int. 2008 Feb;58(2):75-83.

Immunohistochemical marker panels for distinguishing between epithelioid mesothelioma and lung adenocarcinoma.
Kushitani K, Takeshima Y, Amatya VJ, Furonaka O, Sakatani A, Inai K.
Pathol Int. 2007 Apr;57(4):190-9.

平成29年度業績(Publication 2017)

(Shoji K., Teishima J., Hayashi T., Shinmei S., Akita T., Sentani K.), Takeshima Y., (Arihiro K., Tanaka J., Yasui W., Matsubara A.)
A comparison of clinicopathological features and prognosis in prostate cancer between atomic bomb survivors and control patients
Oncology Letters 14(1): 299-305, 2017.

Amatya V.J., Kushitani K., Mawas A.S., (Miyata Y., Okada M., Kishimoto T., Inai K.) and Takeshima Y.
MUC4, a novel immunohistochemical marker identified by gene expression profiling, differentiates pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma
Modern Pathology 30(5): 672-681, 2017.

(Nakata S., Nobusawa S., Hirose T., Ito S., Inoshita N., Ichi S.), Amatya V.J., Takeshima Y., (Sugiyama K., Sonoda Y., Haga H., Hirato J., Nakazato Y., Yokoo H.)
Sellar atypical teratoid/rhabdoid tumor (AT/RT): A clinicopathologically and genetically distinct variant of AT/RT
American Journal of Surgical Pathology 41(7): 932-940, 2017.

Kuraoka M., Amatya V.J., Kushitani K., Mawas A.S., (Miyata Y., Okada M., Kishimoto T., Inai K., Nishisaka T., Sueda T.), Takeshima Y.
Identification of DAB2 and Intelectin-1 as novel positive immunohistochemical markers of epithelioid mesothelioma by transcriptome microarray analysis for its differentiation from pulmonary adenocarcinoma
American Journal of Surgical Pathology 41(8) : 1045-1052, 2017.

(Karlowee V., Kolakshyapati M.), Amatya V.J., (Takayasu T., Nosaka R., Sugiyama K., Kurisu K., Yamasaki F.)
Diffuse leptomeningeal glioneuronal tumor (DLGNT) mimicking Whipple's disease: a case report and literature review
Child's Nervous System 33(8): 1411-1414, 2017.

(Tanaka M., Kohashi K.), Kushitani K., (Yoshida M., Kurihara S., Kawashima M., Ueda Y., Souzaki R., Kinoshita Y., Oda Y.), Takeshima Y., (Hiyama E., Taguchi T., Tanaka Y.)
Inflammatory myofibroblastic tumors of the lung carrying a chimeric A2M-ALK gene: report of two infantile cases and review of the differential diagnosis of infantile pulmonary lesions
Human Pathology 66: 177-182, 2017.

(Nosaka R., Yamasaki F., Saito T., Takayasu T. Kolakshyapati M.), Amatya V.J., Takeshima Y., (Sugiyama K., Kurisu K.)
Role for loss of nuclear PTEN in a harbinger of brain metastases
Journal of Clinical Neuroscience 44: 148-154, 2017.

(Ito, M., Miyata Y., Hirano S., Kimura S., Irisuna F., Ikeda K.), Kushitani K., (Tsutani Y., Ueda D., Tsubokawa N.), Takeshima Y. and (Okada M.)
Therapeutic strategies and genetic profile comparisons in small cell carcinoma and large cell neuroendocrine carcinoma of the lung using next-generation sequencing
Oncotarget 8(65): 108936-108945, 2017.

(Onishi S., Yamasaki F., Nakano Y., Takayasu T.), Amatya V.J., (Kolakshyapati M.), Takeshima Y., (Hirose T., Ichimura K., Sugiyama K., Kurisu K.)
RELA fusion-positive anaplastic ependymoma: molecular characterization and advanced MR imaging
Brain Tumor Pathology 35(1): 41-45, 2018.

Mawas A.S., Amatya V.J., Kushitani K., (Kai Y., Miyata Y., Okada M.), Takeshima Y.
MUC4 immunohistochemistry is useful in distinguishing epithelioid mesothelioma from adenocarcinoma and squamous cell carcinoma of the lung
Scientific Reports 8(1): 134, 2018.

Kushitani K., Amatya V.J., Mawas A.S., Suzuki R., (Miyata Y., Okada M., Inai K., Kishimoto T.), Takeshima Y.
Utility of Survivin, BAP1, and Ki‑67 immunohistochemistry in distinguishing epithelioid mesothelioma from reactive mesothelial hyperplasia
Oncology Letters 15(3): 3540-3547, 2018.

(Kolakshyapati M., Adhikari R.B., Karlowee V., Takayasu T., Nosaka R.), Amatya V.J., Takeshima Y., (Akiyama Y., Sugiyama K., Kurisu K., Yamasaki F.)
Nonenhancing peritumoral hyperintense lesion on diffusion-weighted imaging in glioblastoma: a novel diagnostic and specific prognostic indicator
Journal of Neurosurgery 128(3):667-678, 2018.

(Saito T., Sugiyama K.), Takeshima Y., Amatya V.J., (Yamasaki F., Takayasu T., Nosaka R., Muragaki Y., Kawamata T., Kurisu K.1)
Prognostic implications of the subcellular localization of survivin in glioblastomas treated with radiotherapy plus concomitant and adjuvant temozolomide
Journal of Neurosurgery 128(3): 679-684, 2018.

(Hirose T., Nobusawa S., Sugiyama K.), Amatya V.J., (Fujimoto N., Sasaki A., Mikami Y., Kakita A., Tanaka S., Yokoo H.)
Astroblastoma: A distinct tumor entity characterized by alterations of the X chromosome and MN1 rearrangement
Brain Pathology  2017.Oct.9 [Epub ahead of print]

(Yamasaki F., Kinoshita Y., Takayasu T., Usui S., Kolakshyapati M., Takano M., Tsuyuguchi S.), Amatya V.J., (Akiyama Y.), Takeshima Y., (Sugiyama K., Kurisu K.)
Proton magnetic resonance spectroscopy detection of high lipid levels and low apparent diffusion coefficient is characteristic of germinomas
World Neurosurgery  2017.Dec.20 [Epub ahead of print]

Amatya V.J., Kushitani K., Kai Y., Suzuki R., (Miyata Y., Okada M.), Takeshima Y.
Glypican-1 immunohistochemistry is a novel marker to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma
Modern Pathology  2018.Jan.12 [Epub ahead of print]

(Yoshiya T, Mimae T, Tsubokawa N, Sasada S, Tsutani Y), Kushitani K, Takeshima Y, (Miyata Y, Okada M).
The differences in histological changes among pulmonary vessels divided with an energy device.
Interact Cardiovasc Thoracic Surgery  2018.Mar.16 [Epub ahead of print]

(Kitagawa H, Kaneko M, Kano M, Ibuki Y), Amatya V.J., Takeshima Y, (Hirabayashi N, Hirota S.)
Coexistence of gastrointestinal stromal tumor and leiomyosarcoma of the stomach presenting as a collision tumor: A case report and review of literature
Pathology International  2018.March.25 [Epub ahead of print]

櫛谷 桂,武島幸男,(城間紀之,宮田義浩,岡田守人)
肺乳頭腺腫の1例 
広島医学     70(5): 245-246, 2017.

Amatya V.J., Mawas A.S., Kushitani K., (Kai Y., Miyata Y., Okada M.), Takeshima Y.
Diagnostic utility of MUC4 expression to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma and squamous cell carcinoma
IASLC 18th World Conference on Lung Cancer  示説
2017年10月15日〜10月18日  横浜市

Kuraoka M., Amatya V.J., Kushitani K., Mawas A.S., (Miyata Y., Okada M., Kishimoto T., Inai K., Nishisaka T., Sueda T.), Takeshima Y.
Identification of DAB2 and Intelection-1 as novel positive immunohistochemical markers of epithelioid mesothelioma
IASLC 18th World Conference on Lung Cancer  示説
2017年10月15日〜10月18日  横浜市

Kushitani K., Amatya V.J., (Okada Y., Katayama Y., Mawas A.S., Miyata Y., Okada M., Inai K., Kishimoto T.), Takeshima Y.
Usefulness of immunohistochemistry in the differential diagnosis of epithelioid mesothelioma and lung squamous cell carcinoma
IASLC 18th World Conference on Lung Cancer  示説
2017年10月15日〜10月18日  横浜市

(Ito M., Miyata Y., Hirano S., Kimura S., Irisuna F.), Kushitani K., (Tsutani Y.), Takeshima Y., (Okada M.)
Therapeutic strategies and genetic comparisons in SCLC and LCNEC of the lung using next-generation sequencing
IASLC 18th World Conference on Lung Cancer  示説
2017年10月15日〜10月18日  横浜市

武島幸男   
肉腫型中皮腫の病理診断についての諸問題〜中皮腫パネル検討症例を中心に〜
第106回日本病理学会総会
コンパニオンミーティング7 石綿・中皮腫研究会 中皮腫診断の最前線
2017年4月27日〜4月29日  東京都

Amatya V.J., 櫛谷 桂,鈴木瑠偉,Mawas A.S.,武島幸男
MUC4, immunohistochemical marker to differentiate lung adenocarcinoma from epithelioid mesothelioma
第106回日本病理学会総会  演説
2017年4月27日〜4月29日  東京都

櫛谷 桂,Amatya V.J.,(宮原 新,大岡郁子,鈴木瑠偉),Mawas A.S.,武島幸男
上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断におけるIntelectin-1, DAB2免疫組織化学的染色の有用性
第106回日本病理学会総会  演説
2017年4月27日〜4月29日  東京都

(金子真弓,松浦博夫,江川博彌,北川浩樹,池田拓広,向田秀則),Amatya V.J.,武島幸男
小細胞型胸膜悪性中皮腫の1例
第106回日本病理学会総会  示説
2017年4月27日〜4月29日  東京都

(大岡郁子),櫛谷 桂,Amatya V.J.,Mawas A.S.,(鈴木瑠偉,宮原 新),武島幸男
免疫組織化学的染色による上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断
第106回日本病理学会総会  示説
2017年4月27日〜4月29日  東京都

(鈴木瑠偉),Mawas A.S.,(宮原 新,大岡郁子),Amatya V.J.,櫛谷 桂,武島幸男
PIM1の抑制は中皮腫細胞の細胞増殖および浸潤を抑制する
第106回日本病理学会総会  示説
2017年4月27日〜4月29日  東京都

(大西俊平,山崎文之),Amatya V.J.,(齋藤太一, 高安武志, 野坂 亮, 杉山一彦, 栗栖 薫)
RELA fusion positive ependymomaの一例
第35回日本脳腫瘍病理学会  示説
2017年5月19日~5月20日  宇都宮市

(高安武志,山崎文之),Amatya V.J.,(齋藤太一,野坂 亮,杉山一彦,栗栖 薫)
脳室内に発生したリンパ形質細胞リンパ腫の1例
第35回日本脳腫瘍病理学会  示説
2017年5月19日~5月20日  宇都宮市

(山崎文之, Karlowee V., 齋藤太一, 高安武志, 野坂 亮), Amatya V.J., 武島幸男, (杉山一彦, 栗栖 薫)
Diffuse Leptomeningeal glioneuronal tumorの1例
第35回日本脳腫瘍病理学会  示説
2017年5月19日~5月20日  宇都宮市

(Karlowee V., 山崎文之), Amatya V.J., (平野宏文, 高安武志, 野坂 亮), 武島幸男, (杉山一彦, 有田和徳, 栗栖 薫)
Multicentric Glioma Develops via a Mutant IDH1-Independent Pathway
第35回日本脳腫瘍病理学会  示説
2017年5月19日~5月20日  宇都宮市

(阪本 聖,田中信利,柏原倫子,御手洗賀世,江川博彌,谷本博利,金子真弓),武島幸男
小細胞型胸膜悪性中皮腫の1例
第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会)  示説
2017年5月26日〜5月28日  大阪市

倉岡正嗣,Amatya V.J.,櫛谷 桂,Mawas A.S.,(宮田義浩,岡田守人,岸本卓巳,井内康輝,西阪 隆,末田泰二郎),武島幸男
網羅的遺伝子発現解析から同定したDAB2 とIntelectin-1 の上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断における有用性
第24回石綿・中皮腫研究会  演説
2017年10月7日  大阪市

櫛谷 桂,武島幸男
肺腫瘍 (Extraskeletal osteosarcoma of intimal origin)
第68回広島病理集談会  演説
2017年7月15日  広島大学

櫛谷 桂,武島幸男
肺腫瘍 (Fetal adenocarcinoma, high grade)
日本病理学会中国四国支部学術集会第125回スライドカンファレンス  演説

2018年2月17日  広島大学

Amatya V.J.,櫛谷 桂,武島幸男
肺腺癌と上皮型中皮腫の鑑別に有用な新規マーカーの探索-網羅的遺伝子発現解析から免疫組織化学的染色マーカーへの展開-
第12回中皮腫細胞診セミナー
2017年9月16日〜9月17日  広島大学

武島幸男,Amatya V.J.,櫛谷 桂
全24回の中皮腫パネルの概略と興味深い例の供覧
第12回中皮腫細胞診セミナー
2017年9月16日〜9月17日  広島大学

Amatya V.J.
The strategy for the diagnosis of glioma with reference to the updated who classification of glioma.
第69回広島病理集談会
2018年3月3日  広島大学

