児童・生徒のワーキングメモリと学習支援

お問い合わせアクセス

ワーキングメモリアセスメント


(HUCRoW: Hiroshima University Computer-based Rating of Working Memory)


 学習には,音声やイメージを一時的に記憶にとどめながら,考えることが大切です。このような記憶の能力をワーキングメモリと呼び,子どもの学ぶ力の重要な側面です。

 ワーキングメモリが小さいと,学ぶ力が発揮されず,学習面での遅れが生じることがあります。そのような遅れを防ぎ,子どもたちの学ぶ力を伸ばすためには,子どものワーキングメモリの特徴を把握し,それに応じた支援を行うことが大切です。

 HUCRoWは,主に小・中学校段階の子どものワーキングメモリのアセスメントを行う目的で作られました。すでに発達障がいの診断を受けている子ども,またはその可能性のある子ども,クラスで学習の遅れのあり,気になる子どもの診断と支援にお役立てください。HUCRoWでは,子どもがパソコン画面を見ながら,それぞれのペースでマウスを操作しながら,課題を行います。



HUCRoWを初めて使われる方は最初に利用上の注意事項をお読み下さい。


利用上の注意事項

1.アセスメントの構成

 HUCRoWは,ゲーム1からゲーム8まであります。ワーキングメモリの4つの構成要素である言語的短期記憶,言語性ワーキングメモリ,視空間的短期記憶,視空間性ワーキングメモリのアセスメントを行うゲームがそれぞれ2つずつ含まれます。


2.アセスメントの実施に必要なもの

 HUCRoWは,音声を刺激として用いるため,集団で実施するときには,子どもの一人ひとりにヘッドフォンまたはイヤフォンが必要です。個別に実施するときには,スピーカーを準備ください。
 HUCRoWを実行するには,HTML5に対応しているブラウザが必要です。そのため,パソコンに最新のバージョンのFirefoxをインストールする必要があります。Firefoxは,以下のサイトからダウンロードすることができます。
http://www.mozilla.jp/firefox/

 また,一部のゲームを動かすために,Adobe Flash Playerの最新バージョンをインストールする必要があります。Adobe Flash Playerは,以下のサイトからダウンロードすることができます。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

 なお,ソニー製のWindows 8のパソコンを利用する場合,音声が出力されないことがあります。その場合,コントロールパネルのプログラムのアンインストールを開き,以下のプログラムをアンインストールしてください。
Realtek High Definition Audio Driver


3.学校のパソコンで利用する際の制約

 学校のパソコンは,通常,教育委員会単位で管理されているため,HUCRoWを動かすために必要な2のソフトウェアをインストールすることができません。そのため,通常,学校のパソコンでは,HUCRoWを実施することはできません。インターネットに接続可能な個人のパソコンをご用意ください。学校のパソコンを使用するためには,教育委員会の担当者とご相談ください。また,クラス単位でアセスメントの実施を希望する場合,私たちが直接,学校にパソコンを持ち込んで,実施することも行っていますので,広島大学・湯澤正通までご連絡・ご相談ください。

(2)ユーザ名とパスワードを入力すると,HUCRoWのトップページに移動します。子どもがそれぞれ「なまえ」,「せいべつ」,「たんじょうび」を入力してください。そのうえで,「きろくする」ボタンをマウスでクリックすると,各ゲームのボタンが灰色からオレンジ色に変わり,ゲームが実施できるようになります。「なまえ」は,クラスの出席番号など,個人が識別できるものであれば結構です(たとえば,1年1組8番ならば,1108)。ただし,「たんじょうび」は,個人の月齢の情報が必要なため,正確なものを入力してください。「きろくする」ボタンは,1度だけクリックしてください。2度以上,クリックしないように気をつけてください。なお,実施者が練習のため,アセスメントを行う場合は,「なまえ」に必ず「テスト」と入力してください。HUCRoWを終了する場合は,実施画面右下にある「ゲームをやめる」をクリックした後,ブラウザを閉じてください。


4.実施手順の概略

(1)「HUCRoW実施」のボタンを押すと,ユーザ名とパスワードを聞かれます。実施者はあらかじめ利用者登録をしておく必要があります。利用登録をされた方には,メールで詳細な実施手順の説明書(pdfファイル)と実施報告書を送付します。

(2)ユーザ名とパスワードを入力すると,HUCRoWのトップページに移動します。子どもがそれぞれ「なまえ」,「せいべつ」,「たんじょうび」を入力してください。そのうえで,「きろくする」ボタンをマウスでクリックすると,各ゲームのボタンが灰色からオレンジ色に変わり,ゲームが実施できるようになります。「なまえ」は,ユーザ名+任意の番号(例えば,H250100-12)を入力ください。任意の番号は,実施者が子どもを識別できるものを割り当てて下さい。データが外部流出する危険性を考慮して,実名は絶対に入力しないでください。ただし,「たんじょうび」は,個人の月齢に応じた基準データを使用して,アセスメントを行うため,正確なものを入力してください。「きろくする」ボタンは,1度だけクリックしてください。2度以上,クリックしないように気をつけてください。なお,実施者が練習のため,アセスメントを行う場合は,「なまえ」に必ず「テストまたはtest」と入力してください。HUCRoWを終了する場合は,実施画面右下にある「ゲームをやめる」をクリックした後,ブラウザを閉じてください。以上の操作は,正確を期すため,子どもに任せるのではなく,アセスメントの実施者が行ってください。

(3)HUCRoWは,集団で実施できるように,子どもがマウスを操作して,自分のペースで進むようにしています。しかし,文字の読みが難しいまたは遅い子どもに対しては,子どもと実施者が1対1で実施し,子どもに口頭で反応をさせて,その反応を実施者がマウスでクリックして,実施するようにしてください。

