TOEIC® 公開テストと TOEIC® IP について

 

 TOEIC 公開テストと TOEIC IP (Institutional Program)のどこがどう違うのか,という質問を受けます。詳しい説明はTOEIC の公式サイト広大生協の TOEIC 関連のページにあります。 ここでは,簡単に比較してみます。

 なお,ここでは,一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会のことを「IIBC」,広島大学消費生活協同組合のことを「広大生協」,外国語教育研究センターのことを「外教研センター」と略しています。

 

  比較項目 TOEIC 公開テスト
一般申込
IIBC に直接申し込む場合
TOEIC 公開テスト
団体一括申込
広大生協の各店舗で受付を行い,最終的に外教研センターが団体一括申込として取りまとめる場合
TOEIC IP(団体特別受験制度)
外教研センターが実施する場合です。全学一斉実施以外で実施する場合には,対象となるクラス単位でお知らせします。
TOEIC IP(旧カレッジ TOEIC)
広大生協が実施する場合です。
1 試験会場 IIBC が指定 IIBC が指定 外教研センターが指定 広大生協が指定
2 試験会場の場所 広島大学東広島キャンパスも,広島地区の会場のひとつとなっています
(ただし,例外的に会場にならない場合もあります)
広島大学東広島キャンパスも,広島地区の会場のひとつとなっています
(ただし,例外的に会場にならない場合もあります)
東広島・霞・東千田キャンパスで実施
(毎回異なります。)
東広島キャンパスで実施
3 試験当日の運営 IIBC が運営 IIBC が運営
(東広島キャンパスにおいては広大生協が実施に関与します)
外教研センターが運営 広大生協が運営
4 試験問題 新作 新作 TOEIC 公開テストの過去問題 TOEIC 公開テストの過去問題
5 受験料実費(税込) 5,725円 ※ 5,185円 ※(広大生協各店舗で受付を行い,最終的に外教研センターが団体一括申込 として取りまとめる場合の価格) 平成25年度現在,全学一斉実施の場合には大学が負担しています(他機関等で受験する場合には おおむね TOEIC IP(旧カレッジ TOEIC)と同様) 3,240円※
6 実施日時 IIBC が指定
年10回行われます。
IIBC が指定
年10回行われます。
自由に設定可能
全学一斉実施以外で実施する場合には,対象となるクラス単位でお知らせします。
自由に設定可能
広大生協が指定
7 試験終了から結果返却まで 約4週間 約4週間 別途,受験者にお知らせします 約2週間
8 Official Score Certificate
(公式認定証)
あり あり なし なし
9 位置づけ テスト
(広島大学の教養教育で単位認定あり)
テスト
(広島大学の教養教育で単位認定あり)
テスト
(広島大学の教養教育で単位認定あり)
テスト
(広島大学の教養教育で単位認定なし)
※第189回(平成26年4月実施)から受験料が変更になり,平成27年4月実施から,受験料が再び変更になりました。

比較項目1 試験会場
 TOEIC 公開テストの 団体一括申込も,IIBC の指定する一般会場での受験となります。受験会場は申し込み時に記入した 受験地番号と受験地名,そして受験者各個人の住所をもとに決定されます。

比較項目2 試験会場の場所
 TOEICを運営している IIBC では,2001年度(平成13年度)まで東広島市内に会場を設定していませんでした。 しかし,平成14年度後期より,広島大学東広島キャンパスを広島会場のひとつとしています。

比較項目3 試験当日の運営
 「TOEIC公開テストの一般申込」「TOEIC公開テストの団体一括申込」 ともに,IIBC による運営となります。広大生協は,会場の実施責任者として当日の実施業務にあたります。また,外教研センターが会場の実施責任組織となれば「TOEIC IP(団体受験特別制度)」,広大生協が会場の実施責任組織となれば「TOEIC IP(旧カレッジ TOEIC)」ということです。