武島幸男
症例1, 5の解説
第25回中皮腫パネル
2017年9月30日  川崎市

Amatya V.J
症例2, 6, 7の解説
第25回中皮腫パネル
2017年9月30日  川崎市

櫛谷 桂
症例3,4, 8の解説
第25回中皮腫パネル
2017年9月30日  川崎市

(平石純斗,中 康彦,山根真由香),Amatya V.J.
診断に苦慮した呼吸困難を来たした一例
第66回マツダ病院CPC
2017年7月25日  安芸郡府中町

(世古口真吾,山本真弘,住居晃太郎),櫛谷 桂
下血で入院後,循環不全で死亡した一例
第67回マツダ病院CPC
2017年9月19日  安芸郡府中町

(平石純斗,長沖祐子),武島幸男
無症候性原発性胆汁性肝硬変(胆管炎)の一例
第68回マツダ病院CPC
2017年11月28日  安芸郡府中町

(尾上 綾,山根真由香),櫛谷 桂
器質化肺炎の加療中に病態変化を来たし死亡した一例
第69回マツダ病院CPC
2017年11月28日  安芸郡府中町

(中村岳夫,田坂晋作,齊藤尚美,山根真由香,大成洋二郎),Amatya V.J.
肺結節影の精査中に呼吸不全が進行し死亡した一例
第70回マツダ病院CPC
2018年1月31日  安芸郡府中町

武島幸男   
ポスター発表(一般)57 呼吸器・胸腺・中皮7
第106回日本病理学会総会     
2017年4月27日〜4月29日  東京都

武島幸男
第63回日本病理学会秋期特別総会
コンパニオンミーティング 2(日本肺病理学会)
癌,肺線維症をめぐる新しい展開
2017年11月3日 東京都

武島幸男
第69回広島病理集談会 講演
Amatya V.J. “The strategy for the diagnosis of glioma with reference to the updated who classification of glioma.”
2018年3月3日  広島市

広島病理集談会
 第68回:2017年7月15日(8題)
 第69回:2018年3月3日(5題)

中皮腫パネル
第25回:2017年9月30日(8題)

櫛谷 桂
第35回(平成28年度)広仁会賞
平成29年6月10日

研究課題名(平成29年〜平成31年)
網羅的遺伝子発現解析に基づく中皮腫診断の特異的マーカーの検出
主任研究者:武島幸男,分担研究者:Amatya V.J.,櫛谷 桂

平成29年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務 (石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する調査編)
主任研究者 武島幸男 分担研究者 井内康輝,岸本卓巳,石川雄一,岡田守人,Amatya V.J.,研究協力者 櫛谷 桂 平成30年3月30日

平成29年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務 (新たな免疫染色抗体を用いた中皮腫診断法の開発に関する調査編)
主任研究者 廣島健三(東京女子医大八千代病院),分担研究者 石川雄一,岡 輝明,大林千穂,武島幸男 平成30年3月30日

平成29年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(肉腫型中皮腫に関する調査編)
主任研究者 石川雄一(がん研究所),分担研究者 廣島健三,岡 輝明,大林千穂,武島幸男 平成30年3月30日

広島県腫瘍登録報告書 No.42. 武島幸男 監修
2018年3月30日

病理診断件数
大学病院  2,783
関連施設 12,013
総  計 14,796

病理解剖件数
大学病院 10
関連施設  7
総  計 17

平成28年度業績(Publication 2016)

武島幸男,Amatya V.J.,櫛谷 桂
良性石綿胸水と胸膜中皮腫の病理学的鑑別
アスベスト関連疾患日常診療ガイド アスベスト関連疾患を見逃さないために 改訂3版
独立行政法人労働者健康安全機構 編 p92-93, 2016.

(手島伸一)、武島幸男、(畑中佳奈子)
性分化疾患と性腺腫瘍(卵巣腫瘍)
卵巣・卵管腫瘍病理アトラス 改訂・改題第2版
森谷卓也、手島伸一 編 文光堂 p103-109, 2016.

武島幸男
性腺芽腫 gonadoblastoma
卵巣・卵管腫瘍病理アトラス 改訂・改題第2版
森谷卓也、手島伸一 編 文光堂 p342-344, 2016.

武島幸男,Amatya V.J.,櫛谷 桂,(西阪 隆)
非角化型扁平上皮癌の診断と鑑別(生検および切除組織)
病理と臨床 34(4) : 332-339, 2016.

(Yamasaki F., Takayasu T., Nosaka R.), Amatya V.J., Takeshima Y., (Yoshihiro M. and Kurisu K.)
Benign fibrous histiocytoma arising at the temporal bone of an infant - case report and review of the literature
Child's Nervous System 32(1) : 189-193, 2016.

 (Kinoshita Y., Yamasaki F., Usui S.), Amatya V.J., (Tominaga A., Sugiyama K., Kurisu K.)
Solitary Langerhans cell histiocytosis located in the neurohypophysis with a positive titer HCG-β in the cerebrospinal fluid
Child's Nervous System 32(5) : 901-904, 2016.

(Kato K., Gemba K., Fujimoto N., Aoe K.), Takeshima Y., (Inai K., and Kishimoto T.)
Computed tomographic features of malignant peritoneal mesothelioma
Anticancer Research 36 : 1067-1072, 2016.

Kushitani K., Amatya V.J., Mawas A.S., (Miyata Y., Okada M.), Takeshima Y.
Use of Anti-Noxa Antibody for Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Reactive Mesothelial Hyperplasia
Patholobiology 83(1) : 33-40, 2016.

Amatya V.J., Mawas A.S., (Mouchira M.Mohi El-Din) and Takeshima Y.
Differential microRNA expression profiling mesothelioma and expression analysis of miR-1 and miR-214 in mesothelioma
International Journal of Oncology 48(4) : 1599-1607, 2016.

(Kato K., Gemba K., Fujimoto N., Aoe K.), Takeshima Y., (Inai K., Kishimoto T.)
Fatal pleural mesothelioma in Japan (2003-2008): evaluation of computed tomography findings
Japanese Journal of Radiology 34(6) : 432-438, 2016.

(Kato K., Gemba K., Fujimoto N., Aoe K.), Takeshima Y., (Inai K., Kishimoto T.)
Pleural irregularities and mediastinal pleural involvement in early stages of malignant pleural mesothelioma and benign asbestos pleural effusion
European Journal of Radiology 85(9) : 1594-1600, 2016.

(Aihara H., Nakagawa T., Mizusaki H., Yoneda M., Kato M., Doiguchi M., Imamura Y., Higashi M., Ikura T., Hayashi T., Kodama Y., Oki M., Nakayama T., Cheung E., Aburatani H., Takayama K., Koseki H., Inoue S.), Takeshima Y. and (Ito T.)
Histone H2A T120 phosphorylation promotes oncogenic transformation via upregulation of Cyclin D1
Molecular Cell 64(1) : 176-188, 2016.

(Yoshiya T., Mimae T., Tsutani Y., Tsubokawa N., Sasada S., Miyata Y.), Kushitani K., Takeshima Y., (Murakami S., Ito H., Nakayama H. and Okada M.)
Prognostic Role of Subtype Classification in Small-Sized Pathologic N0 Invasive Lung Adenocarcinoma
The Annals of Thoracic Surgery 102(5): 1668-1673, 2016.

(鎌田七男,七條和子,高辻俊宏,松山睦美),武島幸男,(関根一郎,中島正洋)
広島フォールアウト地域4重がん症例の肺がん組織で証明された内部被ばく
広島医学 69(4) : 359-361, 2016.

(金子真弓、杉山裕美、小笹晃太郎、歌田真依、有田健一、梶原博毅、米原修治、武島幸男、(鎌田七男、安井 弥)
広島県腫瘍登録における食道腫瘍の組織型別登録数・登録割合の検討(1973年-2008年)
JACR Monograph 22: 28-37, 2016.

(仙谷和弘、小川郁子、小笹晃太郎、定金敦子、歌田真依、野間 純、山田博康、津谷隆史、梶原博毅、米原修治)、武島幸男、(安井 弥)
広島県腫瘍登録における唾液腺腫瘍の解析
JACR Monograph 22: 179-181, 2016.

Yukio Takeshima
Search of novel markers for accurate pathological diagnosis of malignant mesothelioma
Global Academic Program related Meeting between Hiroshima University and the University of Texas MD Anderson Cancer Center  演説
2016年7月22日〜7月23日  広島大学

Amatya V.J., Mawas A.S., (Suzuki R.), Kushitani K., (Mouchira M. Mohi El-Din) and Takeshima Y.
Differential microRNA expression profiling of mesothelioma and expression analysis of miR-1 and miR-214 in mesothelioma
Global Academic Program related Meeting between Hiroshima University and the University of Texas MD Anderson Cancer Center  示説
2016年7月22日〜7月23日  広島大学

 

Amatya V.J.,(繰田智之,髙木祐基), Mawas A.S.,櫛谷 桂,武島幸男
Gene expression microarray analysis of sarcomatoid mesothelioma and sarcomatoid carcinoma of lung
第105回日本病理学会総会  演説
2016年5月12日〜5月14日  仙台市

Mawas A.S.,Amatya V.J.,櫛谷 桂,武島幸男
Functional analysis of PIM-1 expressions in mesothelioma cell lines
第105回日本病理学会総会  示説
2016年5月12日〜5月14日  仙台市

櫛谷 桂,(岡田靖子,片山裕也),Amatya V.J., Mawas A.S.,武島幸男
上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断における免疫組織化学的染色の有用性
第105回日本病理学会総会  示説
2016年5月12日〜5月14日  仙台市

(西岡洋介,村尾昌輝,眞能正幸,武田麻衣子,大林千穂),武島幸男,(竹田雅司)
精巣鞘膜に発生した中皮腫の一例
第105回日本病理学会総会  示説
2016年5月12日〜5月14日  仙台市

(片山裕也,岡田靖子),櫛谷 桂,Amatya V.J.,Mawas A.S.,武島幸男
低分化な胸膜上皮型中皮腫と低分化型肺腺癌の鑑別診断における免疫組織化学的染色の有用性
第105回日本病理学会総会  示説
2016年5月12日〜5月14日  仙台市

(木田佳子,大下慎一郎),Amatya V. J.,武島幸男,(志馬伸朗)
V-V ECMOの間質性肺炎急性増悪剖検肺における検討
第38回日本呼吸器療法医学会学術総会  演説
2016年7月16日〜7月17日  名古屋市

(Vega Karlowee), Amatya V.J.,(平野宏文,高安武志,野坂 亮,Kolakshyapati M.,吉廣正子),武島幸男,(杉山一彦,有田和徳,栗栖 薫,山崎文之)
Immunohistochemical study of multicentric glioma(多中心性グリーマの免疫組織化学的検討)
第30回中国四国脳腫瘍研究会  演説
2016年9月2日  広島市

櫛谷 桂、Amatya V.J.、Mawas A.S.、(鈴木瑠偉)、武島幸男
上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断におけるSurvivin, BAP1 免疫組織化学的染色の有用性
第23回石綿・中皮腫研究会  演説
2016年10月15日  札幌市

Amatya V.J.、Mawas A.S.、櫛谷 桂、武島幸男
MUC4 is novel markers to differentiate sarcomatoid mesothelioma from sarcomatoid carcinoma of lung
第57回日本肺癌学会学術集会  示説
2016年12月19日〜12月21日  福岡市

Amatya V.J.、武島幸男、(山口 智、栗栖 薫)
脳腫瘍 (Papillary meningioma)
第119回日本病理学会中国四国支部学術集会(スライドカンファレンス) 演説
2016年2月6日 宇部市

Amatya V.J.,武島幸男,(山口 智,栗栖 薫)
髄膜腫瘍 (Solitary Fibrous Tumor/Hemangiopericytoma)
第66回広島病理集談会  演説
2016年7月23日  広島大学

櫛谷 桂,武島幸男
肺腫瘍 (Epithelial-myoepithelial carcinoma)
第120回日本病理学会中国四国支部学術集会(スライドカンファレンス)  演説
2016年6月26日  香川県木田郡三木町(香川大学)

Amatya V.J.、武島幸男、(斉藤太一、栗栖 薫)
脳腫瘍 (Diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant)
第67回広島病理集談会  演説
2016年12月3日  広島大学

櫛谷 桂、武島幸男
肺腫瘤 (Mixed squamous cell and glandular papilloma)
第67回広島病理集談会  演説

2016年12月3日  広島大学

武島幸男
「がん」とは何か〜目で見てみよう〜
江田島ロータリークラブ主催 ロータリー財団100年記念事業 がん予防普及推進セミナー
2016年8月23日  江田島市

武島幸男
症例1〜9の解説
第22回中皮腫パネル 
2016年2月20日 東京都

武島幸男
症例1〜9の解説
第23回中皮腫パネル
2016年10月1日 広島大学

(安藤優和、矢野 潤、黒田 剛)、武島幸男
食道静脈瘤破裂による出血性ショックで死亡した1例
第59回マツダ病院CPC
2016年2月22日 安芸郡府中町

(岩根亨輔、松田賢人、大成洋二郎)、Amatya V. Jeet
肺癌加療中にスリガラス影が出現し呼吸不全で死亡した1例(肺小細胞癌)
第60回マツダ病院CPC
2016年2月22日  安芸郡府中町

(田坂晋作、矢野 潤)、櫛谷 桂
呼吸苦をきたした多発肺結節の1例
第61回マツダ病院CPC
2016年7月26日  安芸郡府中町

(中 康彦,岩根亨輔),武島幸男
胸痛と呼吸苦を来した胸水貯留の一例
第62回マツダ病院CPC
2016年9月27日  安芸郡府中町

(山本真弘,新庄慶大),櫛谷 桂
MRSA敗血症の一例
第63回マツダ病院CPC
2016年9月27日  安芸郡府中町

(田坂晋作、岩根亮輔)、武島幸男
肺癌の経過観察中に呼吸不全を呈し死亡した一例
第64回マツダ病院CPC
2016年10月25日  安芸郡府中町

平成26年度労災疾病臨床研究事業 胸膜中皮腫の的確な診断法保運関する研究 -鑑別診断方法と症例収集-
中皮腫の確定診断のための免疫組織化学的点差の現状と今後について
武島幸男、櫛谷 桂、Amatya V. Jeet
pp37-pp50

平成27年度 厚生労働省受託研究 「毒ガスの後遺症とその予後に関する研究班」毒ガス傷害者にみられる慢性細気管支炎を基盤とした気腫化の病理学的検討-気道上皮・肺胞上皮のDNA損傷応答を指標としてー西阪 隆、武島幸男
平成28年3月31日

平成27年度 環境省請負業務石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する調査編)報告書 2016年3月31日 研究代表者:武島幸男
平成28年3月31日
広島県腫瘍登録報告書 No.40. 武島幸男 監修 2016年3月

武島幸男
一般演題1〜3
第23回石綿・中皮腫研究会
2016年10月15日  札幌市

武島幸男
一般演題7題
第57回日本肺癌学会学術集会
2016年12月19日〜12月21日  福岡市

広島病理集談会
第66回:2016年7月23日(7題)
第67回:2016年12月3日(6題)

中皮腫パネル
第22回:2016年2月20日(9題) 於:順天堂大学
第23回:2016年10月1日(9題)於:広島大学

剖検21例 (2016年1月〜12月)
院内: 例
関連施設: 例

生検例・手術例12,948例(2016年1月〜12月)
院内: 例
関連施設:例

平成27年度業績(Publication 2015)

櫛谷 桂、武島幸男
炎症性偽腫瘍
病理と臨床-病理診断クイックリファレンス
文光堂 33(臨時増刊) : p36, 2015.

