高病原性鳥インフルエンザ対策関連
野外活動,野鳥,飼育動物の取り扱いについてご注意
(English version follows.)

                                          2016.11.30

農林水産省などから,高病原性鳥インフルエンザ対策について注意喚起されています。
鳥インフルエンザへの予防対策という観点から,特に野外の活動や飼育動物に関して
は,下記の点にご注意をいただくようお願いします。

1.手洗い・うがいの励行
日頃から、手洗い、うがいなど一般的な感染予防対策を徹底すること。

2.野鳥への対応に関して
(1)死んだ野鳥などを発見した場合には、手で触らないこと。
    同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、近くの都道府県又は市町村役場に連絡すること。
(2)野鳥にはなるべく近づかないこと。
    近づいた場合や野鳥などの排泄物等に触れた場合には、手をきちんと洗い、うがいをすること。
(3)不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとしないこと。
《 鳥や動物を飼育している場合については、》
(4)鳥や動物を飼育している場合には、それらが野鳥と接触しないようにすること。
  このため、放し飼いは行わないようにするとともに、野鳥の侵入や糞尿の落下などを防止するために、
  飼育施設にトタン板等の屋根を設けるなどの適切な措置を 講じてください。
  また、周囲に穀類等のエサや生ゴミ等野鳥を誘引するものを置かず、清潔を保つこと。

※ 鳥インフルエンザは、鶏肉や鶏卵を食べることによって人に感染することはなく、
また、鳥インフルエンザは、人に感染する可能性はきわめて低いものであり、
根拠のない噂などにより混乱したりせず、正確な情報に基づいて冷静に対応すること。
(以上)

広島大学
高病原性鳥インフルエンザに関する注意喚起とお願い

広島市(死亡野鳥についてなど)
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1137129098757/index.html


Highly pathogenic avian influenza measures

                                          2016.11.30

A highly pathogenic avian influenza outbreak has been confirmed at poultry farms in Japan.
Please take appropriate measures to ensure the safety and healthcare for students and staff.

1.Regular hand washing and gargling are recommended.

2.About wild birds
(1)Do not touch dead birds with your bare hands.
If you find dead birds, report it to your city office. 
(2)Keep away from wild birds and avoid unnecessary close contact with wild birds.
(3)Do not catch wild birds.
(4)Direct contact between your pets and wild birds should be avoided.
Keep your yard clean and tidy.

※ People have not been infected with avian influenza through the eating of chicken or egg.
Avian influenza viruses usually do not infect humans.
Therefore, please react calmly based on correct information.