Tel:082-257-5869(医局直通) 診療に関するお問い合わせ
呼吸器・消化器外科 TEL:082-257-5476
乳腺外科      TEL:082-257-1686

消化器グループ 食道

食道がんに対する治療について

 われわれ広島大学原医研腫瘍外科の消化器グループは、広島大学病院消化器外科の一員として食道疾患(特に食道がん)の診療を行っています。さらに当科は食道外科専門医認定施設であり広島県・中国地方の食道がん治療の中心を担うべく、最先端の食道がん診療および食道外科専門医の育成を行っています。(日本食道学会・食道外科専門医2名在籍)当科での新規紹介症例数、手術症例数は増加傾向にあります。(図1)
 食道がんに対する治療には大きく分けて、内視鏡的粘膜切除(EMR:Endoscopic mucosal resectionやESD:Endoscopic submucosal dissection)、手術(食道切除術)、抗がん剤治療、放射線治療があり、病態や進行度に応じてこれらの治療法を組み合わせたり、単独で行います。われわれは抗がん剤治療や放射線治療と手術を組み合わせた集学的治療を行い、治療成績・予後の向上を目指しています。
 また当科では、進行食道がん患者さんに対する標準治療の確立と新規治療法の開発を目的として、全国レベルでの多施設共同臨床試験、自主臨床試験、有望な新規治療薬(免疫チェックポイント阻害剤など)の治験を数多く行っています。
われわれは消化器内科、放射線治療科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、病理医と綿密な連携を取っており、カンファレンスにより一人一人の患者さんの治療方針を検討しています。さらに患者さんと相談させていただいたうえで、どのような病状や進行度であっても最善の治療を提供することができます。

外来担当表

詳細については下記のリンクを参照してください。

https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/sinryoka/shinryo_ika/syokakigeka

対象疾患

食道がん、食道粘膜下腫瘍、食道アカラシア、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道憩室、特発性食道破裂など

食道がん手術

 食道がんに対する手術は、頚部・胸部・腹部の操作が必要となり体への侵襲(負担)が非常に大きくなります。このため胸腔鏡を使用して胸の傷を小さくするよう工夫しています。さらに腹部の傷も小さくするため腹腔鏡下に腹部操作を行っています(図2)。基本術式がこの胸腔鏡、腹腔鏡を用いた低侵襲手術であり、多くの食道がん患者さんに対して行っています。(日本内視鏡外科学会、食道がん手術技術認定医在籍)
 胸腔鏡下に胸部操作(食道切除術)を、腹腔鏡下に腹部操作(再建胃管作製)を行い、その後に頸部操作を行い、胃管を頸部まで持ち上げて再建・吻合を行います。手術後は安全に早く回復していただくように、集中治療室および病棟で麻酔科や救急部、循環器科、呼吸器科、神経科、リハビリ科などの専門スタッフと協力して全身管理を行っています。
 手術の安全性とともに重要なのが癌の根治性です。食道癌はリンパ節転移の頻度が高く、食道の切除のみではなく、再発を防止するために食道・気管・胃・頸部周囲のリンパ節郭清が重要です。われわれは病変の部位や深さによって、リンパ節郭清の最適な範囲を決めています。また、ステージ2以上の症例には、術前または術後に抗がん剤治療や放射線治療、さらに両者を組み合わせた化学放射線療法を行い患者さんの予後向上を目指しています。この結果は学会において、また論文として発表しております。
(Hamai Y et al. Results of Neoadjuvant Chemoradiotherapy With Docetaxel and 5-Fluorouracil Followed by Esophagectomy to Treat Locally Advanced Esophageal Cancer. Ann Thorac Surg. 2015;99:1887-93.
Emi M et al. Neoadjuvant chemoradiotherapy with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil for esophageal cancer. Cancer Chemother Pharmacol. 2012;69:1499-505.
檜原淳・他:進行食道癌に対する集学的治療-Docetaxel と5-FUを用いた術前化学放射線療法の治療成績-.癌の臨床 53(1) 49-55,2007.)

広島大学病院腫瘍外科における食道がん手術

食道がんに対する化学療法、放射線療法

 食道がんは発見された時にすでに進行していることも多く、また根治的な手術を行った後でも再発を認める患者さんがおられます。われわれは、このような進行・再発食道がんに対しても最適な抗がん剤治療や、当院放射線治療科と協力して抗がん剤治療と放射線療法を組み合わせた化学放射線療法を積極的に行っています。従来のシスプラチンと5-FUを用いた治療に加え、新しく効果の高い治療の開発にも積極的に取り組みました。
(Hihara J et al. Role of definitive chemoradiotherapy using docetaxel and 5-fluorouracil in patients with unresectable locally advanced esophageal squamous cell carcinoma: a phase II study. Dis Esophagus. 2016;29:1115-1120.)

食道がんに対する臨床研究・臨床試験・治験

 われわれは手術や様々な治療薬に関する臨床研究・臨床試験を行っています。さらに食道がんではまだ一般的には使用できない、有望な新規治療薬(免疫チェックポイント阻害剤など)の治験も数多く行っています。患者さんによっては、これらの臨床研究・臨床試験・治験での新しい治療を提案することができます。

食道がんに対するその他の治療

 食道がん患者さんの中には食道狭窄、気道狭窄、食道気道ろうなどのためにQOL(Quality of life)が著しく低下する方がおられます。われわれは長年におよぶ治療経験の蓄積により、食道狭窄に対する食道バイパス術や食道ステント、気道系狭窄に対する気管ステントなどの症状緩和に対するノウハウも有しています。これらの手術や処置により患者さんのQOLを向上させることができます(図3)。
 また、分子生物学的手法を用いた食道がんの遺伝子解析により、診断マーカーや悪性度や予後に関わる因子の解明をすすめ、さらに個々の癌の個性に基づくいわゆる個別化治療を目指した基礎研究にも取り組んでいます。

食道バイパス手術 気管ステント

その他の食道疾患に対する治療

 食道粘膜下腫瘍、食道アカラシア、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道憩室、特発性食道破裂などの様々な食道疾患に対しても、胸腔鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を行っています。

<< 前のページに戻る

広島大学腫瘍外科フェイスブック メディア掲載情報 第93回中国四国外科学会総会、第23回中国四国内視鏡外科研究会 広島大学病院乳腺外科ブログ 広島がん治療研究会

↑ PAGE TOP