武島幸男
孤在性線維性腫瘍
病理と臨床-病理診断クイックリファレンス
文光堂   33(臨時増刊) : p37, 2015.

武島幸男
悪性中皮腫
病理と臨床-病理診断クイックリファレンス
文光堂   33(臨時増刊) : p38, 2015.

武島幸男、櫛谷 桂、Amatya VJ、(井内康輝)
通常型中皮腫の病理
石綿関連疾患の病理とそのリスクコミュニケーション,井内康輝 編著
篠原出版新社 p39-56, 2015.

(Tsutani Y, Miyata Y, Mimura T, Kushitani K, Takeshima Y, Yoshimura M, Okada M)
Prognostic impact of lymphatic invasion for pathological stage I squamous cell carcinoma of the lung.
Gen Thorac Cardiovasc Surg. 63(3):153-158, 2015.

(Yamasaki F, Takayasu T, Nosaka R), Amatya VJ, (Doskaliyev A, Akiyama Y, Tominaga A), Takeshima Y, (Sugiyama K, Kurisu K.)   
Magnetic resonance spectroscopy detection of high lipid levels in intraaxial tumors without central necrosis: a characteristic of malignant lymphoma.
Journal of Neurosurgery 122 (6) : 1370-1379, 2015.

(Yamasaki F., Takayasu T., Nosaka R.), Amatya VJ, Takeshima Y., (Yoshihiro M. and Kurisu K.)
Benign fibrous histiocytoma arising at the temporal bone of an infant - case report and review of the literature.
Child's Nervous System, 2015 Jul 15. [Epub ahead of print]

(Kinoshita Y., Yamasaki F., Usui S.), Amatya VJ, (Tominaga A., Sugiyama K., Kurisu K.)
Solitary Langerhans cell histiocytosis located in the neurohypophysis with a positive titer HCG-β in the cerebrospinal fluid.
Childs Nerv System, 2015 Nov 2. [Epub ahead of print]

(Furukawa T., Miyata Y.), Kushitani K., (Mimae T., Tsutani Y.), Takeshima Y. and (Okada M.)
Assosiation between [18F]-fluoro-2-deoxyglucose uptake and expressions of hypoxia-induced factor 1α and glucose transporter 1 in non-small cell lung cancer.
Japanese Journal of Clinical Oncology 45(12): 1154-1161, 2015.

武島幸男
病理学研究室 20年間の各研究室・各診療科の歩み
広島大学医学部 70周年記念誌 20年の歩み p22-23, 2015.

武島幸男、西阪 隆
肺扁平上皮癌の新WHO肺癌分類における主な改訂点
第104回日本病理学会総会 コンパニオンミーティング  演説
2015年4月30日〜5月2日  名古屋市
武島幸男、Amatya VJ、櫛谷 桂

武島幸男、Amatya VJ、櫛谷 桂
肉腫型中皮腫の病理診断における免疫組織化学的染色の有用性と諸問題
第22回石綿・中皮腫研究会 シンポジウム「肉腫型中皮腫の病理診断の問題点」 演説
2015年10月31日  川崎市

Mawas Amany S.、Amatya V.J.、櫛谷 桂、武島幸男
Functional analysis of miR-214 transfection on mesothelioma cell lines
第104回日本病理学会総会              演説
2015年4月30日〜5月2日  名古屋市

櫛谷 桂、(内藤佑妃、島尻寛人、金子真弓)、Amatya V.J.、武島幸男
低分化な上皮型中皮腫と低分化な非小細胞性肺癌の鑑別診断に有用な免疫組織化学的マーカーの検討
第104回日本病理学会総会              示説
2015年4月30日〜5月2日  名古屋市

(金子真弓、松浦博夫、江川博彌)、Amatya V.J.、武島幸男
腺癌が併存した古典的カルチノイド合併硬化性血管腫の1例
第104回日本病理学会総会              示説
2015年4月30日〜5月2日  名古屋市

Amatya V.J.、Mawas Amany S.、(塩田大成、森田悟希)、櫛谷 桂、武島幸男
Functional role of mir-1, mir-145, and mir-214 in mesothelioma cell proliferation and invasion
第104回 日本病理学会総会  示説
2015年4月30日〜5月2日  名古屋市

(倉岡正嗣)、櫛谷 桂、Amatya V.J.、武島幸男、(西阪 隆)
肺腺癌の間質浸潤部における筋線維芽細胞の増生の意義についての病理組織学的検討
第104回日本病理学会総会              示説
2015年4月30日〜5月2日  名古屋市

櫛谷 桂、武島幸男
Fetal lung interstitial tumorの一例
第104回日本病理学会総会  示説
2015年4月30日〜5月2日  名古屋市

(内藤佑妃、島尻寛人)、櫛谷 桂、Amatya V.J.、武島幸男
上皮型中皮腫と非小細胞性肺癌(腺癌・扁平上皮癌)の鑑別診断への免疫組織化学的染色の応用
第104回日本病理学会総会              示説
2015年4月30日〜5月2日  名古屋市     

(野坂 亮、山崎 文之、高安 武志、栗栖 薫)、武島 幸男、Amatya V.J.、(杉山 一彦)
小脳半球に発生したlarge cell/anaplastic medulloblastomaの2例,
第33回日本脳腫瘍病理学会  示説
2015年05月29日〜5月30日 高松市

(山崎 文之、高安 武志、野坂 亮)、Amatya V.J.、(杉山 一彦、栗栖 薫)
1歳児の側頭骨に発生したbenign fibrous histiocytomaの一例
第33回日本脳腫瘍病理学会  示説
2015年05月29日〜5月30日 高松市

(高安 武志, 山崎 文之, 野坂 亮), Amatya V.J., (杉山 一彦, 栗栖 薫)
小脳gangliogliomaの1例,
第33回日本脳腫瘍病理学会  示説
2015年05月29日〜5月30日 高松市

カラロウェー・ヴェガ, 山崎 文之, Amatya V.J.、 高安 武志, 野坂 亮, 杉山 一彦, 栗栖 薫,
Immunohistochemical study of multicentric glioma
第33回日本脳腫瘍病理学会  演説
2015年05月29日〜5月30日 高松市                                                           

(西阪 隆、杉山裕美、小笹晃太郎、歌田真依、有田健一、野間 純、山田博康、津谷隆史、梶原博毅、米原修治)、武島幸男、(安井 弥)
広島県腫瘍登録における精巣腫瘍の解析
地域がん登録全国協議会第24回学術集会
2015年6月10日〜6月11日  前橋市

(黒川知彰、宮田義浩、鍵本篤志、甲斐佑一郎、伊藤正興、津谷康大、三村剛史、岡田守人)、櫛谷 桂、武島幸男
胸膜中皮腫に対する胸膜切除/肺剥皮術後、同側肺内に発症した原発性肺癌の1例
第109回広島がん治療研究会  演説
2015年9月19日  広島市

(中 智昭、畑中 豊、菅野宏美、畑中佳奈子)、武島幸男、(井内康輝、三橋智子、松中吉宏)
希少症例のFFPE組織検体から出発した悪性中皮腫の新規分子診断マーカーの探索
第74回日本癌学会学術総会  示説
2015年10月8日〜10月10日  名古屋市

Amatya V.J.、Mawas Amany S.、櫛谷 桂、武島幸男
MicroRNA profiling of mesothelioma cell lines & their biological function
第22回石綿・中皮腫研究会  演説
2015年10月31日  川崎市

(甲斐佑一郎、宮田義浩、鍵本篤志、伊藤正興、津谷康大、三村剛史)、櫛谷 桂、武島幸男、(岡田守人)
胸膜中皮腫に対する胸膜切除/肺剥皮術後、同側肺内に発症した原発性肺癌の1例
第56回日本肺癌学会学術集会  示説
2015年11月26日〜11月28日  横浜市

Amatya V.J.、Mawas Amany S.、櫛谷 桂、武島幸男
MiR-1, MiR-214 reduces cell proliferation and invasion in mesothelioma cells
第56回日本肺癌学会学術集会  示説
2015年11月26日〜11月28日  横浜市

(石原直樹、荻野昌信、重元久志、高木早苗、船津公平、槌本由枝、蓼原 太)、武島幸男
マツダ病院の病理解剖の歴史とこれからの展望
第32回安芸医学会  演説
2015年12月7日  安芸郡府中町

Amatya V.J.、武島幸男、(山崎文之、栗栖 薫)
脳腫瘍 (Ganglioglioma)
第117回日本病理学会中国四国支部学術集会  演説
2015年6月27日  米子市

櫛谷 桂、(城間紀之)、武島幸男
肺腫瘤 (Papillary adenoma)
第64回広島病理集談会  演説
2015年7月18日  広島市

櫛谷 桂、武島幸男
肺腫瘤 (Synovial sarcoma)
第65回広島病理集談会  演説
2015年12月19日

武島幸男
広島大学模擬授業「医療の中の病理学〜病理学の世界を知ろう〜」
広島県立呉三津田高校 三津田学問探訪
2015年9月30日  呉市

武島幸男
症例1〜9の解説
第20回中皮腫パネル
2015年2月28日  東京都

武島幸男
症例1〜9の解説
第21回中皮腫パネル
2015年10月3日  広島市

(宮庄英治、楠本 優)、武島幸男
肺炎球菌肺炎で加療中死亡した1例
第15回福島生協病院CPC
2015年1月14日  広島市

(豊田ゆかり、山本佳征)、櫛谷 桂
重症肺炎の治療中に腹部膨隆が出現し敗血症性ショックにより死亡した一例
第55回マツダ病院CPC
2015年2月24日  安芸郡府中町

(岩根亨輔、辻 駿矢、住居晃太郎)、Amatya V.J.
重症糖尿病性ケトアドーシスでショック状態から離脱できず死亡した一例
第56回マツダ病院CPC
2015年7月2日  安芸郡府中町

(豊田ゆかり、矢野 潤、辻 英之)、武島幸男
重症高血圧症・重症糖尿病による慢性腎不全が急性増悪し死亡した1例
第57回マツダ病院CPC
2015年9月24日  安芸郡府中町

(松田賢一、新庄慶大、住居晃太郎)、櫛谷 桂
重症の急性肺炎からARDSを引き起こし多臓器不全で死亡した1例
第58回マツダ病院CPC
2015年11月17日  安芸郡府中町

平成26年度労災疾病臨床研究事業 胸膜中皮腫の的確な診断法保運関する研究 -鑑別診断方法と症例収集-
中皮腫の確定診断のための免疫組織化学的点差の現状と今後について
武島幸男、櫛谷 桂、Amatya V. Jeet. pp37-pp50

平成27年度 厚生労働省受託研究 「毒ガスの後遺症とその予後に関する研究班」毒ガス傷害者にみられる慢性細気管支炎を基盤とした気腫化の病理学的検討-気道上皮・肺胞上皮のDNA損傷応答を指標としてー
西阪 隆、武島幸男

 

広島県腫瘍登録報告書 (No. 38) 武島幸男監修 広島県医師会 2015年3月31日発行

 

広島県腫瘍登録報告書 (No. 39) 武島幸男監修 広島県医師会 2015年3月30日発行

武島幸男           
平成27年度広島県臨床細胞診専門医会・細胞検査士会合同講演会
悪性中皮腫細胞診の現状と体腔液細胞診の意義
PCL福岡 病理・細胞診センター 副所長 亀井敏昭 先生
2015年6月20日  広島市

武島幸男
第22回石綿・中皮腫研究会 一般演題3題
2015年10月31日  川崎市

武島幸男
第61回日本病理学会秋期特別総会 コンパニオンミーティング4題
日本肺病理学会 (Japan Pulmonary Pathology Society) Recent topics of the pulmonary pathology

2015年11月5日〜11月6日  東京都

広島病理集談会
第64回:2015年7月18日(6題)
第65回:2015年12月19日(6題)

中皮腫パネル(労働者健康福祉機構後援)
第20回:2015年2月28日(9題) 於:順天堂大学
第21回:2015年10月3日(9題) 於:広島大学

剖検25例
院内:14例
関連施設:11例

生検例・手術例12,948例
院内:2,603例
関連施設:10,345例

平成26年度業績(Publication 2014)

武島幸男、櫛谷 桂、Amatya V.J.、(井内康輝)
上皮型中皮腫、肉腫型中皮腫(線維形成型中皮腫を含む)、二相型中皮腫
腫瘍病理鑑別診断アトラス 縦隔腫瘍・胸膜腫瘍, p202-212, 2014.

