<小豆島研修>帰路のフェリー
2016.08.02

新岡山港行きのフェリーに乗船しました。
うどんを食べる生徒(つい先ほど昼食を食べたように思うのですが・・・),寝転ぶ生徒,トランプする生徒,海を眺める生徒・・・さまざまな時間のすごし方をしています。

2016.08.02 15:00 | 固定リンク | 行事
<小豆島研修>寒霞渓ロープウェイ
2016.08.02

13:00
寒霞渓山頂からの下りは,ロープウェイを利用しました。
日本で唯一,『空・海・渓谷』を一度に眺望できる島のロープウェイだそうです。車窓からは自生する植物や,そそり立つ奇岩を間近に,深い渓谷を通る光景はまさに絶景でした! 
2016.08.02 14:20 | 固定リンク | 行事
<小豆島研修>昼食
2016.08.02

12:20
寒霞渓山頂で昼食です。
標高差317mを登った直後だったので,食欲のなかった生徒もいたかもしれませんが,全体的にはよく食べていました。立派・・・
山頂からの眺めがかすんでいたのは残念でした。
2016.08.02 14:10 | 固定リンク | 行事
<小豆島研修>寒霞渓
2016.08.02

10:50
寒霞渓ロープウェイの紅雲駅(標高295m)に到着。ここから寒霞渓山頂駅(標高612m)までのハイキングです。
諸注意の後,石井先生を先頭に登り始めました。
しばらく歩くと,さっそくサルの出迎えを受けました。


およそ50分かけて全員無事に山頂に到着し,クラスごとに記念写真を撮影しました。
2016.08.02 14:00 | 固定リンク | 行事
<小豆島研修>二十四の瞳映画村
2016.08.02

9:10
壺井栄の名作「二十四の瞳」の舞台となった岬の分教場と映画村に来ました。名作の世界を堪能しています。

2016.08.02 10:00 | 固定リンク | 行事
<小豆島研修>朝食
2016.08.02

7:00
昨日散策したエンジェルロードは,今朝は潮が高くて細く延びています。
今日のスタートの朝食に,全員元気に集合しました。
諸連絡の後,朝食とは思えないほどのごちそうをいただきました。
2016.08.02 08:00 | 固定リンク | 行事
<小豆島研修>副校長講話
2016.08.01

20:15
入浴後,副校長から福山附属とオリーブにまつわる講話がありました。
学校創立時に校章のオリーブに込められた思い。旧約聖書やギリシャ神話に基づく,平和・英知・勝利・友情・豊かさ等の象徴としてのオリーブ。福山附属の「ヒロシマ」とのつながりや学校の歴史にも触れながら,福山附属の伝統となっている「自由・自主」の精神についてのはなし。そして副校長の中学生時代の話もありました。
2016.08.01 22:00 | 固定リンク | 行事
<小豆島研修>夕食
2016.08.01

18:00
エンジェルロードの散策後は,少しゆったりした時間を過ごしました。それぞれの部屋で,これまで知らなかった友達の一面を感じたり,思わぬ話で盛り上がったり・・・いろいろあったようです。
生徒から本日の振り返りと,石井先生から諸連絡があり,その後夕食をいただきました。
毎年,食べきれないほどのごちそうでおもてなしくださる,小豆島国際ホテルの料理長さんに感謝!!!
ことしもがんばって,完食しました。
2016.08.01 19:00 | 固定リンク | 行事
<小豆島研修>エンジェルロード
2016.08.01

15:40
エンジェルロードは,1日2回,干潮時に海の中から現れる砂の道。大切な人と手をつないで渡ると,砂州の真ん中で天使が舞い降りてきて,願いを叶えてくれると言われているロマンティックな場所です。小豆島と余島の間は,沖からの波が島の裏側で打ち消しあい,波の静かな部分ができています。ここには海の流れなどで運ばれてきた砂が堆積しやすくなり,やがて小豆島と余島を結ぶ砂州が成長し陸続きとなりました。このような砂州のことは陸繋砂州(りくけいさす)といいます。


エンジェルロードを渡った先の余島では,生徒たちは岩登りを楽しんだり,海辺の生物と戯れるなどして自然を満喫しました。
エンジェルロードから小豆島に戻る,その先に見えるのが,本日宿泊する小豆島国際ホテルです。
2016.08.01 17:00 | 固定リンク | 行事
<小豆島研修>しおり作り
2016.08.01

14:00
オリーブの葉には,まれにハードの形をしたものがあります。よく見ると葉脈も分かれていて,このような形になることが決まっていたかのようです。
生徒たちは,いろいろな形のオリーブの葉を見つけて,自分の採取した葉を使って「しおり」作りを行いました。ウサギの耳のような形のものや,ちょっといびつなハート型など,ひとりで何枚も見つけて,どれをしおりにしようかと迷っている生徒もいました。
2016.08.01 15:50 | 固定リンク | 行事

- CafeNote -