title2019.jpg
button01b.gif

ようこそ、環境化学・環境分析化学研究室へ! / About Our Lab.

われわれは環境中の様々な化学物質の計測から、様々な地球環境的課題に取り組んでいます

  • 河川・海水中での光化学反応の素過程の解明
  • 森林衰退に係わる大気汚染物質の計測・動態・制御 [森林衰退研究センター
  • 大気汚染・酸性雨に関する野外観測および数値モデルの構築
  • 環境中の農薬や内分泌かく乱物質などの有害有機物質の計測
  • 新規な環境分析法の開発
  • 大気中微量元素の循環の解明

 本研究室は、坪田博行名誉教授、藤原祺多夫教授(現:東京薬科大学)の研究を受け継ぎ、大気水圏中における微量化学種や環境汚染物質の分析法の開発、その動態、予測に関する研究を行っています。微量化学種の中でも、環境中に超微量で存在する活性酸素種(OHラジカルや過酸化物など)の分析や動態の解明を、また汚染物質の中でも、重金属(水銀や鉛など)や有害有機物(ダイオキシン類や環境ホルモンなど)の中国地方における分布や動態などの研究をしています。本研究室では、環境中におけるさまざまな化学物質の光化学的分解過程を、酸化・分解される物質の方のみから解析するのでなく、酸化剤(活性酸素種など)の分析も含めて解析しています。環境中における化学物質の分解機構に関しては、不明な点が多いですが、本研究室では、光化学的分解の方面から着実に研究を進めています。

 次に、大気汚染酸性雨に関する諸研究を実施しています。中国地方における大気汚染物質の排出量や発生機構の解析、大気中での輸送・拡散過程、分解・沈着過程の解析を、野外観測及び数値シミュレーションの両方から進めています。また、大気汚染・酸性雨と森林衰退との因果関係を解明することも重要な課題として取り組んでいます。広島大学総合科学部の圃場においてオープントップチャンバーやビニルハウスを用いてアカマツ苗木等に汚染物質を暴露して、その影響評価に関する実験を行っています。ディーゼル排ガスの植物への影響に関する実験も実施しています。