(西阪 隆、井内康輝)、武島幸男
扁平上皮異型性、上皮内(扁平上皮)癌
腫瘍病理鑑別診断アトラス 肺癌, p29-35, 2014, 文光堂, 東京.

(西阪 隆、井内康輝)、武島幸男
扁平上皮癌とその特殊型
腫瘍病理鑑別診断アトラス 肺癌, p45-53, 2014, 文光堂, 東京.

武島幸男、櫛谷 桂、Amatya V.J.、(井内康輝)
中皮腫
病理と臨床 - 免疫組織化学診断と治療選択の指針, 32(臨時増刊) : 154-159, 2014.

武島幸男、櫛谷 桂、Amatya V.J.、(井内康輝)
腹膜悪性中皮腫の病理
診断病理, 31(1) : 6-14, 2014.

(Mimae T., Tsutani Y., Miyata Y., Yoshiya T., Ibuki Y.), Kushitani K., Takeshima Y., (Nakayama H., Okumura S., Yoshimura M. and Okada M.)
Role of lymphatic invasion in the prognosis of patients with clinical node-negative and pathologic node-positive lung adenocarcinoma
The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 147(6): 1820-1826, 2014.

(Ito M., Miyata Y.), Kushitani K., (Yoshiya T., Mimae T., Ibuki Y., Misumi K.), Takeshima Y. and (Okada M.)
Prediction for prognosis of resected pT1a-1bN0M0 adenocarcinoma based on tumor size and histological status: relationship of TNM and IASLC/ATS/ERS classifications
Lung Cancer, 85(2): 270-275, 2014.

(Tsutani Y., Miyata Y.), Kushitani K., Takeshima Y., (Yoshimura M. and Okada M).
Propensity score-matched analysis of adjuvant chemotherapy for stage I non-small cell lung cancer
The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 148(4): p1179-1185, 2014.

(Tsutani Y., Miyata Y., Mimura T.), Kushitani K., Takeshima Y., (Yoshimura M. and Okada M.)
Prognostic impact of lymphatic invasion for pathological stage I squamous cell carcinoma of the lung
The General Thoracic and Cardiovascular Surgery
2014 Sep 24. [Epub ahead of print]

(片桐佳明、平川勝洋、上田 勉)、櫛谷 桂、武島幸男
下咽頭に発生した孤立性線維性腫瘍
広島医学, 67(6) : 581-582, 2014.

櫛谷 桂、武島幸男、(三隅啓三、宮田義浩、岡田守人)
臓側胸膜原発の悪性孤在性線維性腫瘍の1例
広島医学, 67(11) : 717-718, 2014.

武島幸男、Amatya V.J.、櫛谷 桂、(金子真弓)
高分化型乳頭状中皮腫の各種抗原発現の特徴〜中皮腫細胞過形成・上皮型中皮腫との鑑別診断への応用〜
第103回日本病理学会総会  示説
2014年4月24日〜4月26日  広島市

Amatya V.J.、(相葉裕幸)、櫛谷 桂、武島幸男
MiRNA-182, -183 promotes cell growth, invasion and suppressed apoptosis in mesothelioma cells
第103回日本病理学会総会  演説
2014年4月24日〜4月26日  広島市

櫛谷 桂、(高橋佑輔)、Amatya V.J.、武島幸男
上皮型中皮腫と非腫瘍性中皮細胞におけるアポトーシス関連遺伝子発現の比較・検討と免疫組織化学への応用
第103回日本病理学会総会  演説
2014年4月24日〜4月26日  広島市

(高橋佑輔)、櫛谷 桂、Amatya V.J.、武島幸男
上皮型中皮腫と肺扁平上皮癌の鑑別に有用な免疫組織化学的染色の検討
第103回日本病理学会総会  示説
2014年4月24日〜4月26日  広島市

(相葉裕幸)、Amatya V.J.、櫛谷 桂、武島幸男
ヒト中皮腫細胞株におけるmiR-182, -183の機能解析
第103回日本病理学会総会  示説
2014年4月24日〜4月26日  広島市

Amatya V.J.、 Amany Syed Gaber Mohamand、 (相葉裕幸)、櫛谷 桂、武島幸男
microRNA profiling and its biological effect on mesothelioma cell lines.
第21回石綿・中皮腫研究会  演説
2014年10月11日  名古屋市

Amatya V.J.、櫛谷 桂、武島幸男
MiRNA-182, -183 promotes cell growth, invasion, and suppresses apoptosis in mesothelioma cells
第55回日本肺癌学会学術集会  示説
2014年11月14日〜11月16日  京都市

櫛谷 桂、Amatya V.J.、武島幸男
上皮型中皮腫と非腫瘍性中皮細胞におけるアポトーシス関連遺伝子発現の比較・検討と免疫組織化学への応用
第55回日本肺癌学会学術集会  示説

2014年11月14日〜11月16日  京都市

櫛谷 桂、武島幸男
下咽頭腫瘍 (Solitary fibrous tumor)
第62回広島病理集談会  演説
2014年7月19日  広島市

櫛谷 桂、武島幸男
肺腫瘤 (Fetal lung interstitial tumor)
日本病理学会中国四国支部学術集会第115回スライドカンファレンス  演説
2014年11月1日  広島市

Amatya V.J.、武島幸男、(山崎文之、栗栖 薫)
小脳腫瘍 (Hemangioblastoma, cellular variant)
第63回広島病理集談会  演説
2014年12月6日  広島市

櫛谷 桂
少年達よ、夢をもて
ふるさと教育講演会
2014年2月5日  島根県江津市

武島幸男
悪性中皮腫の病理診断における免疫組織化学的染色の応用
第3回神戸免疫組織診断セミナー (いむーのセミナー)
2014年5月10日〜5月11日  神戸市

武島幸男
アスベスト関連疾患の病態と病理診断の問題点-特に悪性中皮腫の病理診断について
第123回学術講演会(広島市医師会)
2014年5月28日  広島市

武島幸男
医学の中の病理学の意義を知ろう!
県立広島高校模擬授業
2014年9月22日  東広島市

武島幸男
石綿関連疾患〜特に悪性中皮腫の病理について〜
地域におけるがん医療の質向上を目的とした研修会(広島赤十字・原爆病院)
2014年10月16日  広島市

武島幸男
免疫組織化学的染色を用いた中皮腫の細胞・組織診断
第53回 日本臨床細胞学会秋期大会 ランチョンセミナー
2014年11月1日  下関市

武島幸男
症例1〜9の解説
第18回中皮腫パネル
2014年2月22日  東京都

武島幸男
症例1〜10の解説
第19回中皮腫パネル
2014年9月13日  広島市

(鹿沼 優、楠本 優)、武島幸男
著明な全身浮腫と多量の胸水を有して死に至った90歳の女性の一例
第14回福島生協病院CPC
2014年2月5日  広島市

(佐々木啓介)、櫛谷 桂
化学療法中に肺膿瘍を併発しコントロール不良となった肺癌の一例
吉島病院オープンカンファレンス
2014年2月13日  広島市

(森永衿理、大成洋二郎) 、Amatya V.J.
肺の多発性嚢胞を形成したARDSの一例
第49回マツダ病院CPC
2014年3月11日  安芸郡府中町

(斉藤 怜、湯浅吉夫)、櫛谷 桂
術前診断が困難であった腹膜腫瘍の一例
第50回マツダ病院CPC
2014年3月11日  安芸郡府中町

(松田賢一、出雲大幹、蓼原 太)、櫛谷 桂
肺炎を契機としてうっ血性心不全およびARDSを合併して死亡した一例
第51回マツダ病院CPC
2014年7月3日  安芸郡府中町

(安藤雄和、齋藤 怜、中西 雄)、武島幸男
乳癌による癌性リンパ管症から呼吸不全を来し死亡した一例
第52回マツダ病院CPC
2014年9月30日 安芸郡府中町

(辻 駿矢、出雲大幹、大成洋二郎)、Amatya V.J.
繰り返す呼吸器感染症により呼吸器不全を来した一例
第53回マツダ病院CPC
2014年11月20日  安芸郡府中町

(松田賢一、齋藤 怜、林谷康生)、櫛谷 桂
術前診断が困難であった慢性胆嚢炎・胆嚢腺筋症の一例
第54回マツダ病院CPC
2014年11月20日  安芸郡府中町

(宮崎こずえ)、武島幸男
特異な転移形式を示した肺多形癌の一例
吉島病院CPC
2014年12月4日 広島市

武島幸男           
日中交流ワークショップ
第103回日本病理学会総会
2014年4月24日〜4月26日 広島市

櫛谷 桂
一般示説60-呼吸器5
第103回日本病理学会総会
2014年4月24日〜4月26日  広島市

Amatya V.J.
症例S769-S771
第62回広島病理集談会
2014年7月19日  広島市

武島幸男
3題
第21回石綿・中皮腫研究会
2014年10月11日  名古屋市

武島幸男
ポスター P-1-084, -085, -086
第53回 日本臨床細胞学会秋期大会
2014年11月1日  下関市

広島病理集談会
第62回:2014年7月19日(7題)
第63回:2014年12月6日(8題)

中皮腫パネル
第18回:2014年2月22日(9題)
第19回:2014年9月13日(10題)

武島幸男
広島労働局 労働行政関係功労者表彰(労災協力医) 
平成26年12月23日  広島市

平成25年度業績(Publication 2013)

Amatya VJ, Takeshima Y, (Aoe K, Fujimoto N, Okamoto T, Yamada T, Kishimoto T, Morimoto C) and Inai K.
CD9 expression as a favorable prognostic marker for patients with malignancy mesothelioma
Oncology Repoert, 29 (1) : 21-28, 2013.

(Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Kato K), Takeshima Y, Inai K and (Kishimoto T)
Treatment and survival analyses of malignant mesothelioma in Japan           
Acta Oncologica, 52 (4) : 803-808, 2013.

(Watanabe Y, Yamasaki F, Nakamura K, Kajiwara Y, Takayasu T, Hirose T), Amatya VJ, (Sugiyama K, Kobayashi M, Kurisu K)
Desmoplastic/nodular medulloblastoma associated with anhidrotic ectodermal dysplasia
International Cancer Conference Journal, 2 (3) : 178-182, 2013.

(Tsutani Y, Miyata Y, Mimae T), Kushitani K, Takeshima Y, (Yoshimura M, Okada M.)
The prognostic role of pathologic invasive component size, excluding lepidic growth, in stage I lung adenocarcinoma.
J Thorac Cardiovasc Surg.146(3):580-585, 2013

(桑原政志、江口国輝、山口 智、光原崇文、工田昌也)、武島幸男、Amatya VJ、(杉山一彦、平川勝洋、栗栖 薫)
顔面神経麻痺で発症した錐体骨malignant fibrous histiocytomaの1例
脳神経外科ジャーナル, 22 (4) : 306-312, 2013.

(重元久志、高木早苗)、武島幸男
乳腺原発の横紋筋肉腫への分化を伴う間質肉腫の1例
日本臨床細胞学会雑誌, 52 (4) : 386-387, 2013.

(渡邊陽祐、山崎文之、梶原佳則、高安武志、廣瀬隆則)、武島幸男、Amatya VJ、(杉山一彦、栗栖 薫)
側頭葉に発生したpapilary glioneuronal tumorの1例
脳神経外科ジャーナル, 22 (11) : 860-866, 2013.

武島幸男
病理学研究室教授就任のご挨拶 (雑文)
Hiroshima University BHS News, (2), p6, 2013.

武島幸男
巻頭言 教授就任のご挨拶 (雑文)
広島市医師会だより, 5(565) : 2013.