(4)HUCRoWの実施中は,ブラウザの「戻る」ボタンを絶対にクリックしないでください。

(5)集団で実施する場合,左右の子どもが同じ順序でゲームを実施すると,影響を受けることがあるため,実施順序を以下の①と②の2通りに設定し,左右の子どもが異なる実施順序でゲームを実施するようにしてください。各ゲームは,基準に達すると自動的に終了します。その際,「さいしょのがめんにもどる」ボタンが表示されますので,クリックしてトップページに戻ってください。各ゲームの実施後は,トップページのボタンの色が変わり,クリックできなくなります。
 ①ゲーム1から始めて,順番に,ゲーム8まで行ってください。
 ②ゲーム4から始めてゲーム8まで行い,その後,ゲーム1からゲーム4まで行ってください。。

(6)1ゲーム5分~10分程度かかります。そのため,8ゲームを終了するためには,1時間30程度かかる場合があります。そのため,適宜,間に休憩を入れて,2回に分けて行ってください。別の日に2回行っても構いません。その場合,(6)をご覧ください。

(7)2回に分けて行うため,1回目のゲームを途中で終了する場合,2回目は,(1)(2)を再度,繰り返してください。新しいデータが生成されるため,1回目と対応づけるため,必ず同じ「なまえ」を入力してください。1回目に「ゲーム1~4」を行った子どもは,2回目に,「ゲーム5~8」を行ってください(画面上,ゲーム1~4も実施できるようになるため,ゲーム1~4のボタンを押さないように注意してください)。

(8)各ゲームは,最初に練習試行から始まります。練習試行が終わると,画面上に「もんだいスタート」ボタンと「れんしゅうにもどる」ボタンが表示されます。ゲームの内容を十分に理解できたのであれば,「もんだいスタート」ボタンをクリックして,本試行を始めてください。練習を行っても,ゲームの内容を十分に理解できなかった場合には,「れんしゅうにもどる」ボタンをクリックして,再度練習を行ってください。

(9)ゲーム中,画面右側に黒丸(●)が表示されることがあります。この●は必要回答数を示したものです。●が1つ表示された場合には必要回答数は1個,●が2つ表示された場合には必要回答数は2個といったように,必要回答数に応じて●の数は増加します。回答を行うことで,●は白丸(○)に変わります。全ての●が○に変わると,次に進みます。回答の際にクリックが速すぎると,データを取得できない恐れがありますので,右側の●と○を確認しながら,一つひとつ丁寧に回答を行ってください。

(10)ゲーム中,回答を忘れてしまった場合には,画面右下の「わすれた」ボタンをクリックして,次に進んでください。また,回答中に間違いに気付き,最初から回答をやり直したくなった場合には,画面左下の「やりなおす」ボタンをクリックしてください。


(11)ゲーム中,HUCRoWのプログラムが止まってしまうまたは,サーバーにアクセスできないといったメッセージが出てくることがあります。このようなトラブルを防ぐために,以下のことをしてください。

・HUCRoWの画面を立ち上げ,ゲームの始める前に,左上のfirefoxのタブをクリックし,メニューの中の「オプション」をクリックします。そして,「パライバシー」のタブをクリックし,「最近の履歴」のタブをクリックし,「すべての履歴」について「今すぐ消去」をクリックします。別の子どもが新たにゲームを始めるときは,「すべての履歴」を消去します。(6)のように,同じ子どもが別のゲームを再度,始める場合も同様です。
・子どもが画面上下の不必要なボタンをクリックしたり,キーボードやタッチパッドを触ったりすると,ゲームがとまってしまうので,そのようなことが起こらないように,必要な画面以外は,白い紙で覆い隠します。
・HUCRoWのプログラムが止まってしまったとき,左上の更新のボタンをクリックすると,動き始めることがあります。
・それでも動かないときは,止まったゲームから再度,やりなおしてください。すでに終わったゲームは,やり直す必要はありません。


4.結果のフィードバックとデータの利用
 アセスメントの結果は,サーバーに保存されます。アセスメント終了後,実施した子供別に実施報告書を作成し,ご送付ください。実施報告書には,「なまえ」に入力した番号,子どもの診断名(すでに診断がある場合),特徴(問題,学習上のつまずき)をご記入下さい。その後,こちらでサーバーからデータを取り出し,該当年齢の基準データに基づいて標準化します。標準化したデータに所見を加えて,返送致します。子どものデータは,発達障がい等の問題を抱える子どもの今後の支援の研究に役立てさせていただきます。その点ご了解下さい。


5.利用者登録と利用者の制限
 本アセスメントは,無償で提供しています。発達障がい等の問題を抱える子ども個人の診断に利用し,支援の方法を示唆することを主な目的としています。そのため,テストを有効に利用していただくために,小学校,中学校,高等学校等の学校で勤務されている方,病院や児童相談所等で発達障がい児の療育・支援に当たられている方に利用を制限しています。本アセスメントの目的と一致しない場合,利用をお断りすることもございますので,ご承知おきください。利用登録は,下記の枠線で囲っている部分をコピーし,メールソフトに貼り付け,必要事項を記入して広島大学・湯澤正通までメールをお送り下さい。なお,件名は必ず「HUCRoW 利用登録」として下さい。折り返しユーザ名とパスワードを記載実施手順説明書と実施報告書をお送りします。



1.氏名:

2.氏名(ローマ字):

3.所属:

4.HUCRoWを実施予定の子どもの人数::

5.HUCRoWを実施予定の日:

6.メールアドレス:





HUCRoWを実施する





pagetop