title2019.jpg
button01b.gif

博士論文題目

2018年(平成30年)9月取得
SUNDAY, Michael Oluwatoyin Measurement, Dynamics and Roles of Lipid Hydroperoxide, Singlet Oxygen and OH Radical in Natural Waters
(天然水中の脂質過酸化物, 一重項酸素、OHラジカルの測定、動態、役割に関する研究)
CHIDYA, Russel Chrispine Garvin Occurrence, dynamics, spatio-temporal variations and risk assessment of pesticide residues in Kurose river and Seto Inland Sea, Japan
(黒瀬川および瀬戸内海での残留農薬の存在、動態、時空間分布、リスクアセスメントに関する研究)
ADESINA, Adeniyi Olufemi Photochemical Generation of Reactive Species in Seawater: Analyses, Kinetic Considerations, and Environmental Implications
(海水中での活性化学種の光化学的生成ー化学分析、反応解析、環境科学的意義)
中谷 郁夫 行政の公開情報を活用した地球温暖化対策とそれに伴う大気汚染削減効果の検証
2018年(平成30年)3月取得
KHPALWAK, Wahdatullah Effects of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons (PAHs) and Acid Mist on Plants and Their Mitigation
(多環芳香族炭化水素と酸性ミストが植物に及ぼす影響とその緩和に関する研究)
2016年(平成28年)9月取得
ANIFOWOSE, Adebanjo Jacob Analyses, Dynamics and Fates of Reactive Oxygen Species (ROS) in Natural Waters: Emphasis on Photochemical Reactions
(天然水中の活性酸素種の測定、動態、運命―特に光化学反応に関して)
2015年(平成27年)9月取得
KAONGA, Chikumbusko Chiziwa Occurrence, sources and degradation of Diuron, Irgarol 1051 and Fenitrothion in water, sediments, plankton and fishes of coastal sea and river waters, Japan
(沿岸水および河川水、堆積物、プランクトン、魚類中のジウロン、イルガロール1051、フェニトロチオンの存在量、発生源、分解過程)
JADOON, Waqar Azeem Monitoring and risk assessment of polycyclic aromatic hydrocarbons in the air
(大気中の多環芳香族炭化水素のモニタリングおよびリスクアセスメント)
2015年(平成27年)3月取得
万代 小百合 オゾン、酸性物質、多環芳香族炭化水素の植物への単独および複合影響に関する研究
2012年(平成24年)9月取得
BALAKRISHNAN, Sarangaraja Environmental Contamination and Degradation of Diuron and Irgarol in Kurose River and Seto Inland Sea, Japan
(黒瀬川および瀬戸内海におけるジウロンおよびイルガロールによる環境汚染並びに分解についての研究)
2012年(平成24年)3月取得
NOMI, Sonia Naomi Photochemical generation of OH radical in water-extract of aerosol and aqueous solution of water-soluble gases in the air
2010年(平成22年)9月取得
OLASEHINDE, Emmanuel Folorunso Measurement, Behavior and Roles of Reactive Oxygen Species (ROS) in Natural Water
2009年(平成21年)9月取得
近藤 宏壮 大気エアロゾル抽出水中におけるヒドロキシルラジカルの光化学的生成および消失に関する研究
2009年(平成21年)3月取得
OGUNTIMEHIN, Ilemobayo Ifedayo Eco-physiological effects of polycyclic aromatic hydrocarbons (PAH) on plants: Exposure experiments using fluoranthene
2007年(平成19年)3月取得
THAM, Yasmin Wai Fon Behavior and photodecomposition pf ploycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) in the atmosphere of Higashi Hiroshima, Japan
2005年(平成17年)9月取得
MOSTOFA, Khan Md. Golam Dynamics, Characteristics and Photochemical Processes of Fluorescent Dissolved Organic Matter and Peroxides in River Water
2005年(平成17年)9月取得
OH, Jae-Ryoung The occurrence, distribution and fate of organochlorines in Korean environment and the human intake from seafood consumption
2005年(平成17年)3月取得
赤根 幸子 赤潮藻類による活性酸素種の生成機構と分解機構の解明 〜過酸化水素を中心に〜
2004年(平成16年)9月取得
NURROHIM, Agus A fule-based inventory of NOx and SO2 emission from manufacturing industries, motor vehicles and household in Hiroshima prefecture, Japan(広島県における製造業、自動車、住宅部門からの窒素酸化物及びニ酸化硫黄の排出量の燃料別見積もりに関する研究)
2004年(平成16年)3月取得
DERBALAH, Aly Soliman Hamed Contamination, fate and elimination kinetics of pesticide residues in river water, Hiroshima Prefecture
中谷 暢丈 環境液相中におけるヒドロキシルラジカルの光化学的生成とその植物影響に関する研究
2002年(平成14年)9月取得
金 度勲 The analysis of iron and other related metals in atmospheric samples
2002年(平成14年)3月取得
智和 正明 Atmospheric Deposition and its Effects on Coniferous Forests
SINOGAYA, Jonnifer R. The Prediction and Control of Photochemical Air Pollution in Hiroshima Prefecture based on the known Physical, Chemical and Meteorological Parameters
2000年(平成12年)9月取得
三宅 隆之 大気液相中有機酸の濃度、沈着量および発生源に関する研究
1997年(平成9年)3月取得
小野 秀樹 光学効果の複合的組み合わせによる吸光光度法の高感度化に関する研究
1995年(平成7年)3月取得
熊本 雄一郎 瀬戸内海の海洋表層における二酸化炭素分圧と炭素フラックスに関する研究