武島幸男、(辻村 亨、石川雄一、岡 輝明、井内康輝)
ワークショップ「高分化乳頭状中皮腫(well diff. papillary mesothelioma)」
症例6. 中皮腫パネル等で経験したWell-differentiated papillary mesotheliomaおよび類似病変の供覧
第20回石綿・中皮腫研究会  演説
2013年9月28日  東京都

武島幸男
アスベストの恐ろしさ〜“これからの震災や津波によるアスベストの被害を防ぐために”
シンポジウム(市民公開講座) アスベストは体内に入ると何をおこすか
2013年11月16日  広島市

(亀井敏昭、畠 榮、辻村 亨、鍋島一樹、廣島健三、河原邦光、大林千穂、岡 輝明、河合俊明、児玉哲郎)、武島幸男、(平野 隆、前田昭太郎、松野吉宏、宝来 威、秋田弘俊)
悪性中皮腫診断における体腔液細胞診の意義と検証〜中皮腫悪性細胞診評価ワーキンググループでの検討結果を主に〜
第54回日本肺癌学会総会 特別報告
2013年11月21日〜11月22日  東京都

武島幸男           
診断困難な悪性中皮腫症例の供覧
第102回日本病理学会総会 コンパニオンミーティング5 石綿・中皮腫研究会「悪性中皮腫の病理診断におけるピットフォール」  演説
2013年6月6日〜6月8日  札幌市

Amatya VJ、櫛谷 桂、武島幸男
Expression of miRNA-182 and miRNA-183 in mesothelioma
第102回日本病理学会総会  演説
2013年6月6日〜6月8日  札幌市

櫛谷 桂、Amatya VJ、閔 俊泓、(西阪 隆)、武島幸男
中皮細胞増殖の良悪性の鑑別診断におけるFISH法によるp16遺伝子欠失解析の有用性
第102回日本病理学会総会  演説
2013年6月6日〜6月8日  札幌市

Amatya VJ、(山崎文之、杉山一彦、栗栖 薫)、武島幸男
Case report and literature review of rhabdoid glioblastoma without loss of INI1 immunoreactivity第102回日本病理学会総会  示説
2013年6月6日〜6月8日  札幌市

(國崎 篤、吉屋智晴、坪川典史、伊富貴雄太、見前隆洋、笹田伸介、宮田義浩)、櫛谷 桂、武島幸男、(岡田守人)
未分化転化を伴った甲状腺癌転移性肺腫瘍
第54回日本肺癌学会総会  示説
2013年11月21日〜11月22日  東京都

Amatya VJ、(山崎文之、杉山一彦、栗栖 薫)、武島幸男
脳腫瘍 (Rhabdoid glioblastoma)
第110回日本病理学会中国四国支部学術集会 スライドカンファレンス  演説
2013年2月16日  広島市

櫛谷 桂、(宮田義浩、見前隆洋、岡田守人)、武島幸男
前縦隔腫瘍 (Germ cell tumor with somatic-type malignancy)
第59回広島病理集談会  演説
2013年3月16日  広島市

Amatya VJ、武島幸男、(木下康之、富永 篤、栗栖 薫)
トルコ鞍腫瘍 (Spindle cell oncocytoma of adenohypophysis)
第60回広島病理集談会  演説
2013年7月27日  広島市

Amatya VJ、武島幸男、(山崎文之、栗栖 薫、杉山一彦)
第IV脳室 (Giant cell ependymoma)
第112回日本病理学会中国四国支部学術集会 スライドカンファレンス  演説
2013年12月7日  岡山市

櫛谷 桂、(宮田義浩、見前隆洋、岡田守人)、武島幸男
肺病変 (Multifocal micronodular pneumocyte hyperplasia)
第61回広島病理集談会  演説
2013年12月22日  広島市

武島幸男
中皮腫の病理診断精度向上のための研究活動と将来
第5回無二の会(昭和62年広島大学医学部卒業生同窓会)
2013年7月20日  広島市

武島幸男           
症例1〜症例8の解説
第16回中皮腫パネル
2013年2月23日  東京都

武島幸男
症例1〜症例8の解説
第17回中皮腫パネル
2013年9月14日  広島市

武島幸男
石綿関連疾患の診断と臨床 -特に病理診断について-
石綿(アスベスト)関連疾患診断技術研修会(基礎研修)
2013年11月2日  浜松市

(松原桂子、北口 浩)、櫛谷 桂
インスリン依存型糖尿病を合併した脊髄小脳変性症の一例
第13回福島生協病院CPC
2013年2月27日  広島市

(濱本千晶、平田大三郎)、櫛谷 桂
高齢者悪性リンパ腫の一例 
第44回マツダ病院CPC
2013年3月12日  府中町

(吉田知世、清水嘉人、大成洋二郎)、櫛谷 桂
イレウスを契機に誤嚥性肺炎を発症し、呼吸不全で死亡した治療抵抗性の症例
第45回マツダ病院CPC
2013年3月12日  府中町

(出雲大幹、奥谷理紗、蓼原 太)、櫛谷 桂
2つの昨日的確認検査が陰性であった原発性アルドステロン症の一例
第46回マツダ病院CPC
2013年7月30日  府中町

(齋藤 怜、田村尚子、山本佳征)、櫛谷 桂
生前に確定診断できず、多発脳梗塞やDICを合併し死亡に至った不明熱の一例
第47回マツダ病院CPC
2013年7月30日  府中町

(出雲大幹、清水嘉人)、櫛谷 桂
食欲不振にて入院後、急速な血小板減少と貧血の進行を認めた前立腺癌の一例
第48回マツダ病院CPC
2013年11月7日  府中町

広島病理集談会
第59回:2013年3月16日(7題)
第60回:2013年7月27日(8題)
第61回:2013年12月22日(7題)

中皮腫パネル
第16回:2013年2月23日(8題)
第17回:2013年9月14日(8題)

日本病理学会中国四国支部学術集会スライドカンファレンス
第110回:2013年2月16日(20題)

平成24年度業績(Publication 2012)

(山岡直樹)、武島幸男、(木村厚雄、宮崎こずえ、野上直樹、沖元達也、日高千敏、奥道恒夫)
若年女性にみられた悪性胸膜中皮腫の1例(症例検討会)
共済医報 , 61(1) : 58-63, 2012.

(Aoe K), Amatya VJ, (Fujimoto N, Ohnuma K, Hosono O, Hiraki A, Fujii M, Yamada T, Dang NH), Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T and Morimoto C)
CD26 overexpression is associated with prolonged survival and enhanced chemosensitivity in malignant pleural mesothelioma
Clinical Cancer Research, 18(5) : 1447-1456, 2012.

(Gemba K, Fujimoto N, Kato K, Aoe K), Takeshima Y, Inai K and (Kishimoto T)
National servey of malignant mesothelioma and asbestos exposure in Japan
Cancer Science, 103(3) : 483-490, 2012.

(Doskaliyev A, Yamasaki F, Ohtaki M, Kajiwara Y), Takeshima Y, (Watanabe Y, Takayasu T), Amatya VJ, (Akiyama Y, Sugiyama K, Kurisu K)
Lymphomas and glioblastomas: differences in the apparent diffusion coefficient evaluated with high b-value diffusion-weighted magnetic resonance imaging at 3T
European Journal of Radiology, 81(2) : 339-344, 2012.

(Gemba K, Fujimoto N, Kato K), Takeshima Y, Inai K and (Kishimoto T)
National survey of malignant mesothelioma and asbestos exposure in Japan
Cancer Science, 103(3) : 483-490, 2012.

(Saito T, Yamasaki F, Kajiwara Y, Abe N, Akiyama Y, Kakuda T), Takeshima Y, (Sugiyama K, Okada Y and Kurisu K)
Role of perfusion-weighted imaging at 3T in the histopathological differentiation between astrocytic and oligodendroglial tumors        
European Journal of Radiology, 81(8) : 1863-1869, 2012.

(Hamai Y, Hihara J, Emi M, Aoki Y), Kushitani K, (Tanabe K, Okada M)
Leiomyosarcoma of the sigmoid colon with multiple liver metastases and gastric cancer: a case report
BMC Gastroenterology, 12(98), 2012

井内康輝
退任記念講演「医学教育の過去・現在・未来」
広島大学医学雑誌, 60 : 19-26, 2012.

武島幸男           
広島大学大学院病理学研究室教授就任ご挨拶 (雑文)
広仁会会報, (83), p3, 2012.

武島幸男           
弔事 徳岡昭治名誉教授を偲んで (雑文)
広仁会会報, (83) : 20-21, 2012.

(Kato K, Sakai F, Kurihara Y, Inase N, Miura H), Takeshima Y and Inai K
CT findings of 17 cases of primary pericardial mesothelioma (PPM)
The 11th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group  示説
2012年9月11日〜9月14日  Boston, USA

(Aoe K), Amatya VJ, (Fujimoto N, Ohnuma K, Hosono O, Hiraki A, Fujii M, Yamada T, Dang NH), Takeshima Y, Inai K, (Kishimoto T and Morimoto C)
CD26 overexpression is associated with prolonged survival and enhanced chemosensitivity in malignant pleural mesothelioma
The 11th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group  示説
2012年9月11日〜9月14日  Boston, USA

(Fujimoto N, Gemba K, Aoe K, Kato K), Takeshima Y, Inai K and (Kishimoto T)
Treatment and survival analyses of malignant mesothelioma in Japan           
The 11th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group  示説
2012年9月11日〜9月14日  Boston, USA

(Gemba K, Fujimoto N, Kato K, Aoe K), Takeshima Y, Inai K and (Kishimoto T)
National survey of malignant mesothelioma and asbestos exposure in Japan
The 11th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group  示説
2012年9月11日〜9月14日  Boston, USA

(青江啓介)、Amatya VJ、(藤本伸一、大沼 圭、細野 治、平木章夫、藤井昌学、山田健人、Dang NH)、武島幸男、井内康輝、(岸本卓巳、森本幾夫)
悪性胸膜中皮腫におけるCD26発現と化学療法効果・予後の検討
第53回日本肺癌学会総会  演説
2012年11月8日〜11月9日  岡山市

武島幸男、(石川雄一、岡 輝明、廣島健三、西阪 隆、酒井文和)、井内康輝
限局型中皮腫6例の臨床病理学的検討
第101回日本病理学会総会  演説
2012年4月26日〜4月28日  東京都

Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝
MicroRNA profiling of mesothelioma and mesothelioma-unrelated pleura using taqman array
第101回日本病理学会総会  演説
2012年4月26日〜4月28日  東京都

櫛谷 桂、武島幸男、Amatya VJ、(池田拓広、宮田義浩、岡田守人)、井内康輝
肺原発Ewing sarcoma/primitive neuroectodermal tumorの1例
第101回日本病理学会総会  演説
2012年4月26日〜4月28日  東京都

(高安武志、杉山一彦、山崎文之、梶原佳則、渡邊陽祐、野坂 亮)、武島幸男、Amatya VJ、(栗栖 薫)
Plastic ependymoma様の伸展を示した後頭蓋窩atypical teratoid/rhabdoid tumorの1例
第30回日本脳腫瘍病理学会  示説
2012年5月24日〜5月26日  名古屋市    

(渡邊陽祐、杉山一彦、山崎文之、梶原佳則、野坂 亮、原 健司)、武島幸男、Amatya VJ、(栗栖 薫)
Papillary glioneuronal tumorの一例
第30回日本脳腫瘍病理学会  示説
2012年5月24日〜5月26日  名古屋市

(野坂 亮、杉山一彦、山崎文之、渡邊陽祐、高安武志、三好浩之)、武島幸男、Amatya VJ、(栗栖 薫)
診断に苦慮している左前頭葉腫瘍の一例
第30回日本脳腫瘍病理学会  示説
2012年5月24日〜5月26日  名古屋市

Amatya VJ、武島幸男、(青江啓介、藤本伸一、岡本俊博、山田健人、岸本卓巳、森本幾夫)、井内康輝
CD9 expression as a favorable prognostic marker for patients with malignant mesothelioma
第19回石綿・中皮腫研究会  演説
2012年10月13日  神戸市

櫛谷 桂、武島幸男
子宮頚部病変 (Large cell neuroendocrine carcinoma)
第58回広島病理集談会  演説
2012年9月15日  広島市

武島幸男
中皮腫研究の現在と未来
2012分子病理セミナー in サザンセト「新しい病理学を創る」
2012年7月27日  山口県周防大島町

武島幸男           
中皮腫研究の現在と将来
第283回吉島病院オープンカンファレンス
2012年12月13日  広島市

武島幸男           
症例1〜症例9の解説
第15回中皮腫パネル
2012年10月20日  広島市

(加納利哉、森永衿理、赤木真治)、櫛谷 桂
直腸に発生した腺内分泌細胞癌の一例
第41回マツダ病院CPC
2012年8月30日  府中町

(田村尚子、赤坂保行、山本佳征)、櫛谷 桂
入院中に突然死をきたした拘束型心筋症疑いの一例
第42回マツダ病院CPC
2012年8月30日  府中町

(奥谷理紗、赤坂保行、住居晃太郎)、櫛谷 桂
低栄養と全身倦怠があり肺気腫、不整脈で入院された症例
第43回マツダ病院CPC    
2012年12月18日  府中町

櫛谷 桂
第58回広島病理集談会     症例A71           
2012年9月15日  広島市

武島幸男
第19回石綿・中皮腫研究会  一般演題(1)の7題
2012年10月13日  神戸市

Amatya VJ
第109回日本病理学会中国四国支部学術集会 スライドカンファレンス  症例S2418〜S2420
2012年10月27日  大竹市

広島病理集談会
第58回:2012年9月15日(10題)

中皮腫パネル
第15回:2012年10月20日(9題)

平成23年度業績(Publication 2011)

井内康輝 (分担執筆)
癌診療指針のための病理診断プラクティス「肺癌」
中皮腫 -中皮腫の病理
中山書店, p238-246, 2011.

井内康輝 (分担執筆)
癌診療指針のための病理診断プラクティス「肺癌」
中皮腫 -反応性病変との鑑別
中山書店, p259-264, 2011.

井内康輝 (分担執筆)
癌診療指針のための病理診断プラクティス「肺癌」
症例の実際:症例17 胸膜中皮腫(線維形成型)との鑑別が困難であった線維性胸膜炎
中山書店, p340-342, 2011.

井内康輝 (分担執筆)
医学教育と病理学
日本病理学会100周年記念誌p141-143, 2011.

井内康輝 (分担執筆)
中国四国支部よりの報告
日本病理学会100周年記念誌, p197-198, 2011.

(高橋 謙)、井内康輝、(岸本卓巳)
ベトナム保健医療関係者に対する石綿関連疾患に係る研修
産業医学ジャーナル, 34:66-71, 2011.

井内康輝 (分担執筆)
からだの科学270 特集I肺がんのすべて 2011年夏号
肺がんはどのようにして発生するのか
日本評論社, p9-12, 2011.

Amatya VJ, Takeshima Y, Kushitani K, Yamada T, Morimoto C, Inai K
Overexpression of CD26/DPPIV in mesothelioma tissue and mesothelioma cell lines
Oncology Reports, 26(6):1369-1375, 2011.

