TOPへ
  近年, 日本では食生活の多様化に伴って, 肥満, 生活習慣病やアレルギー疾患の増加が顕著になってきました。これらの疾患の予防のためには, 適切な食生活を送ることや日々の運動が重要です。日本には本来古くから「医食同源」の考え方がありますが, 生活習慣病が問題視されるにつれ, 食品の体調調節機能の重要性が見直されてきています。

  そんな中, 人々の健康への関心が高まり, 市場には健康食品があふれ, 今や, 日本は健康ブームにあると言っても過言ではないでしょう。しかしながら, どの製品が本当に効果のあるものなのか, 信頼できる情報を求めて消費者は混乱しているのではないでしょうか?
市場に出回っている健康・H品は, 必ずしも効果が立証されているものばかりではありません。では, 何を指標にしたら良いのでしょうか?
 
 
  厚生労働省は平成3年に「特定保健用食品」という制度を作りました。
「トクホ」は, からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでおり, 血圧,
血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり, お腹の調子を整えるのに役立つなどの, 特定の保健の用途のために利用されることを趣旨とした食品のことです。

  厚生労働省が, 個別に有効性や安全性等に関する審査を行い, 承認された食品だけが, トクホとして左図のようなマークをつけて販売することができます。
このマークがあれば, 健康に役立つというお墨付きがあるわけで・・・, 消費者が機能性食品を安心して購入する目安になります。

  このトクホの表示許可を受けるためには, 有効性があることを示す科学的根拠, つまり臨床試験を含めたさまざまなデータが必要となります。実際にヒトに食べてもらって, 効果が立証されなければならないのです。
ですから, お薬と同じで, 健康に役立つ食品が世に出るためには, 臨床試験に参加してくださるボランティアの皆様のご協力が必要なのです。
 
  お薬の臨床試験を行う「治験」と,臨床試験が必要という点
では同じです。 しかし, トクホ申請するのは, あくまで「食品」
ですから,ボランティアの皆様には, 薬より安心して摂取して
いただけると思います。
また検査内容も, 治験と比較すると簡単なものになっています。
 
 
 
 
Copyright(C) 広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 未病・予防医学共同研究講座