原爆放射線医科学研究所 分子疫学研究分野

Department of Epidemiology, Research Institute for Radiation Biology and Medicine

<はじめに>

当分野は、被爆者のデータベースの構築とそれに基づく被爆者の死亡要因他の疫学的研究を中心に研究を行ってきました。
現在では、それに加えて、神経疾患を中心とした分子遺伝学、分子疫学的研究を行っています。
具体的な研究対象として以下のものがあります。

  1. 遺伝性脊髄小脳変性症の原因疾患の探索、遺伝子診断
  2. アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症の感受性遺伝子の探索

 マイクロアレイによるSNP解析や次世代シーケンサなど先進の技術や機器を用いて、これらの疾患の病因分子の同定を進めています。
 これまでの研究成果として、筋萎縮性側索硬化症(ALS)脊髄小脳変性症(SCD)の新規原因遺伝子を同定してきました。これをもとに神経変性疾患の分子病態を明らかにするための解析を行っています。

<スタッフ>

教授川上 秀史Hideshi KAWAKAMI, M.D., Ph.D.
准教授森野 豊之Hiroyuki MORINO, M.D., Ph.D.
助教大澤 亮介Ryosuke OHSAWA, Ph.D.
特別研究員松田 由喜子Yukiko MATSUDA, Ph.D.
契約技能員松井 恵美子Emiko MATSUI
研究支援員中島 英子Eiko NAKAJIMA, M.N.E.S.
教育研究補助職員宮本 真由美Mayumi MIYAMOTO
教育研究補助職員大竹 顕子Akiko OHTAKE
大学院生神﨑 理英子Eriko KANZAKI, M.D.

<連絡先>

〒734-8553
広島県広島市南区霞1丁目2番3号
広島大学 原爆放射線医科学研究所
放射線影響評価研究部門 分子疫学研究分野

TEL : 082-257-5850
FAX : 082-257-5848

Posted at 21:03 in Contents | Edit