Kishimoto T, Kato K, Arakawa H, Ashizawa K, Inai K, Takeshima Y
Clinical, radiological and pathological investigation of adbestosis
International Journal of Environmental Research and Public Health, 8(3):899-912, 2011.

Ohtani S, Kochi M, Ito M, Higaki K, Takada S, Matsuura H, Kagawa N, Hata S, Wada N, Inai K, Imoto S, Moriya T
Radiofrequency ablation of early breast cancer followed by delayed surgical resection
-A promising alternative to breast-conserving surgery
The Breast, 20(5):431-436, 2011.

(小川郁子)、武島幸男、井内康輝、(高田 隆)
耳下腺に発生したMucoepidermoid carcinoma arising in Warthin tumorの1例.
診断病理, 28(2):94-98, 2011.

井内康輝、武島幸男、(南 優子、酒井光昭)
適切な胸腔鏡下胸膜生検で診断できた線維形成型中皮腫の一例
広島市内科医会報, 68:8-12, 2011.

(三好和也、片岡 健、檜垣健二)、井内康輝、(村上 茂、有田健一、高杉敬久、檜谷義美、津山順子)
めざせ50%!啓発活動の現実と打開策 「乳がん医療ネットワーク」の構築における広島県内の乳がん検診受診者実数集計の成果
日本乳癌検診学会誌, 20(2):90-96, 2011.

井内康輝
第51回日本肺癌学会を主催して -その経緯と成果-
広仁会会報, 79:47-49, 2011.

Takeshima Y
Case 6 Lung tumor (Combined adenocarcinoma and Mesothelioma?)
The 4th Korean-Japanese Joint Slide Conference of Lung Pathology 演説
2011年10月29日 Daejeon, Korea

Kushitani K
Extraskeletal ewing sarcoma/primary neuroectodermal tumor of the lung
The 4th Korean-Japanese Joint Slide Conference of Lung Pathology 演説
2011年10月29日 Daejeon, Korea

Inai K
Recent problems on pathological diagnosis of mesothelioma
The 4th Asian Asbestos Initiative (AAI), International Seminar 演説
2011年11月17日 Busan, Korea

井内康輝
中皮腫の病理
第100回日本病理学会総会コンパニオンミーティング(誌上発表)
“中皮腫の診断と治療の進歩 演説
2011年4月28日~4月30日 横浜市

井内康輝
中四国病理学夏の学校 -11回を終えてのこれまでとこれから
第100回日本病理学会総会オープンフォーラム
“病理学の魅力をいかに伝えるか: 病理夏の学校” 演説
2011年4月28日~4月30日 横浜市

(廣島健三、亀井敏昭、鍋島一樹、秋田弘俊、岡 輝明、河合俊明、辻村 亨)、武島幸男、(前田昭太郎、松野吉宏)
胸水細胞診による中皮腫診断の試み
第52回日本臨床細胞学会春期大会 演説
2011年5月20日~5月22日 福岡市

井内康輝
新しい医学教育専門家認定制度の提案第43回日本医学教育学会大会シンポジウム “医学教育専門家認定制度を考える” 演説
2011年7月22日~7月23日 広島市

武島幸男、(石川雄一、岡 輝明、廣島健三、酒井文和)、井内康輝
中皮腫の病理形態学的特徴とその生物学的意義
第18回石綿・中皮腫研究会シンポジウム 演説
2011年10月8日 長崎市

武島幸男、井内康輝、(岸本卓巳)
日本の中皮腫死亡例576例(平成15-20年)の診断精度に関する臨床病理学的検討
第100回日本病理学会総会 演説
2011年4月28日~4月30日 横浜市

Amatya,V.J.、武島幸男、櫛谷 桂、森本幾夫、井内康輝
Clinicopathological significance of CD9 expression in mesothelioma
第100回日本病理学会総会 演説
2011年4月28日~4月30日 横浜市

櫛谷 桂、Amatya,V.J.、武島幸男、井内康輝
上皮型中皮腫と非腫瘍性中皮細胞におけるアポトーシス関連遺伝子発現の比較・検討
第100回日本病理学会総会 示説
2011年4月28日~4月30日 横浜市

櫛谷 桂、Amatya,V.J.、武島幸男、井内康輝
上皮型中皮腫と非腫瘍性中皮細胞におけるアポトーシス関連遺伝子発現の検討と免疫組織化学的染色への応用
第50回日本肺癌学会中国・四国支部会 演説
2011年7月15日 倉敷市

(岡 輝明、亀井敏昭、廣島健三、鍋島一樹、河野邦光、畠 榮、辻村 亨、松野吉宏、河合俊明)、武島幸男、(大林千穂、前田昭太郎、青江啓介、児玉哲郎、平野 隆、秋田弘俊)
中皮腫の細胞診断基準 –日本肺癌学会中皮腫細胞診評価
第18回石綿・中皮腫研究会 演説
2011年10月8日 長崎市

(亀井敏昭、畠 榮、青江啓介、辻村 亨、前田昭太郎)、武島幸男、(大林千穂、児玉哲郎、平野 隆、鍋島一樹)
体腔液細胞診のおける免疫染色による細胞鑑別とその科学的意義
第52回日本肺癌学会総会 演説
2011年11月3日~11月4日 大阪市

(池田英子、笠原寿郎、曽根 崇、藤村政樹、村上眞也、辻端亜紀彦、上田 博、水橋啓一)、井内康輝
若年で発症した悪性胸膜中皮腫の一例
第52回日本肺癌学会総会 演説
2011年11月3日~11月4日 大阪市

櫛谷 桂、(坂本哲彦、小川郁子、高田 隆)、井内康輝
軟口蓋腫瘍 (Signet-ring cell adenocarcinoma)
第56回広島病理集談会 演説
2011年5月28日 広島市

Amatya,V.J.、武島幸男、井内康輝、(山崎文之、杉山一彦)
脳腫瘍 (Atypical teratoid/rhabdoid tumor)
第57回広島病理集談会 演説
2011年12月10日 広島市

井内康輝
中皮腫とその鑑別診断
第4回がん医療水準均てん化推進事業研修会
2011年1月15日 盛岡市

井内康輝
医学系大学院、特に基礎系大学院の振興
鹿児島大学医歯学研究科FD講演会
2011年2月2日 鹿児島市

井内康輝、(土肥博雄)
地域連携型研修医への漢方教育の導入 -広島県内の臨床研修病院の取り組み
KAMPO MEDICAL SYMPOSIUM 2011
2011年2月5日 東京都

武島幸男
肺癌の病理診断 -この10年の進展-
第26回広島肺がん研究会
2011年3月12日 広島市

井内康輝
アスベスト曝露関連疾患の診断 -補償・救済との関連を含めて
第14回日本病理学会中部支部スライドセミナー
2011年3月19日 金沢市

井内康輝
ここまで来た、広島県のがん医療
がん講演会(みんなで支えしっかり治そう!がん医療)
2011年5月14日 広島市

井内康輝
石綿(アスベスト)曝露関連疾患 -その臨床と病理
石綿健康被害救済制度の認定申請・給布請求受付業務等に関する説明会
2011年6月20日 広島市

井内康輝
研究者の持つべき倫理観と論文盗用事件の意味
平成23年度第1回医歯薬学総合研究科FD
2011年7月12日 広島市

井内康輝
日本における中皮腫の発生と病理診断の現状
第6回中皮腫細胞診セミナー
2011年8月27日 札幌市

井内康輝
悪性胸膜中皮腫の治療戦略 -中皮腫の病理診断
第64回日本胸部外科学会定期学術集会 Postgraduate Course
2011年10月9日 名古屋市

井内康輝
がんに負けないために
第42回広島大学白菊会総会
2011年10月19日 広島市

井内康輝
広島県の医療の将来を考える
第246回世羅郡医師会学術講演会
2011年10月20日 世羅町

井内康輝
医療人の養成にみる“こころ”の課題
三重大学FD講演会
2011年11月2日 津市

井内康輝
日本における医学教育の歴史と展望
第38回富士研ワークショップ
2011年12月7日 裾野市

井内康輝
中皮腫の病理
第57回広島病理集談会
2011年12月10日 広島市

(大井手 慶)、武島幸男
低体温に続発した心室細動で死亡した例
第10回福島生協病院CPC
2011年1月19日 広島市

(平野哲朗、林谷康生)、武島幸男
無症状で発見された巨大腹部腫瘤の1例 (GIST)
第32回マツダ病院CPC
2011年2月3日 安芸郡府中町

(好川真弘、川合幸延、赤木真治、田村 徹)、武島幸男
腸閉塞を契機に発見された特発性腸間膜静脈硬化症の1例
第33回マツダ病院CPC
2011年2月3日 安芸郡府中町

(益田和彦、辻 英之)、櫛谷 桂
肺炎治療中に広範性腸管壊死を発症した一例
第34回マツダ病院CPC
2011年2月17日 安芸郡府中町
(露口勇輔、折村多恵)、武島幸男
多量の胸水を契機に発見された悪性中皮腫の一例
第35回マツダ病院CPC
2011年2月22日 安芸郡府中町

(吉本武史、大田健太郎)、櫛谷 桂
多臓器不全で搬入し、短時間にて死亡した症例
第11回福島生協病院CPC
2011年2月23日 広島市

(廣川淳一、清水嘉人)、櫛谷 桂
腎不全と呼吸不全を合併した治療抵抗性の重症心不全の一例
第36回マツダ病院CPC
2011年7月7日 安芸郡府中町

(吉田知世、田中智子)、武島幸男
術前に診断が困難であった乳腺腫瘍の一例
第37回マツダ病院CPC
2011年9月22日 安芸郡府中町

(平野哲朗、栗栖佳宏)、武島幸男
偶然発見された肝平滑筋肉腫の一例
第38回マツダ病院CPC
2011年9月22日 安芸郡府中町

(加納利哉、黒田 剛)、櫛谷 桂
比較的急速に進行したと考えられる肝腎症候群の一例
第39回マツダ病院CPC
2011年12月8日 安芸郡府中町

(濱本千晶、栗栖佳宏)、櫛谷 桂
発熱、嘔気、嘔吐で来院した腹部腫瘤の一例
第40回マツダ病院CPC
2011年12月8日 安芸郡府中町

櫛谷 桂
第58回広島病理集談会     症例A71 
2012年9月15日  広島市

武島幸男
第19回石綿・中皮腫研究会  一般演題(1)の7題
2012年10月13日  神戸市

Amatya VJ
第109回日本病理学会中国四国支部学術集会 スライドカンファレンス  症例S2418〜S2420
2012年10月27日  大竹市

井内康輝
中皮腫の病理診断
第1回2011年度広島大学病院臨床系教授連絡会  演説
2011年4月7日 広島市

井内康輝
私の国際奉仕活動
柳井ロータリークラブ例会卓話
2011年11月29日 柳井市

平成22年度業績(PUBLICATION 2010)

井内康輝
肺⑤ 石綿肺(アスベスト小体)
アトラス細胞診と病理診断, 亀井敏昭・谷山清己 編, 医学書院, p58, 2010.

武島幸男
異型腺腫様過形成
アトラス細胞診と病理診断, 亀井敏昭・谷山清己 編, 医学書院, p59, 2010.

武島幸男
肺過誤腫
アトラス細胞診と病理診断, 亀井敏昭・谷山清己 編, 医学書院, p60, 2010.

武島幸男
胸腺腫
アトラス細胞診と病理診断, 亀井敏昭・谷山清己 編, 医学書院, p73, 2010.

井内康輝
病理学の卒前教育・大学院教育
病理と臨床, 28(1) : 13-19, 2010.

井内康輝
肺扁平上皮癌の組織診断
病理と臨床, 28(2) : 145-150, 2010.

武島幸男、櫛谷 桂、Amatya VJ、井内康輝
胸膜悪性中皮腫の組織診断 (1)反応性病変との鑑別
病理と臨床, 28(3) : 288-293, 2010.

井内康輝
特集:肺癌と臨床検査
2. 病理検査 2) 組織診
Medical Technology, 38(3), 2010.

井内康輝
線維形成型中皮腫
病理と臨床, 28(臨時増刊号) : 62-63, 2010.

井内康輝
大学院教育
医学教育白書 2010年度版, p67-70, 2010.

井内康輝
大学院教育委員会
医学教育白書 2010年度版, p276-277, 2010.

井内康輝
基礎医学・生命科学委員会
医学教育白書 2010年度版, p278-279, 2010.

Kohno H, Amatya VJ, Takeshima Y, Kushitani K, Hattori N, Kohno N, Inai K
Aberrant promoter methylation of WIF-1 and SFRP1, 2, 4 genes in mesothelioma
Oncology Report, 24(2) : 423-431, 2010.

Jin L, Amatya VJ, Takeshima Y, Shrestha L, Kushitani K, Inai K
Evaluation of apoptosis and immunohistochemical expression of the apoptosis-related proteins in mesothelioma
Hiroshima Journal of Medical Sciences, 59(2) : 27-33, 2010.

Tsukiji H, Takeshima Y, Amatya VJ, Kushitani K, Inai K
Myogenic antigen expression is useful for differentiation between epithelioid mesothelioma and non-neoplastic mesothelial cells
Histopathology, 56(7) : 969-974, 2010.

Kishimoto T, Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Kato K, Takeshima Y, Inai K
Clinical study on mesothelioma in Japan: Relevance to occupational asbestos exposure
American Journal of Industrial Medicine, 53(11) : 1081-1087, 2010.

Yamasaki F, Sugiyama K, Ohtaki M, Takeshima Y, Abe N, Akiyama Y, Takaba J, Amatya VJ, Saito T, Kajiwara Y, Hanaya R, Kurisu K
Glioblastoma treated with postoperative radio-chemotherapy: Prognostic value of apparent diffusion coefficient at MR imaging
European Journal of Radiology, 73(3) : 532-537, 2010.

