広島大学附属小学校 > 臨時休校等の対応

臨時休校等の対応

台風・大雨・洪水・大雪・地震及び交通機関運行停止時(スト等)の場合、授業に関する基本的な対応は、以下のようになります。

1.次のいずれかの場合は、原則として臨時休校(家庭学習日)とします。

(1)午前6時30分の段階で、本校が含まれる地域に「大雨警報」と「暴風警報」が同時に発表されている場合、または「特別警報」が発表されている場合

(2)午前6時30分の段階で、本校が含まれる地域に「大雪警報」または「暴風雪警報」のいずれかが発表されている場合、または、「特別警報」が発表されている場合

(3)午後5時から翌朝の午前8時30分までの間に、本校が含まれる地域に「震度5弱」以上の地震が発生した場合

(4)午前6時30分の段階で、広島路面電車、広電バス、広島バス、JR電車のうち、一つでも全面的に運気を停止している場合(アストラムラインや、その他の交通機関の運転停止は対象とならない。)

ただし、午前7時までに上記の(1)(2)(4)の状態が解消した場合は、午前9時の始業とします。

2.上記以外であっても、次のような場合は、臨時休校(家庭学習日)とすることがあります。

(1)登校途中や登校後に天候の悪化等で危険が予想される場合

(2)通常の登下校や学校生活において、著しい困難や危険が予想される場合

このような場合は、事前に保護者に文書を配付したり、当日の場合は午前6時40分までに一斉メールを送信したりします。