比較項目4 試験問題
 これまでに実施された TOEIC(公開テスト)の膨大な問題リストのうちから,過去の問題を選び出して再利用したものが TOEIC IP です。TOEIC 公開テストの実施問題は試験ごとに新作であるとともにその量は膨大で ,問題冊子はすべて回収されますので,過去問題に偶然出会って不当に成績がよくなるという心配は現実的ではありません。

比較項目5 受験料実費(税別)
 平成17年1月から,団体一括申込の受付方法が変わりました。受付場所は広大生協各店舗です。受付時間は広大生協各店舗の営業時間に準じます。受付期間は TOEIC の公式サイトに記載されているとおりです。

比較項目6 実施日時
 TOEIC公開テストの受験会場と団体一括申込は,IIBC が指定する日時です。詳しくは,TOEICの公式サイトで確認できます。TOEIC IP(団体受験特別制度)とTOEIC IP(旧カレッジ TOEIC)に関しては,実施者側で自由に設定できる仕組みです。

比較項目7 試験終了から結果返却まで
 特に補足はありません。

比較項目8 Official Score Certificate (公式認定証)
 履歴書などに「TOEIC で○○○点」,「TOEIC IP で○○○点」などと書くことがあると思います。TOEIC の場合には,履歴書などの提出先である 官公庁や企業などからこの「Official Score Certificate (公式認定証)」の提出を求められる場合があります。
 TOEIC IP にはこの「Official Score Certificate (公式認定証)」はありませんが,発行されたスコアレポート(IP)に記載されたスコアも「正式なスコア」に変わりはありません。

比較項目9 位置づけ
 大まかに,「『TOEIC 公開試験』は本試験,『TOEIC IP』は模擬試験」という見方があります。確かに,上の9番で書いたように,「Official Score Certificate (公式認定証)」があるかないかという観点からは,そういう見方がされるのも頷けます。 結局は,スコアを見る側の受け取り方しだいということになりますが,上の9番で書いたように,どちらも「正式なスコア」に変わりはありませんので,それぞれの書類は大事に保管しておきましょう。
 なお,このページに掲載されている試験のうち,広島大学の教養教育科目の単位認定については,TOEIC IP(旧カレッジ TOEIC)を除く3つを認定対象としています。

 


 

よくある質問

質問1 「TOEIC 公開テストの一般申込」と「TOEIC 公開テストの団体一括申込」の違い
 上の表の番号でいうと,比較項目1・2・4・6・7・8・9が同じです。比較項目3・5が違います。つまり,「TOEIC 公開テストの一般申込」と比べて ,広大生協が受付を行って外教研センターが取りまとめる「TOEIC 公開テストの団体一括申込」は,

という点で異なります。
 

質問2 「TOEIC IP」と「TOEIC IP(旧カレッジ TOEIC)」の違い
 上の表の番号でいうと,比較項目4・8・9が同じです。比較項目1・2・3・5・6・7が違います。つまり,外教研センターが実施する「TOEIC IP(団体受験特別制度)の団体申込」は,ほぼ同じで,

という点で異なります。

 

質問3 「TOEIC 公開テスト」と「TOEIC IP や TOEIC IP(旧カレッジTOEIC)」の違い
 どの違いから説明すればいいのか難しいですが,受験者から見れば,

という点で異なります。また,上記の比較項目9でも触れているように,公式認定証がある・ないによって,受け取られかたが違う可能性もあります。

 

 できるだけ多くの資料などにあたって比較をしましたが,ご自分でもご確認ください。


2002.04.05. 新規作成
2002.04.19. 一部変更
2002.05.15. 一部変更
2002.10.15. 一部変更
2002.12.04. 一部変更
2003.06.11. 一部変更
2004.06.10. 一部変更
2005.01.25. 一部変更
2007.03.15. 一部変更
2009.08.31. 一部変更
2011.03.21. 一部変更
2011.11.30. 一部修正
2014.04.22. 一部修正
2015.04.15. 一部修正


外国語教育研究センターのトップへ