Yamazaki Y, Ochi K, Nakata Y, Dohi E, Eguchi K, Yamaguchi S, Matsushige T, Ueda T, Amatya VJ, Takeshima Y, Nakamura T, Ohtsuki T, Kohriyama T, Matsumoto M
Trigeminal neuropathy from perineural spread of an amyloidoma detected by blink reflex and thin-slice magnetic resonance imaging
Muscle and Nerve, 41(6) : 875-878, 2010.

Mahmoud OM, Tominaga A, Amatya VJ, Ohtaki M, Sugiyama K, Saito T, Sakoguchi T, Kinoshita Y, Shrestha P, Abe N, Akiyama Y, Takeshima Y, Arita K, Kurisu K, Yamasaki F
Role of PROPELLER diffusion weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the diagnosis of sellar and parasellar lesions
European Journal of Radiology, 74(3) : 420-427, 2010.

(川西なみ紀、園部 宏、則松良明、亀井敏昭、羽原利幸、川野 亮、米原修治)、井内康輝
乳腺solid neuroendocrine carcinomaの1例
日本臨床細胞学会雑誌, 49(6) : 406-411, 2010.

(三村剛史、宮田義浩、津谷康大、沖田理貴、川崎由香里)、櫛谷 桂、武島幸男、井内康輝、(有廣光司、岡田守人)
悪性胸膜中皮腫確定診断のための胸膜生検
肺癌, 50(2) : 130-135, 2010.

井内康輝
難治性胸水の良悪性の鑑別が困難であった一例
広島市内科医会報, (67) : 7-11, 2010.

(三好和也、片岡 健、檜垣健二)、井内康輝、(村上 茂、有田健一、高杉敬久、檜谷義美、津山順子)
めざせ50%!啓発活動の現実と打開策 「乳がん医療ネットワーク」の構築における広島県内の乳がん検診受診者実数集計の成果
日本乳癌検診学会誌, 20(2):90-96, 2011.

井内康輝
第51回日本肺癌学会を主催して -その経緯と成果-
広仁会会報, 79:47-49, 2011.

Inai K
The up-to-date pathological diagnosis of mesothelioma
The 21st International Conference of Epidemiology in occupational health 演説
2010年4月21日〜4月25日 Taipei, TAIWAN

Inai K
Mesothelioma with special references to diagnostic accuracy
The 10th International Conference of the International Conference of the International Mesothelioma Interest Group 演説
2010年8月31日〜9月3日 Kyoto

Takeshima Y, Inai K, Ishikawa Y, Oka T, Hiroshima K
The trial of differentiation grading of epithelioid mesothelioma with reference to its clinicopathological significance
The 10th International Conference of the International Conference of the International Mesothelioma Interest Group 示説
2010年8月31日〜9月3日 Kyoto

Amatya VJ, Takeshima Y, Yamada T, Kushitani K, Morimoto C, Inai K
Over expression of CD26/DPP4 in mesothelioma tissue and mesothelioma cell lines
The 10th International Conference of the International Conference of the International Mesothelioma Interest Group 演説
2010年8月31日〜9月3日 Kyoto

Amatya VJ, Takeshima Y, Yamada T, Kushitani K, Morimoto C, Inai K
CD9 expression in mesothelioma: A correlation with clinicopathological factors and survival of patients
The 10th International Conference of the International Conference of the International Mesothelioma Interest Group 示説
2010年8月31日〜9月3日 Kyoto

Kushitani K, Takeshima Y, Amatya VJ, Jing, L, Kohno H, Tsukiji H, Inai K
Utility of immunohistochemistry in distinguishing between benign and malignant mesothelial proliferations
The 10th International Conference of the International Conference of the International Mesothelioma Interest Group 示説
2010年8月31日〜9月3日 Kyoto

Shrestha, L., Amatya VJ, Takeshima Y, Kushitani K, Inai K
Expression of surviving and effects of surviving siRNA transfection on mesothelioma cell lines
The 10th International Conference of the International Conference of the International Mesothelioma Interest Group 示説
2010年8月31日〜9月3日 Kyoto

Miura H, Sakatani M, Kishimoto T, Inai K, Ishikawa Y, Oka T, Hiroshima K, Akira M, Sakai F, Kohyama, N
Official acknowledgement method of mesothelioma patients by the asbestos-related health damage relief law in Japan
The 10th International Conference of the International Conference of the International Mesothelioma Interest Group 示説
2010年8月31日〜9月3日 Kyoto

Kamei T, Shibuta H, Okamura H, Yasunaga K, Kawahara K, Kawai T, Matsuno Y, Marukawa K, Maeda S, Ohbayashi C, Sonobe H, Kodama T, Takeshima Y
Cytodiagnosis of malignant mesothelioma in effusion cytology-cell characteristic features and immunocytochemistry
The 10th International Conference of the International Conference of the International Mesothelioma Interest Group 示説
2010年8月31日〜9月3日 Kyoto

武島幸男
肺癌診療:各科領域の現状と問題点「病理診断領域」
第98回広島がん治療研究会 演説
2010年3月27日 広島市

井内康輝
解剖学教育に求めるもの-病理学の立場から
第115回日本解剖学会総会・全国学術集会 演説
2010年3月28日〜3月30日 盛岡市

井内康輝
明日の病理学教育:低学年における病理学教育
第99回日本病理学会総会 演説
2010年4月27日〜4月29日 東京都

(加藤勝也、栗原泰之、酒井文和、由佐俊和、市岡正彦、稲瀬直彦、森永謙二、三浦溥太郎、廣島健三)、武島幸男、井内康輝
心膜中皮腫17例における画像所見の検討
第17回石綿・中皮腫研究会 演説
2010年10月16日 川越市

武島幸男、井内康輝、(廣島健三、森永謙二、三浦溥太郎、稲瀬直彦、市岡正彦、由佐俊和、加藤勝也、栗原泰之、酒井文和)
心膜中皮腫20例の病理学的検討
第17回石綿・中皮腫研究会 演説
2010年10月16日 川越市

(亀井敏昭、畠 榮、辻村 亨、鍋島一樹、河原邦光、大林千穂、岡 輝明、河合俊明、児玉哲郎)、武島幸男、(廣島健三、平野 隆、前田昭太郎、松野吉宏、宝来 威、秋田弘俊)
悪性中皮腫における体腔液細胞診の意義と検証-中皮腫細胞診評価ワーキンググループからの報告と提言-
第51回日本肺癌学会総会 演説
2010年11月3日〜11月4日 広島市

井内康輝
特別シンポジウム1「専門医研修を考える」専門医制度のあり方
第49回日本臨床細胞学会秋期大会 演説
2010年11月21日〜11月22日 神戸市

(西阪 隆、多々野友美、佐藤梨紗、大田絢子)、武島幸男
抹消型肺扁平上皮癌の細胞診と病理診断
第49回日本臨床細胞学会秋期大会 演説
2010年11月21日〜11月22日 神戸市

櫛谷 桂、武島幸男、Amatya VJ、金 龍男、河野秀和、(築地裕美)、井内康輝
免疫組織化学的染色による中皮細胞増生の良悪性の鑑別診断
第25回広島肺がん研究会 演説
2010年2月18日 広島市

武島幸男、Amatya VJ、櫛谷 桂、(金子真弓)、井内康輝
腹膜の高分化型乳頭状中皮腫 (WDPM) 4例の臨床病理学的検討
第99回日本病理学会総会 演説
2010年4月27日〜4月29日 東京都

Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、(森本幾夫、山田健人)、井内康輝
Immunohistochemical evaluation of CD26/DPPIV expression on mesothelioma tissue and mesothelioma cell
第99回日本病理学会総会 示説
2010年4月27日〜4月29日 東京都

櫛谷 桂、武島幸男、Amatya VJ、金 龍男、(河野秀和、築地裕美)、井内康輝
中皮細胞増殖の良悪性の鑑別診断における免疫組織化学的染色の有用性
第99回日本病理学会総会 演説
2010年4月27日〜4月29日 東京都

金 龍男、Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝
中皮腫におけるアポトーシスとアポトーシス関連蛋白の免疫組織化学的検討
第99回日本病理学会総会 示説
2010年4月27日〜4月29日 東京都

Shrestha, L.、Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝
Effect of surviving siRNA on the growth and apoptosis of mesothelioma cell lines
第99回日本病理学会総会 示説
2010年4月27日〜4月29日 東京都

(加藤勝也、栗原泰之、酒井文和、由佐俊和、市岡正彦、稲瀬直彦、森永謙二、三浦溥太郎、廣島健三)、武島幸男、井内康輝
心膜中皮腫17例における画像所見の検討
第51回日本肺癌学会総会 演説
2010年11月3日〜11月4日 広島市

武島幸男、井内康輝、(廣島健三、森永謙二、三浦溥太郎、稲瀬直彦、市岡正彦、由佐俊和、加藤勝也、栗原泰之、酒井文和)
心膜中皮腫20例の臨床病理学的検討
第51回日本肺癌学会総会 演説
2010年11月3日〜11月4日 広島市

Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、(山田健人、森本幾夫)、井内康輝
CD9 expression in mesothelioma : a clinico-pathological correlation and survival
第51回日本肺癌学会総会 示説
2010年11月3日〜11月4日 広島市

Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝
MicroRNA profiling of mesothelioma cell and mesothelioma-unrelated pleural tissue using taqman array
第51回日本肺癌学会総会 示説
2010年11月3日〜11月4日 広島市

櫛谷 桂、武島幸男、Amatya VJ、金 龍男、(河野秀和、築地裕美)、井内康輝
免疫組織化学的染色による中皮腫細胞増殖の良悪性の鑑別診断
第51回日本肺癌学会総会 示説
2010年11月3日〜11月4日 広島市

Shrestha, L.、Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝
Expression of surviving and effects of surviving siRNA transfection on mesothelioma cell lines
第51回日本肺癌学会総会 示説
2010年11月3日〜11月4日 広島市

(西阪 隆、土井正男、平井伸司、濱中喜晴)、武島幸男、井内康輝
術後13年の経過観察が可能であったlympho-histiocytoid mesothelioma (LHM) の1例
第51回日本肺癌学会総会 示説
2010年11月3日〜11月4日 広島市

(金子真弓)、武島幸男、(坂谷暁夫、江川博彌、向田秀則、三村剛史)、井内康輝
肺胞病変主体のSolitary peripheral ciliated glandular papilloma様微小病変の1例
第51回日本肺癌学会総会 示説
2010年11月3日〜11月4日 広島市

櫛谷 桂、武島幸男、井内康輝
背部腫瘤 (Elastofibroma)
第54回広島病理集談会 演説
2010年3月20日 広島市

櫛谷 桂、(三隅啓三、宮田義浩、津谷康広、池田拓広、岡田守人)、井内康輝
左臓側胸膜腫瘍 (Malignant solitary fibrous tumor)
第55回広島病理集談会 演説
2010年12月25日 広島市

Inai K
History of medical education in Japan with special reference to informed consent
The 26th Korean Society of Medical Education
2010年6月17日〜6月19日 Jeju, KOREA

井内康輝
広島における肺がん-その特徴と研究
第51回日本肺癌学会総会
2010年11月3日〜11月4日 広島市

井内康輝
中皮腫の病理診断の精度向上
第2回Respiratory Symposium in 札幌
2010年11月20日 札幌市

井内康輝
中皮腫の病理診断の精度向上
第56回日本病理学会秋期特別総会ランチョンセミナー
2010年11月25日〜26日 北九州市

井内康輝
日本における医学教育の歴史-特にインフォームドコンセントの有り様の変遷
第37回富士研ワークショップ、医学教育up-to-date
2010年12月14日 裾野市

櫛谷 桂、(吉福良公、瀧川英彦、黒田 剛、益田 浩、川合幸延、田村 徹)
直腸neuroendocrine carcinomaの1例
第28回マツダ病院CPC
2010年1月28日 安芸郡府中町

櫛谷 桂、(露口勇輔、益田和彦、田村 徹、栗栖佳宏)
増大傾向を認め外科的切除を施行した胃粘膜下腫瘍の1例
第29回マツダ病院CPC
2010年1月28日 安芸郡府中町

櫛谷 桂、(浜本洋輔)
偽膜性大腸炎治療後、急性心筋梗塞で死亡した1例
第9回福島生協病院CPC
2010年2月17日 広島市

河野秀和、(福戸敦彦、好川真弘、住居晃太郎)
多発性転移を認めた小細胞癌の1例
第30回マツダ病院CPC
2010年2月25日 安芸郡府中町

武島幸男、(山岡直樹)
特異な進展形式を示した肺腫瘍の1例
第253回吉島病院オープンカンファレンス
2010年3月11日 広島市

櫛谷 桂、(廣川淳一、田中智子)
吐血を契機に発見された粘膜下腫瘍の発育傾向を示す胃癌の1例
第31回マツダ病院CPC
2010年12月16日 安芸郡府中町

櫛谷 桂
第58回広島病理集談会     症例A71 
2012年9月15日  広島市

武島幸男
第19回石綿・中皮腫研究会  一般演題(1)の7題
2012年10月13日  神戸市

Amatya VJ
第109回日本病理学会中国四国支部学術集会 スライドカンファレンス  症例S2418〜S2420
2012年10月27日  大竹市

井内康輝
中皮腫の病理診断
第1回2011年度広島大学病院臨床系教授連絡会  演説
2011年4月7日 広島市

井内康輝
私の国際奉仕活動
柳井ロータリークラブ例会卓話
2011年11月29日 柳井市

平成21年度業績(PUBLICATION 2009)

井内康輝
中皮腫ー病理所見の見方
画像と病理像から学ぶ中皮腫アトラス 井内康輝監修, p236-246, 2009.

武島幸男
中皮腫の免疫組織化学的染色の見方
画像と病理像から学ぶ中皮腫アトラス 井内康輝監修, p247-261, 2009.

井内康輝
病理学的にみたアスベスト関連疾患の診断
肺癌, 49(1) : 83-87, 2009.

井内康輝
第4部 臨床との連携 Ⅳ. 病理診断報告書の記載
腫瘍病理鑑別診断アトラス—子宮頚癌, p186-189, 2009.

井内康輝
第2部 社会問題となった疾患と病理学〈環境〉 1. アスベスト
病理と臨床, 27(臨時増刊号) : 116-123, 2009.

井内康輝
中皮腫の鑑別診断
日本職業・災害医学会会誌, 57(5) : 183-189, 2009.

武島幸男
肺癌の組織分類
まんがで読み解く呼吸器症例100 河野修興 監修, p210-211, 2009.

(鎌田七男、斉藤 紀、清水潤司、池田正直)、武島幸男、(木村昭郎、田中公夫)
フォールアウトによると思われる3重癌と3つの放射線関連疾患を持つ1症例
長崎医学会雑誌, 83, p335-340, 2008.

Amatya VJ, Akazawa R, Sumimoto Y, Takeshima Y,Inai K.
Clinicopathological and immunohistochemical features of three pilomyxoid astrocytomas: Comparative study with 11 pilocytic astrocytomas
Pathology International, 59(2) : 80-85, 2009.

Takeshima Y, Amatya VJ, Kushitani K, Kaneko M,Inai K.
Value of immunohistochemistry in the differential diagnosis of pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma.
Histopathology, 54(6) : 667-676, 2009.

(Oki K, Yamane K, Oda Y, Kamei N, Watanabe H, Tominaga A),Amatya VJ,(Oki Y, Kohno N)
Combined acromegaly and subclinical Cushing disease related to high-molecular-weight adrenocorticotropic hormone.
J Neurosurg, 110(2) : 369-73, 2009

Amatya VJ, Takeshima Y, Kohno H, Kushitani K, (Yamada T, Morimoto C), Inai K.
Caveolin-1 is a novel immunohistochemical marker to differentiated epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma
Histopathology, 55(1) : 10-19, 2009.

(高木早苗、重元久志、栗栖佳宏)、武島幸男
乳腺に発生した結節性筋膜炎の1例
日本臨床細胞学会雑誌, 48(4) : 201-205, 2009.

(田中文啓、長谷川誠紀、岡田守人、山中竹春、福岡和也、副島俊典、上紺屋憲彦)、井内康輝、(辻村 亨、中野孝司)
切除可能悪性胸膜中皮腫に対するペメトレキセドを含む集学的治療に関する妥当性試験
肺癌, 49(4) : 403-408, 2009.

Takeshima Y, Inai K, Amatya VJ, (Gemba K, Aoe K, Fujimoto N, Kato K, Kishimoto T)
Accuracy of pathological diagnosis of mesothelioma cases in Japan: Clinicopathological analysis 382 of cases
Lung Cancer, 66(2) : 191-197, 2009.

井内康輝
今後の日本における大学の病理学講座(分野)の在り方 I. 病理学講座の現状と使命
病理と臨床27(10) : 1007-1009, 2009.

河野秀和、武島幸男、井内康輝、(長谷川泰久、三田耕司)
腎盂脂肪組織内に生じたsolitary fibrous tumor (SFT)の1例
広島医学, 62(1) : 3-4, 2009.

井内康輝
がん対策専門委員会 平成19年度調査研究報告書
広島県地域保健対策協議会調査研究報告書, p87-103, 2009.

Inai K, Takeshima Y.
Pathological diagnosis of asbestos-exposure-related disease-overview and future
The 2nd China-Japan Joint Asbestos Symposium 演説
2009年4月17日〜4月18日 Hangzhou, China

Jin L, Amatya VJ, Takeshima Y, Kushitani K, Inai K.
Evaluation of apoptosis and expression of the apoptosis-related proteins in epithelioid mesothelioma
The 2nd China-Japan Joint Asbestos Symposium 演説
2009年4月17日〜4月18日 Hangzhou, China

Kohno K, Amatya VJ, Takeshima Y, Kushitani K, Inai K.
WIF 1 expression is down-regulated by its promoter methylation in mesothelioma
The 13th World Conference on Lung Cancer 示説
2009年7月31日〜8月4日 San Francisco, U.S.A

Inai K.
Mesothelioma in Japan – the present and future
第19回広島がんセミナー国際シンポジウム 演説
2009年11月1日 広島市

Fujishige S, Amatya VJ, Shrestha L, Kohno H, Kushitani K, Takeshima Y, Inai K.
Effect of demethylatings agents on mesothelioma cell lines
The 19th Hiroshima Cancer Seminar – The 3rd three universites’consortium international symposium 示説
2009年11月1日 Hiroshima, Japan

Inai K.
Pathological diagnosis of asbestos-exposure-related diseases
The 2nd Asian Asbestos Initiative (AAI), International Seminar 演説
2009年12月21日〜12月23日 Bangkok, Thailand

Inai K.
IARC: Working Group Report The burden of cancer caused by asbestos
The 2nd Asian Asbestos Initiative (AAI), International Seminar 演説
2009年12月21日〜12月23日 Bangkok, Thailand

井内康輝
アスベスト関連疾患—病態から治療まで:基調発言
第98回日本病理学会総会 演説
2009年5月1日〜5月3日 京都市

井内康輝
病理学の学生教育と卒後教育—日本における病理学教育はいかにあるべきか
第98回日本病理学会総会 演説
2009年5月1日〜5月3日 京都市

井内康輝
JPPS学術集会「WHO肺癌分類改訂の課題」(座長)
第98回日本病理学会総会 演説
2009年5月1日〜5月3日 京都市

武島幸男、Amatya VJ、河野秀和、櫛谷 挂、井内康輝
ヒト中皮腫の遺伝子発現プロファイルの解析
第98回日本病理学会総会 演説
2009年5月1日〜5月3日 京都市

武島幸男、井内康輝
中皮腫早期診断のトライアル
-胸腔鏡及び病理所見からCT診断へのフィードバック症例呈示-
第16回石綿・中皮腫研究会 演説
2009年10月3日 岐阜市

武島幸男
免疫組織化学的染色を中心とした中皮腫の鑑別診断
2009年IAP日本支部教育シンポジウム 演説
2009年11月21日 東京都

井内康輝
日本における医学教育の歴史と展望
第36回富士研ワークショップ、医学教育up-to-date
2009年12月7日 裾野市

Amatya VJ、武島幸男、河野秀和、櫛谷 桂、(山田健人、森本幾夫)、井内康輝
上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断におけるCaveolin-1の有用性
第24回広島肺がん研究会 演説
2009年2月19日 広島市

(古川高意)、櫛谷 桂、Amatya VJ、金 龍男、河野秀和、武島幸男、井内康輝、(川崎由香里、沖田理貴、三村剛史、津谷康大、宮田義浩、岡田守人)
非小細胞性肺癌におけるGlut-1発現の意義
第24回広島肺がん研究会 演説
2009年2月19日 広島市

Amatya VJ, Takeshima Y, Kohno H, Kushitani K, (Morimoto C), Inai K.
Evaluation of CD26 expression in mesothelioma referred to humanized anti-CD26 monoclonal antibody treatment
第98回日本病理学会総会 示説
2009年5月1日〜5月3日 京都市

櫛谷 桂、武島幸男、Amatya VJ、金 龍男、河野秀和、井内康輝
上皮型中皮腫の鑑別診断における抗GLUT-1抗体を用いた免疫組織化学的染色の有用性
第98回日本病理学会総会 示説
2009年5月1日〜5月3日 京都市

河野秀和、Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、藤重俊一、井内康輝
中皮腫におけるWIF-1およびSFRPのプロモーター領域のメチル化による抑制
第98回日本病理学会総会 示説
2009年5月1日〜5月3日 京都市

金 龍男、Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝
Evaluation of apoptosis and expression of the apoptosis-related proteins in epithelioid mesothelioma
第98回日本病理学会総会 示説
2009年5月1日〜5月3日 京都市

藤重俊一、Amatya VJ、河野秀和、櫛谷 桂、Shrestha L、武島幸男、井内康輝
脱メチル化剤の中皮腫細胞株への影響
第98回日本病理学会総会 示説
2009年5月1日〜5月3日 京都市

(梶原佳則、山崎文之、齋藤太一、迫口哲彦、日高敏和、)Amatya VJ、(富永篤、杉山一彦、栗栖薫)
小児松果体部 papillary meningioma の一例
第27回日本脳腫瘍病理学会 演説
2009年5月8日〜5月9日 福岡市

(川西なみ紀、船越真人、川野 亮、園部 宏)、井内康輝
乳腺solid neuroendocrine carcinomaの1例
第17回日本乳癌学会学術総会 示説
2009年7月3日〜7月4日 東京都

藤重俊一、Amatya VJ、Shrestha L、河野秀和、櫛谷 桂、武島幸男、井内康輝
脱メチル化剤の中皮腫細胞株への影響
第16回石綿・中皮腫研究会 演説
2009年10月3日 岐阜市

Amatya VJ, Takeshima Y, Kohno H, Kushitani K, (Morimoto C, Yamada T), Inai K.
Evaluation of CD26 expression to selection of mesothelioma cases for monoclonal antibody therapy
第50回日本肺癌学会総会 演説
2009年11月12日〜11月13日 東京都

河野秀和、Amatya VJ、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝
中皮腫におけるWIF-1メチル化と脱メチル化剤によるWIF-1の発現回復に関する検討
第50回日本肺癌学会総会 演説
2009年11月12日〜11月13日 東京都

藤重俊一、Amatya VJ、Shrestha L、河野秀和、櫛谷 桂、武島幸男、井内康輝
脱メチル化剤の中皮腫細胞株への影響
第50回日本肺癌学会総会 示説
2009年11月12日〜11月13日 東京都

櫛谷 桂、武島幸男、(三村剛史、岡田守人)、井内康輝
右胸壁腫瘍(胸膜中皮腫再発転移)
第52回広島病理集談会 演説
2009年1月10日 広島市

Amatya VJ、武島幸男、井内康輝、(杉山一彦、富永 篤、山崎文之、迫口哲彦)
松果体腫瘍(Papillary Meningioma)
第98回日本病理学会中国四国支部学術集会スライドカンファレンス 演説
2009年2月14日 東温市

河野秀和、武島幸男、井内康輝
肺腫瘍 (Inflammatory myofibroblastic tumor)
第53回広島病理集談会 演説
2009年9月19日 広島市

Takeshima Y.
Pleural Lesion (SLE-related pleuritis)
The 3rd Japanese-Korean Joint Slide Conference of Lung Pathology 演説
2009年11月13日〜11月14日 Nagoya, Japan

井内康輝
がん対策とがん医療に、今、必要なもの(基調講演)
県民フォーラム“どうなるん!?これからのがん医療”
2009年3月28日 広島市

井内康輝
呼吸器病変-画像と病理像の対比
第3回首都圏ドクターズフォーラム
2009年7月5日 東京都

井内康輝
日本病理学会中国四国支部スライドカンファレンス100回記念-支部の歩み36年
第100回日本病理学会中国四国支部学術総会
2009年11月7日 倉敷市

Inai K.
Pathological diagnosis of asbestos-related diseases
WHOフェローシップ研修
2009年10月29日 広島市

Inai K.
Pathological diagnosis of mesothelioma and asbestos-related disease
台湾関係者(台湾大学メンバー)研修会
2009年10月31日 北九州市

(福戸敦彦、赤木真治、田中智子)、櫛谷 桂
胆嚢癌肉腫の1例
第22回マツダ病院CPC
2009年1月29日 安芸郡府中町

(水戸未央、五門幸彦)、武島幸男
慢性心不全の増悪からDICへ転帰し、死亡した1例
第23回マツダ病院CPC
2009年2月5日 安芸郡府中町

(加納幹浩)、武島幸男
穿孔を伴う小腸悪性リンパ腫の1例
第24回マツダ病院CPC
2009年2月7日 安芸郡府中町

(相原一仁)、武島幸男
蜂窩織炎で入院経過中急変し死亡した1症例
第7回福島生協病院CPC
2009年2月14日 広島市

(清水嘉人)、河野秀和
右冠状動脈を責任病変とする急性心筋梗塞によりポンプ失調をきたした1症例
第25回マツダ病院CPC
2009年2月17日 安芸郡府中町

(東 香菜子、高岡克寿)、櫛谷 桂
食道癌治療後5年後に心不全を発症し、治療に難渋し死亡した1例
第8回福島生協病院CPC
2009年2月25日 広島市

(水戸未央)、武島幸男
多発性転移をみとめた原発性肝癌の一例
第26回マツダ病院CPC
2009年12月17日 安芸郡府中町

(益田和彦)、武島幸男
腸重積の形態を呈し発見された回腸悪性リンパ腫の一例
第27回マツダ病院CPC
2009年12月17日 安芸郡府中町

櫛谷 桂
第58回広島病理集談会     症例A71 
2012年9月15日  広島市

武島幸男
第19回石綿・中皮腫研究会  一般演題(1)の7題
2012年10月13日  神戸市

Amatya VJ
第109回日本病理学会中国四国支部学術集会 スライドカンファレンス  症例S2418〜S2420
2012年10月27日  大竹市

井内康輝
アスベスト関連疾患の病理
市民公開講座「アスベスト起因性疾患:悪性中皮腫の克服に向けて」 演説
2009年2月1日 広島市